Twitter LINE

LGBTにとっても大きい存在、アライとは?アライになる方法や活動内容は

LGBTs

LGBTに関する内容に興味があったり、情報を得ている人の多くは「アライ」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。しかし一方で、日本においてはまだまだ知られていない言葉であるというのも事実です。

今回は、アライとはLGBTについてどんな人のことを表しているのかについてお伝えするとともに、その活動の場所や、どのような人がアライになっているかについてもお伝えします。

初めに
IRISでは、あらゆるマイノリティが暮らしやすくなることを目指すという意味から「LGBTs」と表記していますが、今回は一般的な「LGBT」について解説するため、表記が混在しております。

LGBTとはセクシュアルマイノリティの総称

そもそもLGBTとは、セクシュアルマイノリティを表す言葉です。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を取ってLGBTと表現しており、LGBTsやLGBTQ、LGBTQIAなどさまざまな表し方があります。いずれも同じようにセクシュアルマイノリティの総称です。

ちなみにQはクエスチョニングやクィアを表し、Iは、日本では性分化疾患と表現するインターセックス(DSD)を表しています。また、Aは恋愛感情や性的指向を持たないアセクシュアルを表している事が多いです。

セクシュアリティは、性別による特徴から客観的に判断される身体的性、自分が自分自身をどのような性だと認識しているかを示す性自認、どんな相手を恋愛や性愛の対象とするかを示す性的指向、さらに社会的な場において、服装や言動からどんな性別を表現するかを表す社会的性の4つの要素から成り立っています。この要素を踏まえて考えることで、1つひとつがどんなセクシュアリティなのかを知ることができます。

アライとは「味方」を意味する単語

アライとは、英語表記では「Ally」とし、仲間や同盟を意味する英単語です。セクシュアリティについて語るときは、LGBTの当事者たちに寄り添いながら社会的な活動を行ったり、積極的に知識を深めている人のことを示します。

LGBTフレンドリーといった表現をすることもありますが、同じような意味合いです。

また、今まではセクシュアルマイノリティではない人が、理解や支援の促進をする立場である表明としてアライという言葉を使っていることが主流でしたが、現在では、あらゆるセクシュアリティを持つ人がアライになろうとする動きも出てきており、アライであるその人自身がどのようなセクシュアリティを持っているかは問題ではありません。

LGBTの当事者でも、あるいはそうでなくても、セクシュアリティについて誤解が生じていることがあります。知識を深め、LGBTに関して社会的な活動がしたいと考えている人はアライです。

さらに、最近はLGBTに対して使われる言葉であるだけでなく、外国人やハンディキャップを持った人など、あらゆるマイノリティに対して理解を深めたい、支援したいという気持ちがある人がアライという言葉を使うようになってきています。つまりアライとは、幅広い意味合いでマイノリティ支援になるということです。

アライになる方法とは?

アライになる方法とは?
LGBTについて理解を深めているという人でも、アライと名乗るのはハードルを感じてしまうかもしれません。「勉強中なのにアライという立場を表明しても良いのか」、「LGBTに関する活動に参加したい、あるいは参加した経験があるけれど、アライと自信をもって名乗るほどではない」……などなど悩みは沢山あるかもしれません。

しかし、「LGBTに寄り添いたい」と考えている人や、「同じ目線で生活ができるような環境づくりの手助けをしたい」と考えている人であれば誰でもアライになることができますし、誰でもアライを名乗ることができます。

アライがもたらす社会への影響

アライがもたらす社会への影響
アライが声を上げたり活動したりすることで、新しい風潮ができたり、新しい知識を得られることがあります。

少しずつ社会的にも理解が深まってきたり、企業や団体においてもLGBTに対する配慮が見られるようになってきたものの、まだまだ小さいコミュニティーにとどまっている場面もあります。そんな中でこそアライの存在は大きく、アライの行動によって他者へ新しい気付きをもたらしてくれます。

より多くの人が、正しい理解と知識を持つことで、あらゆる人にとって生活しやすい環境づくりにつながっていきます。今はまだLGBTについて知らないことが多い人と、生きづらさを感じているマイノリティの人をつなぐ存在になるのがアライです。

では具体的にアライは、日々どんな勉強をしたり、活動をしているのでしょうか。

個人で活動するには?

1人ひとりがアライと名乗ることができ、個人でも活動をすすめることはできますが、大それた活動が必要なわけではありません。

日頃からできることとして、まず他人との会話で言葉遣いに配慮することです。

他人について話すとき、男性らしい、女性らしいといった性別でくくるのではなく、「その人らしい」という表現を使ったり、セクシュアリティについて、レズやホモといった侮蔑的な要素を含む言葉を使わずに、レズビアン(ビアン)、ゲイなど正しく使うなども重要です。

他にも、LGBTの象徴であるレインボーカラーのグッズを身につけることで、アライとしてのアピールにもつながります。カバンや文房具、アクセサリーなど、どんなものを身につけるかは自由です。

自治体がアライとなる

個人以外にも、団体や企業がアライという立場で行動を起こしたり、活動したりすることもあります。

まずひとつは、パートナーシップ制度の導入です。パートナーシップ制度とは、同性どうしの婚姻が法律的に認められていない日本において、婚姻に相当する関係であることを証明することができる制度です。

法律的な拘束力はありませんが証明書が発行され、携帯電話料金の家族割引のような特典を受けられる場合や、病院での面会において家族と同様に取り扱われることが可能になる場合があります。この他にも自治体によって受けられるサービスは変わってきます。

この制度を導入する自治体も少しずつ増えていて、LGBTに対して理解が進んでいる面を見ることができます。

他にも、LGBTに関する差別禁止を条例に盛り込む自治体があったり、公的書類の性別欄をなくすなどの傾向も自治体によってはあります。

法的な変更には時間が必要で、その壁は大きいものではありますが、少しずつ前進しているのは間違いないようです。

関連記事:同性パートナーシップ制度とは簡単にいうとどんな制度?同性婚との違いやメリットデメリットを解説!

アライ企業とダイバーシティ

また、ダイバーシティ(多様性)を推進している企業も増えてきました。企業の取り組みとして、生命保険やその他の保証人を同性パートナーに指定できるなどがあります。

他にも、企業で働く人向けに福利厚生の見直しがあったり、その人のセクシュアリティに限らず利用できる福利厚生が増えたりしている側面もあります。たとえば結婚に関連した福利厚生は、パートナーシップ制度を利用した場合にも同様に利用できたり、同性パートナーも夫婦と同様の手当を受けることができたりします。

もちろん、企業が福利厚生や手当の面でこうした行動に出ていなかったとしても、社内や同じ団体のなかにアライがいることは大きな意味を持ちます。アライが1人でもいることで、自身のセクシュアリティについて話せるきっかけになったりと、アライの存在をきっかけに会社全体での制度やルールの見直しにつながることもあるかもしれません。

まとめ

まとめ
今回は、アライについて説明してきました。LGBTに関する理解促進や活動に参加する意思があればどんな人でもアライになることができ、アライと名乗ることができます。

また、具体的な活動に参加しているアライ以外にも、個人として言葉遣いに気をつけたり、書籍から知識を得たり、レインボーカラーのグッズを身につけるなどで、個人として支援の意識を持つこともできます。

大きな行動ではないと思うかもしれませんが、LGBTについてこれから理解を深めようとしている人と、不安や迷いを抱いているLGBT当事者を繋ぐとても貴重な存在であり、重要な役割なのです。

今回、この記事からアライについて興味を持った人は、ぜひ今後も新しい知識を身につけたり、マイノリティについて理解を進めていきましょう。

この記事を書いたのは

藤枝あおい

ほそぼそとライターとして活動中です。休日は1日中家で寝ていたい派。引っ越しの予定はないものの、ぐっすり眠れそうな物件情報と間取りは頻繁にチェックしています!

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。