Twitter LINE

当事者が教える、トランスジェンダーとは?

LGBTs

どうも、空衣です。トランス男性(FtM)でパンセクシュアルです。
今回は当事者目線で、トランスジェンダーとは何か、解説していきます。

チェック → LGBTとは簡単にいってなに?日本のLGBT事情が分かる記事のまとめ

トランスジェンダーとは

トランスジェンダーの人々とは、性同一性(自身の性別をどう認識しているかという感覚)が出生時に考えられていた性別とは異なる人々のことです。

トランスジェンダーであろうとなかろうと、誰もが性同一性を持っています。ほとんどの人は、それが出生時の性別と一致するため、性同一性が何であるかを考えることはありません。その人たちはシスジェンダーと呼ばれます。

しかしそうではなく、トランスジェンダーである人々の場合は、性同一性、つまり自分自身が誰であるかについての生来の知識が、生まれたときに最初に期待されていたものとは異なります。そのため、異なる性別を割り当てられたことで、性別に違和感が生じます。これらの人々が、トランスジェンダーと表現されているのです。

たとえばトランスジェンダー女性(MtF)は今日女性として暮らしています(暮らそうとしています)が、生まれたときは男性として考えられていました。トランスジェンダー男性(FtM)は、今日男性として暮らしています(暮らそうとしています)が、生まれたときは女性であると考えられていました。
また、生まれたときは男女どちらかに振り分けられるのが通常となっていますが、実際のところ、男女2つの性別に振り分けられない人々もいます。

ナショナル・センター・フォー・トランスジェンダー・イクオリティー(NCTE)

トランスジェンダーは男らしさ、女らしさの問題ではない

よく混合されやすいのですが、トランスジェンダーであることは、単に男らしさ、女らしさが嫌だという問題ではありません。他者から割り与えられた性別の認識が、自己認識とは異なることが問題なのです。

ミスジェンダリングという差別

たとえば、本人が男性だと自認している人に対して、他人が女性らしく接したり、女性扱いをすることは、本人のジェンダーアイデンティティを否定していることに繋がります。これは、ミスジェンダリングと呼ばれる差別行為です。
性別以外で例えると、自分の名前があるにもかかわらず、それを無視されて理不尽な他の呼び方をされ続ける、といった事態と似ているかと思います。ここでは、自分の名前が好きか嫌いかを問われているわけではありません。
性別は社会的に大きな意味合いを持つ要素ですから、それが不適合であることは時に大変な苦痛や生きづらさをうみます。

関連記事ミスジェンダリングとは? 自分が相手をミスジェンダリングしないためにできる配慮とは

トランスジェンダー男性(FtM)だからといって女性的とされる趣味を持たないとか、女性しか好きにならない、といった規範は必要ありません。男らしさ、女らしさ、トランスジェンダーらしさ、といった性表現や性別による規範は、トランスジェンダーであることとは無関係な要素だからです。いわゆる男性的なものを好む女性がいてもいいし、女性的なものを好む男性がいてもいいのです。そういった性表現の多様性とトランスジェンダーの権利は衝突するものではなく、同時に存在し得ます。

トランスジェンダーと性同一性障害の違い

性別に違和感を持つトランスジェンダーの人々の中には、身体的な治療を必要とする人もいます。以下では、医師による診断名の話をします。

医学名では「性同一性障害」と呼ばれてきた

トランスジェンダーの中でも身体的な治療を望む人の場合、医学的な診断名において「性同一性障害」(Gender Identity Disorder, GID)と呼ばれてきました。
具体的には「出生時に割り当てられた性別とは異なる性の自己意識を持ち、自らの身体的性別に持続的な違和感を覚える状態」をいいます。トランスジェンダー男性(FtM)の場合は、男性なのに女性的とされる身体で生まれてしまった、トランスジェンダー女性(MtF)の場合は、女性なのに男性的とされる身体で生まれてきてしまった、というような言い回しがされることもありました。そのため、身体的な治療をして、本来あるべき性別に近づけていく、というわけです。

一定の要件を満たした者のみ、戸籍上の性別を変更することができます。
性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律

  • 20歳以上であること。(2022年4月1日施行の成人年齢引き下げに伴い、18歳以上に変更予定)
  • 現に婚姻をしていないこと。
  • 現に未成年の子がいないこと。
  • 生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること。
  • その身体について他の性別に係る身体の性器に係る部分に近似する外観を備えていること。
  • 医師の診断書を提出すること。

ただし昨今では、男性と女性という2つの性別だけに限らず、性別に違和感がある人の存在も認知されてきました。より対象範囲を広げるかたちで、「性別違和」「性別不合」という2つの概念へ移っていくこととなりました。また、シスジェンダー中心の身体へ寄せるのが唯一の正解というわけではなく、トランスジェンダー個々人の考え方も尊重されるようになってきた、と一当事者としては感じます。

「性別違和」と「性別不合」へ

「性同一性障害」という名称においては、そのトランスジェンダー当事者のアイデンティティがおかしいかのような差別的なニュアンスが問題視されました。
そのため診断基準が改まったかたちで、アメリカ精神医学会の『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM)の2013年の第5版(DSM-5)では、「性別違和」(Gender Dysphoria, GD)と呼ばれるようになりました。
また、WHOのICD-11では「性別不合」(Gender Incongruence)という名称が用いられています。いずれもトランスジェンダーへの偏見をなくすことと、必要な医療ケアを届けやすくすることを両立するため、工夫した分類だといえます。

トランスジェンダーのリアルな姿

トランスジェンダーと一言にいっても、その生き方は多様です。トランスジェンダーであることにプライドを持って生きていく人もいれば、なるべく人に知られたくない個人情報として捉えている人もいます。自分が男性である・女性であるとハッキリ自認している人もいれば、曖昧なまま生きていく人もいます。同性を好きになる人、異性を好きになる人、性愛とは無縁な人など、性的指向も様々です。

IRISでは、LGBTs当事者が中心に記事を執筆しています。トランスジェンダーのリアルな姿を知るには、参考になるかもしれません。

関連記事【2020年10月最新】意外といるんです。トランスジェンダー(FtM/MtF)YouTuberまとめ

トランスジェンダー(FtM)男性へ

トランスジェンダー男性とは、出生時に女性として性別を割り当てられ、男性として生きていく人のことです。Female to Maleの頭文字をとって、FtMと表記されることもあります。

関連記事当事者が教えるFtM(トランス男性)とは?

関連記事FtM(トランスジェンダー男性)の「リアル」を伝える、記事まとめ

トランスジェンダー女性(MtF)へ

トランスジェンダー女性とは、出生時に男性として性別を割り当てられ、女性として生きていく人のことです。Male to Femaleの頭文字をとって、MtFと表記されることもあります。

関連記事【MtF作品】トランス女性がトランス女性役を演じた映画・ドラマをピックアップ!

関連記事トランスジェンダーの悩み解消に役立つ記事まとめ~FtM&MtF向け~

性別に違和感のある人へ

トランスジェンダーの中でも、出生時とは逆である性別の男性/女性だ、というバイナリーな価値観を持たない人々もいます。

関連記事ノンバイナリーやXジェンダーでも、トランスジェンダーとして身体治療できる?

関連記事Xジェンダー当事者によるXジェンダーがもっと分かる記事のまとめ

以上、当事者目線でトランスジェンダーの気になる情報をまとめました。
トランスジェンダーという言葉ができる前から、性別に違和感を持つ人々は昔からいましたし、トランスジェンダーには長い歴史があります。今後も情報は変わりゆくかと思いますが、今記事はここで終わりとさせていただきます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

◎この記事を書いた人・・・空衣
1996年、神奈川県生まれ。居住地にこだわりがなく女子寮にいたこともありますが、現在は男性の境遇で生活しています。カレー好きで、世界一辛いカレーを完食したことも。

IRISはLGBTs当事者によるLGBTsフレンドリーな不動産会社です。1人暮らしや同棲でのお部屋探しにお困りの際はぜひIRISにご相談ください。お部屋探しのお手伝いをさせて頂きます。

首都圏のお部屋探しはIRISへ

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。