LGBTs

空衣

パンセク当事者が教える、パンセクシュアルってこんな感じ

パンセク当事者が教える、パンセクシュアルってこんな感じ
どうも、空衣です。FtMで、パンセクシュアルです。
今回は、パンセクシュアルというセクシュアリティについて、個人的なエピソードを交えて語らせていただきます。(あくまで個人の経験や体感です!)

パンセクシュアルとは

パンセクシュアル(全性愛)とは、「相手のセクシュアリティに関わらず、すべての人を好きになる」というセクシュアリティを指します。
(ちなみに、その「好き」に性愛感情が伴わず恋愛感情のみの場合はパンロマンティックといいます。)

よく混合されがちなバイセクシュアルの場合は、男性と女性という二つの性別に惹きつけられるセクシュアリティを指します。パンセクシュアルの場合はもっと広く、Xジェンダーや、男女二つの性別に限らない人をも対象に含みます。誰かに惹かれる際に性別は問わない、というスタンスのパンセクシュアルの人も多いようです。

パンセクシュアルってこんな感じ

皆さんは人と関わるとき、相手の“出身地”を重視するでしょうか?あるいは、“誕生日”や“血液型”などに置き換えていただいても構いません。それらは相手を構成する要素の一つであり、もしかしたらそれが人の大部分を形作っているかもしれませんが、それが全てではありません。
パンセクシュアルである私にとっては、性にまつわる要素が同様なのです。「特徴として目につくことはあるけれど、好きになる際に性別は気にしない」という感じです。

私がパンセクシュアルだと自覚するまで

パンセクシュアルだと受け止めるまで時間がかかった

しかし知識として「パンセクシュアル」と聞いても自身がそうであるかどうか、自覚するまでには時間がかかりました。本当にセクシュアリティ関わらず、身体や性自認やジェンダー表現を問わずに、誰でも恋愛や性愛の対象になるだろうか?と自問自答する期間があったからです。

トランスジェンダーの私がパンセクシュアルに辿り着くまで

話がややこしくなってしまいますが、私はFtM(トランスジェンダー男性)です。

学生時代おおむね「女子」として過ごしてきました。その時は男子が異性、女子が同性という認識だったため、異性愛規範に則って「自分は男子を好きにならなければならないのだろう」という空気がありました。
実際、男子は恋愛対象だったので、そうした異性愛前提の話題に溶け込みながら生活していたと思います。
むしろ、女子も恋愛・性愛対象だったにも関わらず、そちらには目を瞑っていました。“同性”を好きになっている、そういうことがある、という知識が当時なかったので、存在しないものとして自己完結していたわけです。

ところが「LGBTs」という概念に出会ってから、私はバイセクシュアルだったのだと気づきました。男子も女子も恋愛・性愛対象だったことに思い当たったからです。

さらに用語を知っていき、バイセクシュアル(両性愛)というよりは、もっと範囲にこだわらずパンセクシュアル(全性愛)だと自認するに至りました。その頃性別が男女の二つに限らないと知ったことが影響しています。

関連記事なぜバイセクシュアルからパンセクシュアル自認になったの?違いは?

やがて私は自らが「トランスジェンダー」でもあると気づきました。私自身が性別にまつわる身体的特徴を変えていくことになり、もはや相手の身体的特徴や性自認に関しても気にしなくなりました。もしかしたら自分を許容する過程で、相手に対しても恋愛・性愛にまつわる制限がなくなっていったのかもしれません。

パンセクシュアルの私が思うこと

私はこれまで男性、女性(シス女性もトランス女性も)、Xジェンダーの人を好きになることがありました。

けれども未だに同性婚が認められなかったり、トランスジェンダーへの偏見があったりすると、好きになる相手次第ではかなり直球の差別にあうことがあります。

色々な相手との関係性があり得るからこそ、セクシュアリティによって起きている差別は早くなくなってほしいです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・空衣
1996年、神奈川県生まれ。居住地にこだわりがなく女子寮にいたこともありますが、現在は男性の境遇で生活しています。カレー好きで、世界一辛いカレーを完食したことも。

東京エリアのお引越し

Page Top