Twitter LINE

【2022年版】初心者でも大丈夫!新宿二丁目のレズビアンバー紹介

LGBTs

ゲイやレズビアンなど、多くのLGBTs当事者の方がいる新宿二丁目。当事者なら一度は行ってみたいと思う場所かもしれません。二丁目にゲイバーは多く点在するものの、レズビアンバーは少ないという印象をもつ人もいるでしょう。そこで、今回は二丁目にあるレズビアンバーについてご紹介します。さらに、初心者の方でも安心して楽しめるように、レズビアンバーの種類、注意しておきたい点についても解説します。

[関連記事] 初めてでも大丈夫!新宿二丁目ゲイバーのシステムやマナー予算など詳しく教えます!

新宿二丁目とは?

東京の新宿区に位置する新宿二丁目は、日本最大級のLGBTs当事者が集まる街として知られています。バーでお酒を嗜んだり、クラブで音楽に合わせて踊ったり……。さらに、高いヒールと厚い化粧、煌びやかなドレスで身を纏ったドラァグクイーンによるショーも開催されています。LGBTs当事者だけでなく、ヘテロセクシュアル(異性愛者)の方も十分楽しめるエリアであり、海外の観光客も多く見かけます。

小さなエリアとはいえど、一夜では回りきれないほど無数のお店が存在しているため、何度足を運んでも飽きないのも魅力です。一人でフラッと出かけて、隣のお客さんと仲良くなったり、大勢とワイワイ楽しんだり、行く先によってさまざまな楽しみ方ができることも醍醐味です。

新宿二丁目のレズビアンバーの種類

二丁目のレズビアンバーには、女性オンリーのお店や、性別関係なく足を運べるお店など、さまざまに存在します。ほとんどのお店は、SNSやHPに必要な情報は記載されていることが多いので、事前に確認しておくといいでしょう。では、具体的にどのような種類のレズビアンバーがあるのかを紹介します。

女性ONLYのビアンバー

女性のみのお客さんがいるレズビアンバーです。他のレズビアンさんと出会いたい人に向いています。時間帯や曜日によって、形態が変わるバーもあるため、一度お店の情報を調べておくといいかもしれません。また、お店の看板などにも「WOMAN ONLY」「女性のみ」などと提示されていることがほとんどなため、二丁目でフラッと寄る際にも安心してお店選びができますよ。

MIXバー

ミックスバーとは、性別、セクシュアリティにかかわらず、誰でも入れるバーのことをいいます。お客さんはLGBTs当事者だけでなく、ヘテロセクシュアルの方やカップルさんなどさまざま。色々な人と話したい人や、二丁目初心者の方など、気軽に入れるのでおすすめです。

ショットバー

ショットバーは、お酒を一杯ずつ注文するバーのこと。ボトルで注文する必要がないため、気軽に飲んで出られるのが特徴です。待ち合わせや、とりあえずの一杯として訪れるお客さんは多い印象です。

関連記事:「新宿二丁目のおすすめクラブ7選【ゲイ・レズビアン・ミックス別にご紹介】

レズビアンバーの紹介

では、二丁目でおすすめのレズビアンバーを紹介します。

①BAR GOLD FINGER(ゴールドフィンガー)

1991年からの歴史を誇る、日本初で最大級のWomen Only パーティーを開催しています。

チャージ0円で、外からも様子が見えるので、初めての方でも安心です。雰囲気はクラブに近いです。カラオケとポップコーンで盛り上がりましょう!18~20時の間は、千円で2杯飲めちゃうというお得さです。

土曜日は女性限定、他の曜日はミックスバーになっています。毎週月曜日は、FtM(トランスジェンダー男性)のスタッフが迎えてくれます。

<営業情報> 新宿区新宿2-12-11林ビル1F、営業時間:18~2時

HP:https://www.goldfingerparty.com/bar/

 

②艷櫻(あでざくら)

女性メインの、ちょっと飲めて、ちょっと踊れるバーです。

実際にレズビアンやバイセクシュアルのお客さんが多いようです。「お姉さん、最近どう?」「好きな人は?」という話になったら、「女性が好き」というなんとなくの前提ができあがってます。ノンケ(ストレート)の方でももちろん楽しめますが、事前申告しないと「恋愛対象は女性なんだろう」という認識で会話が進んでいくこともあります。

艷櫻は、二丁目の「agit(アジト)」「anchor(アンカー)」「あじぱん」と姉妹店です。提供しているお酒はカクテルやショットがメインですが、姉妹店は食べ物のメニューが充実してます。そのため、ときどき姉妹店からの食べ物が艷櫻でもいただけることもあります。

<営業情報>

東京都新宿区新宿2-15-11 信田ビル1F、営業時間:20~5時

※2時以降は、男性の入店も可能になります。

※2019年10月から、オープンの20時~0時まで全面禁煙になりました。

HP:http://www.adezakura.tokyo/

 

③agit(アジト)

続いて、艷櫻の姉妹店、agit。「百合の小道」(一部では「L通り」)と呼ばれる通りにあります。

こちらも店員さんが気さくで、ひとりで行っても話しかければどんどん話がはずんでいきます。チャージは700円で、お通しつきとなっています。

<営業情報>

新宿区新宿 2-15-9 松井ビル1F、営業時間:20~4時

※火曜定休、男性の方は初回は女性同伴でお願いします。

HP:http://www.agit.tokyo/

 

④どん浴

なんと足湯もついている、カフェ&バーです。お昼から開店していて、未成年だけどちょっと二丁目に興味がある、という場合でも気軽に立ち寄ることができます。新宿通りに面しているので、たどり着くのは難しくありませんが、一見するとマンションのような外観をしており、少々分かりにくいかもしれません。また、靖国通り側からも入店可能です。足湯に入れる人数には限りがありますが、他にもハンモックの席もあり、様々な楽しみ方ができます。

セクシュアリティや国籍に関係なく誰でも入ることができます(レズビアンバーとは少し趣旨が異なりますが、女性客同士でも非常に来やすいお店です)。Xジェンダー、アセクシュアル(無性愛者)、パンセクシュアル(全性愛者)など多様なセクシュアリティの人を含めたイベントも行われています。

<営業情報>

東京都新宿区新宿2-7-3 ヴェラハイツ新宿御苑203

営業時間:ランチタイム 11:30〜14:00(水・木・金のみ)、カフェタイム 14:00〜19:00、バータイム 19:00〜23:00

※火曜定休、注文できるメニューは時間帯によって異なるので、確認してみてください。

HP:http://donyoku.dosl2018.net/services

関連記事:「新宿二丁目のビアンバーに行ってみたい人必見!おすすめのお店をご紹介」

新宿二丁目のレズビアンバーで気をつけたい暗黙のルール

二丁目のレズビアンバーに訪れる際、他のお客さんと話す機会もあるはずです。そのときに気をつけるべき点を紹介します。

二丁目の通称を使う人も

二丁目では、本名を明かさず通称名を使う人が多くいます。LGBTsであることをカミングアウトしていない人は、本名を使うことを避けることもあるのです。また、トランスジェンダーの人など、戸籍上の名前に違和感をもつ人もなかにはいます。そこで理由などを聞いたり深入りしようとするのではなく、本人が希望する呼び方を尊重することが大事です。

プライベートな話をするときは気をつけて

上記と同じく、セクシュアリティをオープンにしていないことから、仲良くなるまでは職業や身元を明かさない当事者の人もいます。普段なら何も考えずに「仕事は何されてるんですか?」と質問することも、二丁目ではプライベートな話題を避けて会話したい人もいます。そこで相手が答えられなくても、本人に悪気があるわけではないことを忘れてはなりません。

出会い目的?友達探し?相手が求めることを尊重する

二丁目には、さまざまな目的をもった人たちが訪れます。友達、コミュニティ、出会い探しなど、個人によって求める関係性が異なるのです。例えば、気になる人を見かけても、その人に恋人がいる可能性も考えられます。自分の意思だけを貫くのではなく、相手が何を求めて二丁目にいるのかを尊重することが大事でしょう。

新宿二丁目のレズビアンバーを楽しむにあたって注意しておきたいこと

同じ新宿区内でも、歌舞伎町のように犯罪発生率が高いところもあれば、静かな住宅街もあります。より安心して楽しむために、二丁目エリアの雰囲気や訪れる人を知ることも一つの手かもしれません。

お財布などの貴重品の管理はしっかり!

二丁目にあるレズビアンバーは、立ち飲みのところもあれば、しんみりと座って飲むところもあり、店によって雰囲気がガラリと変わります。特に立ち飲みやカラオケのあるようなワイワイとしたバーでは、荷物の置き場がなく床に放置してしまう人も見かけます。その間に貴重品を取られてしまったという話も珍しくないので、貴重品の管理は自分でするようにしましょう。

 

二丁目周辺のスリに注意

二丁目エリアでは、警察が循環していることが多いものの、スリの被害もよくあるようです。「抱きつきスリ」といって、酔い潰れたふりをしてハグした隙にお財布を盗まれたり、一人が会話をしている間にバッグの中身を抜き取られる被害が多発しています。店の中だけでなく、外を歩く際も入念に持ち物チェックをしましょう。

関連記事:「彼女をつくりたいのに出会いがない…当事者が語る!レズビアンの恋愛事情について

 

新宿二丁目のレズビアンバーを楽しむにあたって覚えておくと良い会話のネタ

初めて二丁目へ行く人は、最初は何を話したらいいかわからないかもしれません。二丁目で盛り上がりそうなレズビアントークの話題を紹介します!

・好きなタイプ

・おすすめの二丁目のバーやクラブ

・レズビアンならではの体験談

仲が良くなったら、恋愛事情など深入りした内容の話も盛り上がりそうですね。その場の雰囲気に合わせて、肩の荷を下ろして会話してみてください。

 

まとめ

「二丁目に行ってみたい!」というレズビアンさんは、一度チャレンジしてみることをおすすめします。普段、自分のセクシュアリティを隠して過ごしている人でも、二丁目では自由に楽しめるかもしれません。

 

この記事を書いたのは

Honoka Yamasaki

ライター、ダンサー、purple millennium運営。 Instagram:@honoka_yamasaki

こちらもおすすめです

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。