LGBTs

しょうへい

初めてでも大丈夫!新宿二丁目ゲイバーのシステムやマナー予算など詳しく教えます!

新宿二丁目

どうもこんにちは!LGBTsフレンドリーな不動産IRISのしょうへいです。

新宿二丁目に行ってみたいけれど『どんなところか分からないしちょっと怖い…緊張する』という方も多いのではないでしょうか。

僕自身も初めて新宿二丁目に行ったときには、メインの通りである仲通りに足を踏み入れるのに震えた思い出があります。

今では慣れたもので一切躊躇なく入って行けますけどね!笑

本記事では新宿二丁目に行ってみたいという方のために『二丁目のゲイバーの種類』『予算とシステム』『マナーやルール』『知っておきたい用語』について詳しく解説していきます。

二丁目に行ってみたいという方、参考にしてみてください!

チェック → 初心者でも大丈夫!新宿二丁目のレズビアンバー紹介

[Powered by IRIS] 自分らしく

新宿二丁目とは?

新宿二丁目とは東京都新宿区にある『世界最大クラスのゲイタウン』です。

マンション、雑居ビル、オフィスビルなどが多くあり、昼間はオフィス街として、夜はゲイタウン(LGBTsタウン)として機能しています。

ゲイバーなどが多く入っているメインストリートは仲通りで、約450店舗が仲通りを中心に存在。

新宿二丁目はゲイの街というイメージが強いですが、行きかう人々は様々で、ゲイは勿論、レズビアンやバイセクシュアル、その他のセクシュアリティの方もとても多いのが特徴です。

最近は観光地化に伴い、ストレートの方も多く遊びに来られるようになりました。

新宿二丁目のゲイバーの種類

一口にゲイバーといっても実は様々な種類があります。

  • ゲイがゲイの接客をするゲイバー
  • ストレートの方をメインに接客するゲイバー(観光バー)
  • MIXバー(誰でもOK!)
  • ショットバー

大まかに分けると上記4つに分類できます。

ゲイがゲイの接客をするゲイバー

『カウンターの中の人も、お客さんもゲイがこのタイプのバー』になります。

ゲイが二丁目にお酒を楽しみに行くという場合は、大体はこの手のタイプのバーがメインとなるでしょう。

お店ごとに特色がある場合があり、20代がメインのお店や、体の大きなガチムチ系の方が多く集まるお店等、ゲーム好きのゲイが集まるお店などがあります。

『自分に合ったお店が見つかると、毎週通いたくなるくらい二丁目が楽しく感じられる』ようになります。

ストレートの方をメインに接客するゲイバー(観光バー)

『ゲイがストレートの方をメインに接客するバーを観光バー』と言ったりします。

ストレートの方をメインターゲットにしているバーなので、女装の店員さんが居たり、THE オネエ系といった店員さんも居る場合があります。

場所にもよりますが、全力でストレートの方を楽しませてくれるので、ストレートの方は最初に行くなら観光バーが良いと思われます」。

『テレビで見かけるような派手な女装した方がいるのも基本的には観光バー』の方になります。

MIXバー(誰でもOK!)

MIXバーというのは一言でいうと『誰でもOKなバー』です。店員さんもゲイだったりストレートだったり様々、お客さんも様々です。

色々な方が集まるので『何となく二丁目の雰囲気を掴みたい場合にはおすすめ』です。

誰かに話しかけられたら「二丁目にくるのが初めて」と言えば、行きつけのバーに連れて行ってもらえるかもしれません。

ショットバー

1e6ab5726060b7620d44be872635ad37_s

ショットバーはスナック系の作りというよりもクラブに近い作りです。

『カウンターでお酒を購入してあとは店舗内ご自由にどうぞといった感じ』です。

主に待ち合わせや二丁目で軽くお酒を飲みたいという場合に使われることが多いようです。

またクラブが好きという方もショットバーに多くいるようです。

場所によってはイケイケな感じの人が多いので、人によっては入店の敷居が高く感じられるかもしれません。

新宿二丁目のおすすめのゲイバー情報

新宿二丁目のおすすめのゲイバーは、

  • ArtyFarty(ショットバー兼クラブ)
  • Anex(ショットバー兼クラブ)
  • EagleTokyo(ゲイ向けのショットバー兼クラブ)
  • AO(観光バー)
  • Blazin’XXX(観光バー)
  • Campy! bar(オネエ多数の観光バー)

上記6点がおすすめです。

詳しくは【新宿二丁目】ゲイが教える初心者にもおすすめゲイバー5選!の記事をご覧ください。

新宿二丁目のゲイバーの予算とシステム

予算→システムの流れで解説していきますね。

お酒1杯だけ楽しむ場合

お酒1杯だけ楽しむ場合は2,000円前後です。ショットバーの場合は800円前後からお酒が楽しめます。

『二丁目のスナックタイプのゲイバーは基本席料+お酒のお金』となっており、大体席料が1,000円、お酒が1杯辺り800円くらいが相場です。

ショットバーの場合は席料がないのでお酒のお金のみで楽しむことができます。

ボトルを入れた場合

『ボトルを入れて飲む場合は大体4,000円~5,000円くらい(席料+ボトルの費用)』です。

先に支払う額はそれなりに大きいですが、ボトルを飲み終わるまでは席料のみでバーを楽しむことができます。

そのため、何度も通いたいほど楽しいバーでは、ボトルを入れることで、むしろお得に飲むことができます。

『お酒を3杯~4杯以上飲む場合や、またこのお店でお酒楽しみたいと思ったら、ボトルの方が後々お得』になりますね。

ただ、ボトルのキープ期間が無制限という店舗はあまり多くなく、お店にもよりますが、大体3ヶ月くらい来店がないと廃棄されることもあります。

ゲイバーのルール

明文化されたルールはありませんが、暗黙の了解のようなものはありますので、まとめてみたいと思います。
fast_food_3

仕事の話題は避けた方が良い

ストレートの方で男性同士だと仕事の話は当り障りのない、話しやすい話題かと思いますが、二丁目で「仕事何されているんですか?」と聞くのはタブーであることがあります。

ゲイバーに来ているお客さんは、様々な仕事をされている方が多く、中には仕事に触れられたくない方もいます。

また、『誰もがオープンに生きられているわけではないので、プライバシーにかかわる話題は敏感』になることもあります。

僕はこういったトラブルに巻き込まれたことは無いですが、新人の店員さんがお客さんに「お仕事は何されてるんですか?」と聞いてトラブルに至った話を何度か聞いたことがあります。

お客さん同士でも仕事の話はなるべく避けた方が無難です。

政治や宗教の話題も避けた方が良い

政治や宗教の話題もあまり持ち出さない方が良いかと思います。

これはほかの場所でもTPOをわきまえるという観点で大事ですが『価値観や信条に関する話題は、十分に相手を尊重しながら話す必要』があります。

ゲイバーはどうしてもお酒の場。

皆冷静で理性的に会話が進められる状態というわけではありませんので、とても大切な話ではありますが、タイミングをわきまえるのが大事です。

携帯電話の長時間使用

初めてのゲイバーだと緊張すると思いますし、手持ち無沙汰になるとスマホを弄りたくなる気持ちはよくわかります。

ですが、『ゲイバーはコミュニケーションを取る場としての役割もある』ので、ずっとスマホを弄っていると周囲は「話しかけてはだめなのかな?」「何か怒ってるのかな?」と気を使わせてしまいます。

緊張して中々話せないのであれば店員さんに「自分ゲイバー初めてで」と言うことで、積極的に会話を振ってもらえたり、会話に混ざれるようにリードしてもらえることもあります。

ショット1杯で長居は厳禁

『ゲイバーもお店なので、ショット1杯だけ頼んで長居は経営に痛手』となってしまいます。特に混雑時はそういったことが無いように気を付けた方がいい場合もあります。

お酒が弱くてどんどんお酒を飲んだり頼むことができないという場合は、スタッフさんに1杯以上プレゼントすると喜んでもらえるかもしれないですし、迷惑になることもなくなります。

『1杯のショットで滞在できる時間は30分~40分くらい』が目安と言えるでしょう。

二丁目でお酒を楽しむにあたって覚えておくと良い会話のネタ

二丁目に行っても「どんな会話すればいいのか分からないー!」という方のために、盛り上がりやすいネタを紹介します!

  • 好みのタイプや人
  • 美味しいレストランなどグルメ情報
  • ジムに通いたい痩せたいなどトレーニングの話
  • ゲーム系の話題
  • 恋愛事情

上記の話はよくゲイバー内で聞くことがあります。

ただ、『ストレートの方がゲイに恋愛事情を聞くのは人によっては嫌がられる可能性がある』ので注意してください。

会計の仕方

帰るときは「お会計お願いします」で大丈夫です。

騒がしかったり声をあまり出したくない場合には『両手の人差し指で「X」マーク作る』でも大丈夫でしょう。

これで「お会計してください」という意味で通じることがほとんどです。

クレジットカードなどは使えないと思っておいた方がいい

最近はクレジットカードなどが使える店も増えてきましたが『基本的には現金払い』です。

新宿二丁目に遊びに行くときには、しっかり財布の中にお金が入っているか確認した上で遊びに行くと良いでしょう。

お金が足りないというときには、二丁目の近くにたくさんのコンビニがあるので、ATMを利用できます。

終電を逃した場合はネットルームがおすすめ!

ついつい終電を逃してしまったという場合には二丁目内にあるマンボーがおすすめです。

『完全個室で防音も完璧。寝るには十分な広さ』なので電車が動き出すまでゆっくり過ごすことができます。

有料にはなりますがシャワーなども完備されているので大変便利ですね。

  • 1時間:500円
  • 2時間:1,000円
  • 6時間:1,800円
  • 1day:2,400円
    (金土日祝前祝日は1時間プラン+100円、時間パック+200円)

『極稀に全室埋まっている場合があるので、終電を逃してしまいそうな場合などは、すぐに部屋だけ確保しておいた方が良い』でしょう。

出入りは自由に可能です。

新宿二丁目に行く上で覚えておきたい用語

なるべく会話に入って行きやすいように、新宿二丁目のゲイバーでよく聞く用語を解説していきます。

店子(みせこ)

ゲイバーで働くスタッフさんを店の子と書いて、店子(みせこ)と言います。

かなり良く使われる言葉なので覚えておいて損はないでしょう。

使用例:「〇〇〇ってお店の店子の〇〇〇君がさ~」

ママ

ゲイバーの店長をママと言います。

使用例:「〇〇〇ってお店の〇〇〇ママがさ~」「〇〇〇さんはこのお店のママだよ!」

チーママ

副店長のことです。

使用例:「〇〇〇君は〇〇〇ってバーのチーママやってる人だよ!」

ガチムチ

筋肉質で尚且つ骨太で脂肪もある大きな体をした体系のこと。

具体的には筋肉質で脂肪ものっているプロレスラーやラグビー選手のような体系。

GMPD(じーえむぴーでぃー)

ガッチリ・ムッチリ・ぽっちゃり・デブの頭文字を並べた言葉で、総称のこと。

イカニモ / イカニモ系 / イカホモ

イカニモゲイといった感じの外見をしている男性のこと。

定義は人それぞれですが、ゲイから見てすぐゲイと分かるような外見をしている人をイカニモ系と言いうことが多いです。

ゲイが他のゲイに対してイカホモということは問題ないと思いますが『ストレートの方がゲイにイカホモというのは気に障る場合があるかも』しれません。

ちなみにイカニモという言葉はゲイに対しての限定的な言葉ではなく、ゲイゲイしい外見をしたストレートの方にもイカニモ系ということがあります。

イモ系 / イモっぽい

整った綺麗な顔というよりは、男臭い親しみやすい顔をしている人のことを言います。

ゲイの中では『とてもモテるタイプではありますが、いろいろな意味を含む言葉なので、言われると複雑な心境になる言葉』でもあります。

言っている方は誉め言葉や可愛いといった意味で使う言葉かもしれませんが、個人に対して直接言うのは控えたほうがベターでしょう。

売り専 / ウリ専

ゲイ向けの男性風俗店のことを言います。

競パン(きょうぱん)

競泳のときに穿く三角形の水着のことを言います。

クマ系

見るからにクマのような体系や風貌をした人のことを言います。

『巨漢でヒゲを生やしており体毛も毛深い方はクマ系と言われる場合が多い』ですね。

お酒飲めなくても二丁目行っても大丈夫なの?

お酒が飲めない方は自分が新宿二丁目に行っても大丈夫かなと思うかもしれませんが、大丈夫です!

実は僕自身お酒が飲めません。でも普通に楽しめています。

店員さんにもお酒飲めないのにきて迷惑ではないかと聞いたら「そんなことは全然ない」と言ってもらえました。

また『基本ショットで飲むことになるし回転が速くて助かる』とも言ってくれました。

お酒が飲めないことは全然気にしなくて大丈夫かと思います。どうしても気になるって場合には、店子さんにショットでお酒をプレゼントしてあげるのが良いかもしれません。

新宿二丁目への行き方

最後に二丁目への行き方を解説していきます。『最寄りは都営・東京メトロの新宿三丁目駅』です。

新宿駅からだと10~15分くらい歩くことになるので注意してください。

『新宿三丁目駅に到着したらC7もしくはC8出口』を目指してみてください。出口の先はすぐに二丁目になります。

ゲイバーが集まっている通りは『仲通り』なので、地図を参考にルミエールを目指してみてください。

『ルミエールのある通りが仲通りで、新宿二丁目のゲイバーメイン区画』となります。

チェック → ゲイタウン新宿二丁目に住むメリットとデメリットの紹介

新宿二丁目ゲイバーのシステムやマナーや予算のまとめ

  • 試しにショットでお酒を楽しむ場合は1杯当たりの予算が2,000円前後、ショットバーで飲む場合は800円前後
  • ボトルを入れる場合は4,000円~5,000円くらい
  • 『仕事』『政治』『宗教』の話題はあまりしない方が良い
  • ずっとケータイ弄っていたり、ショット1杯での長居はあまりマナーがよくないので注意
  • 会計にはクレジットカードが基本使えないので現金は持ち歩いたほうが無難

最初は二丁目に行くのはちょっと怖いかもしれませんが、慣れてしまえば二丁目は刺激的でとても楽しい街です!

ぜひ二丁目デビューにチャレンジしてみてくださいね。陰ながら応援しています!

チェック → リーマン系ゲイが集う街「新橋のゲイバー」を徹底解説!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・しょうへい
1990年、茨城県生まれ。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かし、ブログ記事を執筆しています。

首都圏のお部屋探しはIRISへ

Page Top