Twitter LINE

MtFとは違う!男性のレズビアン『メイレズビアン』とは?

レズビアン

MtFとは違う!男性のレズビアン『メイレズビアン』とは?

「メイレズビアン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。レズビアンというと、女性の同性愛者のことであるというのは多くの人が知っていることだと思いますが、「メイレズビアン」はどうでしょうか。

メイレズビアンとは、男性のレズビアンのことです。日本では実際に「男のレズビアン」という言葉で語られることもあります。

とはいえ、男性のレズビアンと聞いても、どういったセクシュアリティなのかわからない人も多いはずです。今回はレンズビアンというセクシュアリティを踏まえたうえで、「メイレズビアン」についてどんなセクシュアリティなのか、MtFのレズビアンとはどう違っているのかについてお伝えします。

メイレズビアン(Malesbian)とは

男性を意味する「Male」とレズビアン「Lesbian」を合わせた言葉で、「Malesbian」と表記し、メイレズビアンと読みます。

そもそも、レズビアンというセクシュアリティについておさらいをしておきましょう。

レズビアンとはどんなセクシュアリティ?

レズビアンとは女性の同性愛者のことをいいます。具体的には、自分自身のことを女性だと認識(性自認)し、性的指向として女性を恋愛や性愛の対象とするセクシュアリティのことです。

英語圏でも一般的にはレズビアンと呼びますが、日本においては、「レズ」という略称が侮蔑的な意味を持っている側面があるため、スラング的な使い方としてレズビアンのことを「ビアン」と呼ぶこともあります。90年代ごろから使われるようになり、現在ではビアンの呼称も主流になってきました。

セクシュアリティを理解するには、身体的性、性自認、性的指向、性表現の4つの概念を踏まえて考える必要があります。客観的な性別に関する特徴から判断される身体的性、自分で、自分の性別をどう捉えるかを表す性自認、さらにどんなセクシュアリティの人を恋愛・性愛の対象とするのか、あるいは対象にしないのかを示す性的指向、最後に言動や服装、ふるまいを通してどんな性別を表現したいのかを示す性表現の4つです。

これを踏まえると、性自認が女性で、性的指向が女性であるセクシュアリティのことをレズビアンといいます。一方で、性自認が男性で性的指向が男性であるセクシュアリティをゲイといいます。

メイレズビアンはレズビアンではない?

しかし「メイレズビアン」とは、レズビアンというわけでもなく、男性の同性愛者を示すゲイでもなく、また男性が異性である女性を性的指向とするヘテロセクシュアルでもありません。

自分で自分をレズビアンだと思っている男性のことをメイレズビアンといいます。メイレズビアンという言葉ができた経緯として、男性側が自ら名乗ったというよりは、自分はレズビアンだと話す男性に対して、第三者がメイレズビアンと名付けるようになったとされています。

アメリカのさまざまなセクシュアリティを持つ女性向けのメディア「cureve magazine」には、メイレズビアンについて「自分で自分をレズビアンだと思っている少し不気味なストレートの男性」と説明があります。(参考:https://www.curvemag.com/blog/the-great-big-lesbian-dictionary/ )

また。1978年のフランスで、作家フランソワ・クプリーという男性が「僕はレズビアン(原題:Je suis lesbian)」という手記を発表したこともあります。

MtFレズビアンとの違い

MtFレズビアンについて説明をしておこうと思います。MtFは「Male to Female」の略称であり、男性として生まれた人が、女性として女性を性的指向とするセクシュアリティのことです。

この場合、男性として生まれた人が、自分自身を女性だと認識するトランスジェンダーであり、かつ恋愛や性愛の対象が女性に向くというセクシュアリティです。

しかし、メイレズビアンの人は、自分自身を女性だと考えているのではなく、あくまで男性でありながら、胸のうちで自分の彼女とはレズビアン同士だと考えているのだといいます。

メイレズビアンだと自認する人たちは、恋愛をしているときどんな気持ちなのか?

メイレズビアンの人は、身体的性、性自認ともに男性で、性表現についても男性です。つまり、女性的な言葉を使ったり、振る舞いや、服装についても女性的なものではなく、男性的なものであるということです。

しかし、気持ちのなかで自分自身はレズビアンなのではないかと感じることがあるといいます。パートナーと女性どうしだと考えると、ときめくときがあり、異性愛者だと考えるよりも、レズビアンの男性として同性と恋愛をしていると考えるほうが自分には合っているような感覚があるといいます。

自身をメイレズビアンだと考えている人のなかには、女性と恋愛をしているときに、男性として男性らしい役割を担うのではなく、自身も女性として相手と横並びになって歩く関係性が居心地が良いという人もいます。

メイレズビアンについては、第三者の目線としてはシスジェンダーのヘテロセクシュアルにみえるのですが、自分のなかではレズビアンとして恋愛をしている気持ちを持っているというのが特徴です。

レズビアンやメイレズビアンをどう解釈するのかという問い

メイレズビアンというセクシュアリティを少しでも知っていただけたでしょうか。初めて聞いたセクシュアリティだという人も少なくないはずです。

メイレズビアンについて調べていると、そもそもレズビアンとは誰に向けられたセクシュアリティなのか、メイレズビアンとの区別は必要なのか、という疑問を投げかけている内容を目にしました。たしかに、レズビアンと一言でいっても、女性として生まれてきた人が、同性である女性を性的指向とするレズビアンもいれば、MtFレズビアンのようにトランスジェンダーのレズビアンもいます。一人ひとりの背景が違う、ということを前提にすれば、男性のレズビアンを特別視することはないのかもしれません。

一方で、男性のレズビアンといえど、身体的性、性自認ともに男性の人が、女性を恋愛・性愛の対象とするのは表面的にみればヘテロセクシュアルであり、実際のレズビアンのように差別や偏見の目を向けられることはないため、同一にはできないだろうとする見解も目にしました。

とはいえ、自分自身がどんなセクシュアリティを持っているのかを考え、決めるのは他者ではありません。メイレズビアンというセクシュアリティがあることを知ってもらいながら、こうした問いについても考えるきっかけになればと思います。

この記事を書いたのは

藤枝あおい

ほそぼそとライターとして活動中です。休日は1日中家で寝ていたい派。引っ越しの予定はないものの、ぐっすり眠れそうな物件情報と間取りは頻繁にチェックしています!

こちらもおすすめです

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。