Twitter LINE

【モテ筋が教える】ゲイの脈ありサインと脈なしサイン12選

ゲイ

どうもこんにちは。しょうへいです。

僕は、いわゆるモテるタイプのゲイのようで、最近彼氏が欲しいなと思って行動してみたところ7月〜8月の間に5人ほどから「好き」と言ってもらえました。

残念なことに…僕が好きな相手には振り向いてもらえませんでしたが…。中々、好きな相手と恋人になるのは難しいんですよね。

さて、本記事では、ゲイの脈ありサインと、脈なしサインを割とモテるゲイの視点から解説していきます。恋愛に悩んでいる方、参考にしてみてください。

LGBTお部屋探し

ゲイの脈ありサイン

ラインの返信が早い、または途切れない

相手によるかと思いますが、相手も自分に好意を寄せてくれているのであれば、可能な範囲内で返信は早いことが多いかと思います。また、既読スルーとか、未読スルーになることも殆どないと思います。

「おはよう」「おやすみなさい」といった、挨拶が毎日自然と会話の中にある場合は、相当な脈ありを感じます。このパターンに入っていた方からは「好き」と言われました。

ラインは続かないけど、デートなどには誘ってくれる

ラインには得意不得意があります。かくいう僕自身も、あまりラインは得意ではありません。しかも、好意のある相手には、かなり気を使って疲れてしまうので、極力ラインはしたくありません。

そして元カレも似たようなタイプで、付き合う前から全くラインが続きませんでした。でも、元カレの方から1ヶ月に1回くらいのペースでデートに誘ってくれて、付き合うことになったのです。

体感的には、脈ありの場合、ラインが続くことの方が多い気がしますが、中にはこのようにラインが苦手な人もいるので、ラインが続かないから脈なしと判断するのは早い気がします。

ラインが続かなかったとしても、しばらくしてからデートに誘ってくれたりするのであれば、まだ脈ありと判断しても良いでしょう。

ボディタッチをしてくる、受け入れてくれる

ボディタッチはかなり参考になるかなと思います。特に何だか下心を感じないような、相手も無意識のうちに触ってしまったみたいな軽いボディタッチは、かなり脈ありな印象を受けます。

逆に下心を感じるようなボディタッチは、恋愛感情というよりは、とりあえず性の対象として見られていることが多い印象を受けます。自分は恋愛対象として見ている場合には、すぐに体は許さずに様子を見てみましょう。

自分からボディタッチを仕掛けてみるのは個人的にはおすすめしません。相手が気持ちを隠すのが上手い場合には、判断がとても難しいです。

相手からボディタッチを受けて相手も何だか楽しそうで、自分も何だか嬉しいと思ったら、軽くボディタッチを返してみましょう。それで相手が変わらず楽しそうだったり、嬉しそうな場合には良い雰囲気と見て良さそうです。

誕生日などにデートのような遊びに誘ってきてくれる

誕生日などにデートのような遊びに誘ってきてくれる

かなり脈あり度は高いと思います。友達でも誕生日当日に遊んでくれる人はいますが、相手の誕生日当日を自分からおさえにくる人は中々いないのではないでしょうか。特に知り合って間もない方や、そこまでまだ関係性が深いわけではない方が当日会おうとしてくるのは、かなり好意があると見て良いでしょう。

プレゼントを用意してくれていたり、デートの最中にプレゼントらしいものを購入してくれる場合には、脈ありというより、すでに付き合いたいと思っていると考えても良いのではないでしょうか。

遊んでいる最中に、次に会うときの話や予定を決めてくれる

好意のある相手と一緒に遊んでいるときに、「次は◯◯◯に行きたいね〜!」とか、帰り際に「次、◯◯日、空いてるんだけど、予定どう?」とか、早い段階から次の予定を決めようとしてきてくれる人は、脈あり度がかなり高いかと思います。

特に、次に会う約束を遊んでいる最中にしてくれる人は、脈ありというより、本気度が高い印象。友達関係で、遊んでいる最中に毎回、次に遊ぶ日を確定させることは中々無いかと思います。

好きな気持が強いからこそ、早い段階から会う日を確定させたいような心理が働くのではないでしょうか。次に会う日を曖昧にするより、確定させて過ごす方が気持ち的にも楽ですからね。

忙しい中、自分の為に時間を割いてくれたり、それに等しいような発言がある

相手の方が仕事や友達関係、その他で忙しかったとしても、自分の為に時間を調整してくれたりする場合には、脈ありとみても良いと思います。

どうでも良い存在や軽い存在に対して、忙しい中わざわざ予定を調節してまで会うことは基本的に無いと思います。少なくとも忙しい中、予定をあわせてくれようと動いてくれるのであれば、何かしらの好意はあると見て良いでしょう。

でも、いきなり当日になって「今日空いてる?」と聞いてきて、体の関係を毎回もって〜といった会い方の場合には、恋愛感情というよりも、性の対象として見られている可能性があります。

1週間先、2週間先に予定を調節してくれて、デートのような内容で会える場合には、恋愛感情やそれに近い感情を持って会ってくれているとみて良さそうです。

発言と行動が一致している

気になる人に不信感がある場合には、発言と行動が一致しているか見てみましょう。相手が自分に対して好意を寄せていたり、大切に思う気持ちがあるのであれば、発言と行動は自然と一致してくるはずです。

「会いたいなー」とは言ってくれるけど、実際には中々予定をあわせてくれなかったり、発言と行動に違和感がある場合には、ちょっと疑ってみても良いかもしれませんね。

ちょくちょくプレゼントをくれたり買ってくれたりする

なぜか毎回、ご飯を奢ってくれたり、どこかに旅行に行ったり、遊びに行ったときにお土産を買ってきてくれたり、気に入ったものを買ってきてくれたり…。

通常の友達関係では、中々そんなにプレゼントをしたりするようなことはありません。なぜかよく色々買ってきてくれるなと思ったり、謎のタイミングでプレゼントをしてきてくれたりする場合には、何かしら好意があるとみて良さそうです。

下心を感じない、純粋に喜んでもらえるかなと思って何か買ってきてくれる場合には、純粋な恋心を抱いてくれていると思っても良いのではないでしょうか。

LGBT お部屋探し

ゲイの脈なしサイン

中々会ってくれない、中々予定を組んでくれない

相手の仕事がすごい忙しい人だと、中々会うのは難しいかもしれません。でも、全く会う時間が作れないほど忙しい人って、どうなんでしょう。

夜ご飯だけでも一緒に食べれば良いと思いますし、本当に好意があるのであれば短い時間だけでも会いたいという心理が働くと思われます。

なのに、短い時間も会ってくれなかったり、中々会ってくれない場合には、それほど関心がないと思って良さそうです。

会えない代わりにラインで優しく接してくれたり、電話を適度にしてくれたりする場合には、脈ありと見ても良さそうです。

恋愛相談をされる

恋愛相談は基本的には好きな人に対してはしません。片思いの人がいる、好きな人と上手くいっていないなどの恋愛相談を受けた場合には、恋愛対象とは見られてないと思われます。

この場合、諦めたほうが良いのかというと、そういうわけではなくて、親身になって相談に乗ってあげることで、恋愛感情が移る場合も極稀にあります。

注意したいのは相手の好きな人の悪口は絶対に言わないこと。悪く言うほど、相手は良いところを探してバランスを取ろうとするので、より結びつきが強くなってしまいます。

やるのであれば、逆に相手の好きな人を褒めましょう。褒める場合、相手の悪いところを探してバランスを取ろうとするので、好きな人が、好きな人への不満が見えやすくなります。例えばこんな感じです。

  • 自分「◯◯◯くん、めっちゃ良い子じゃん。優しいし、明るくて、一緒に飲みに行ったりしたら楽しそう!」
  • 好きな人「確かに良い子なんだけど、お酒飲みすぎると、結構…手がつけられなかったよ…(苦笑)」

相手を上げる言葉に対しては、下げる言葉を言ってバランスを取ろうとします。そして、それを繰り返すことで、好きな人は、好きな人に対しての不満が見えやすくなり、本当に好きなのか分からなくなってくることもあります。

対して、自分はポジティブなことを言ってあげているので、相談にのも親身に乗ってくれる優しい、良い人の印象がつきやすく、その結果、恋愛感情が移ることがあります。

恋愛相談をされる時点では脈なしの可能性が高いですが、上手く立ち回れば脈ありに変えることはできそうです。

大人のおもちゃをプレゼントされる

記事制作に当たって「どんなことをされたら脈なしだと思う?」と友人たちに聞いてみたところ、共感が多かったのが「大人のおもちゃをプレゼントされる」でした。

確かに自分が好きな人にプレゼントする側だったとしたら、大人のおもちゃは考えるかもしれないけど、プレゼントはしないなと思いました。プレゼントするのであれば友達のレベルだと思うので、大人のおもちゃをプレゼントされた場合には、脈なしの可能性が高いかもしれません…。

既読がつかない

ラインが丁度いいところで終わるのならまだしも、既読が数日つかないのは脈なしかもしれません…。

好意があるのであれば、相手からのラインは少なからず気になると思うので、忘れてそのまま放置ということは少ないと思いますし、むしろ既読をつけたくない理由があるなどと考えたほうが良さそうです。

駆け引きされている可能性もあるかもしれないですが、基本的には脈なしの可能性が高いと思われます。

【まとめ】ゲイの脈ありサインと脈なしサイン12選

【まとめ】ゲイの脈ありサインと脈なしサイン12選

本記事ではゲイ向けの脈ありサインと脈なしサインを紹介させていただきました。色々と紹介させていただきましたが、一番信用できると思うのは「自分の勘」です。

やり取りの中で何かしら違和感があるのであれば、それが正しいことが圧倒的に多いです。相手との可能性を信じて、脈ありサインを探すのも良いと思いますが、自分の勘も大切にしてみてください。

上手くいく恋愛は、脈ありサインなど調べなくても、勝手にトントン拍子で恋人関係になっていくことが多い印象を受けます。相手が自分を好きなのか分からなくて不安で苦しい…といった場合には、そんなことを感じさせないような別の人を探してみるのも良さそうです。

LGBTsの賃貸・購入は課題がたくさん
同性パートナーの賃貸のお部屋探しや住宅購入、トランスジェンダーの方のお部屋探しには様々な課題が存在します。
・2人入居可能と書いていても法律上の夫婦や男女カップルしか入居できない
・ポータルサイトで「LGBTフレンドリー」と書かれている物件でも審査に通らない
・フレンドリーをうたっているのに、いざ行くと居心地の悪い思いをさせられる不動産会社
・自分のジェンダーを説明するのが億劫でお部屋探しをあきらめてしまう
・同性パートナーで住宅ローンを組もうとしても書類が複雑でたくさん費用もかかる

IRISはLGBTs当事者かつ不動産のプロフェッショナルのスタッフが皆さまの住宅探しを最後までサポート!
スムーズな住まい探しができるようサポートします!
LGBT お部屋探し
この記事を書いたのは

しょうへい

1990年8月生まれのXジェンダーのノンセクゲイ。ハンバーグとオムライスが好き。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かしブログ記事を執筆しています。

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。