Twitter LINE

【当事者監修】同性カップルの愛し合う頻度は?月1回〜2回くらいが多い!

LGBTs

どうもこんにちは!デミセクシュアルでデミロマンティックのゲイ、しょうへいです。

晴れてパートナーができたものの、いまいち愛し合うペースが合わなかったりして不満に感じている方も多いのではないでしょうか。

「もしかして僕って求めすぎなんだろうか…」「全然相手にしてもらえないけれど、こんなもの…?」

本記事では、交際経験4人、最高で約7年付き合った経験から、同性カップルの愛し合う頻度について解説していきます。

LGBTお部屋探し

同性カップルとは

同性カップルとは、同性同士のカップルのことを言います。男性と男性のカップルをゲイカップル、女性と女性のカップルをレズビアンカップル(ビアンカップル)と言ったりします。

ゲイやビアンというのは、男性として男性が好き、女性として女性が好きといったセクシュアリティな為、生まれ持った体の性別というよりも、心の性別が何で、どの性を好きになるのか、というのが重要視されます。

そのため、一見、男女のカップルでも、お互いが男性として自身を認識しており、その上で男性同士で付き合っているのであれば同性カップル(ゲイカップル)と言えます。ビアンカップルも同じです。

男性の同性カップル(ゲイカップル)の愛し合う頻度

ではまず、男性同士のカップル(ゲイカップル)の場合についてです。こちらについては、SNSにてアンケートをとってみました。結果は「月に1〜2回」という回答が多かったです。

他の回答としては「ほぼ毎日」が7.8%、「週1〜2回」が22.4%、「その他」33.7%という結果に。

「その他」ではコメント欄での回答を見る限り、恋人との距離に関する問題が大きく「全く」という方もいました。遠距離だと物理的に離れていますから、難しいですよね。

また付き合っている期間が長く、レスになっておりオープンリレーションシップを築いているという方からのダイレクトメッセージもいただきました。

男性的な本能からなのか、男性同士の場合、レスになりやすいような傾向はあるようです。

女性の同性カップル(レズビアンカップル)の愛し合う頻度

続いて、いわゆる「女性同士」のカップルの場合。こちらは実際に女性同士で付き合っているビアンカップルに聞き、さらにそこから情報を集めていただきました。

すると女性同士の付き合いでも月1回〜2回くらいが多いとのことです。またレスのカップルも多いと話していただけました。ただ、体の関係が長続きするカップルは、レスになりにくく長続きするそうです。

ビアン向け情報サイトのガチレズの情報によると、同棲しているビアンカップルの愛し合う頻度は月1〜2回が40%というデータが取れているようです。気になる方は参考にしてみてください。

参考:同棲しているレズビアンカップルに聞いた!同棲の実態-後編-

性欲と年齢の問題も…?

男性同士なら頻度が高そうなのでは、という声も聞いた事がありますが、実際には男性の性欲は10代がピークで、以降は年齢と共に落ち着くのだそう。

また、逆に女性は20代から40代がピークとなるそうです。もちろん、アセクシュアルであったり、そもそも興味がなかったり、性交障害など、個々に違いは出てきますので一概には言えませんが、そういった年齢的な問題なども今回のアンケート結果には関わってきたのかもしれません。

男性カップル、女性カップルどちらにしても、距離やお付き合いの期間で、そのカップルごとに愛情表現の向き合い方に個性が出てくるのだと思いますので、「そんな話しもあるよ」くらいに捉えてください。

LGBT お部屋探し

筆者(ゲイカップル)はお付き合いしてた人達とどれくらい愛し合ってたの?

僕の場合は、相手によりけりですね…。というのも僕はずっと自分はノンセクシュアル(恋愛感情はあるけれど性欲は他人に向かない)だと思っていたので、体の関係に興味がなく、完全に相手任せでした。

1人目の彼氏は週5日くらい…?

1人目の彼氏は付き合ってすぐに僕が転がり込むような感じで同棲してたので、毎日一緒にいる時間がありましたし、かなり性欲が強い相手だったので、よく手を出されていました。

その結果、もう遠い過去の話なのでうろ覚えですが、週5日くらいはそういうことはあったんじゃないかなと思います。

何年経ってもレスになることはなく、頻度も落ちませんでした。僕は乗り気ではなかったですが、結果的に相性が良かったんですかね…。

僕は経験人数が未だに2桁に到達していないので、ゲイ視点で見た場合、かなり少ない方だと思うのですが、この彼氏との経験がかなりあるので、結果的に経験回数は多いのではないかと思っています。

2人目の彼氏はかなり不定期(数ヶ月に1回程度からレスへ)

2人目の彼氏は、元々茨城と兵庫の遠距離恋愛で、合うこと自体が数ヶ月に1回くらいのペースでした。付き合って初めて体に関係を持ったときに、上手く噛み合わなくて、すぐに体の関係に不穏な空気が…。

しばらくしてうちで同棲をはじめて、そのまま2人で東京で同棲をはじめたのですが、その時にはもう体の関係はほとんどなくなってましたね。

本当に極稀に寝ぼけたふりをして求めてくることがあったくらいで、ペースを測るのは難しいくらい不定期でした。大雑把な感覚値で言えば2ヶ月に1回くらいでしたかね。同棲している状態だったのにです。

3人目の人は週2回〜3回ですぐにレスへ

3人目の人は遠距離ではなく、お互い東京住みでしかも新宿住みだったので、会うことが簡単で週2回〜3回くらい一緒に過ごす時間がありました。

僕はその時も体の関係は乗り気ではなかったのですが、結構積極的な人だったので、流れに任せる感じで週2回〜3回くらいはあった気がします。

でも、僕が乗り気ではなかったので、相手も誘うことに気が折れてしまったみたいですぐにレスになってしまって…別れる数ヶ月前くらいは一緒にいるだけみたいな関係になってました…。

体の関係を誘うことって断られたら傷つくと思うし、勇気がいることだと思うので、今となっては凄く悪いことをしちゃってたなと思います。

4人目の彼氏は半年に1回くらいですぐにレスへ

4人目の彼氏は、これまた遠距離恋愛で茨城と大阪でした。合う頻度は半年に1回くらいのペースで、付き合うときに襲われるような感じで数回体の関係があって、次に旅行に一緒に行ったときに1回あったくらいで、すぐにレスになってしまいました。

3人目の彼氏と同じで、かなり辛い思いをさせてしまったと思います。今でも元彼同士ということで仲は良いです。

【まとめ】愛し合う頻度は自分たちのペースを大切にしよう

【まとめ】愛し合う頻度は自分たちのペースを大切にしよう
愛し合う頻度は、現実的に合える間隔や、相性、関係を持ってからの期間など色々な影響を受けます。その為、比較するよりも自分たちがストレスなく愛し合えるペースを大切にした方が良いかと思います。

この記事を読んでくださっている方の中には、もしかしたら自分は愛し合いたいのに、パートナーがそういったことには乗り気ではなくて悩んでいる方もいるかもしれません。

その様な場合には、自分が我慢をし続けて不満を溜めると、いつか悪い形で精神的に爆発してしまいます。そうなる前に、話し合ってみてください。

体を絡めてお互いを知ることも愛し合うことですが、言葉を交えてお互いの気持ちを知るのも同様に愛し合うことだと思います。

LGBTsの賃貸・購入は課題がたくさん
同性パートナーの賃貸のお部屋探しや住宅購入、トランスジェンダーの方のお部屋探しには様々な課題が存在します。
・2人入居可能と書いていても法律上の夫婦や男女カップルしか入居できない
・ポータルサイトで「LGBTフレンドリー」と書かれている物件でも審査に通らない
・フレンドリーをうたっているのに、いざ行くと居心地の悪い思いをさせられる不動産会社
・自分のジェンダーを説明するのが億劫でお部屋探しをあきらめてしまう
・同性パートナーで住宅ローンを組もうとしても書類が複雑でたくさん費用もかかる

IRISはLGBTs当事者かつ不動産のプロフェッショナルのスタッフが皆さまの住宅探しを最後までサポート!
スムーズな住まい探しができるようサポートします!
LGBT お部屋探し
この記事を書いたのは

しょうへい

1990年8月生まれのXジェンダーのノンセクゲイ。ハンバーグとオムライスが好き。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かしブログ記事を執筆しています。

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。