Twitter LINE

【レズビアン高校生】きちんとした恋愛がしたい!彼女の作り方とは?

レズビアン

大人でも難しいLGBTs当事者同士の出会い。

成人であれば制限が少ないため出会いの手段は比較的多いのですが、未成年だと制限があり、マッチングアプリなどは使えず、限られてしまいますよね。それでも恋愛したい、好きな人が欲しい…。

今回はそんな未成年、特に高校生の方に絞って「未成年者の出会い方」を探してみましたので、参考にしてみてください。

初めに
IRISでは、あらゆるマイノリティが暮らしやすくなることを目指すという意味から「LGBTs」と表記していますが、今回は一般的な「LGBTフレンドリー」について解説するため、表記が混在しております。

まず最初に注意点

まず最初に注意点
大人であっても、出会い方によっては注意が必要です。

身近では出会うのが難しい、そもそも見た目で判断をすることも難しく、本人が公言していたり表記している分「ネットで出会うのが確実なのでは」と考える方もいるかもしれません。

しかし、ネットで出会うということにもリスクはたくさんあります。

ネカマ問題

実際の性別を偽っている、いわゆる「ネカマ」と呼ばれる存在。ネットで使う写真は、画像を検索すればいくらでも出てきます。拾った画像を使い、性別を偽り、出会いを求める人々を狙う…。

それは、LGBTsの世界だけに止まらず、異性愛者同士の世界でもあることです。写真をGoogleの画像検索などに貼り付けて検索するなど、誰かの写真ではないか、言動に不審点はないか、注意深く観察してください。

執拗な要求

執拗に写真や個人情報を求めてくる人にも注意です。そういった人の目的はそれらを入手することで、悪用されることもあります。

私自身マッチングアプリでこういった人に出会ったことがあり、相手は英語ネイティブの方だったのですが、本当にしつこく「別の写真をちょうだい!」と言ってきて、登録されている写真があるのに何故なのか聞いても、そういった質問は無視……。

挙句、暴言を吐かれました。私もショックでその後フラフラになったので、未成年のみなさんはもっと気をつけてください。

ひやかしや詐欺

ネットでは様々な情報をみつけられますが、詐欺やひやかしを目的としたものである可能性もあります。

オフ会名であれば参加レポを検索したり、主催者のSNSやあればサイトなどを入念にチェックしたり、開催場所や人数の確認など、参加する際には注意して選びましょう。

個室・自宅は避ける

相手が年上だったりすると、個室のお店やお相手の部屋へ呼ばれるかもしれませんが、最初のうちはお断りしましょう。何かあっても助けを呼びにくいですし、同性だからといって安心してはいけません。

ファミレスに行ったり、ウィンドウショッピングをするなどに留め、よく知らないうちは「2人っきり」になる状況は避けた方が無難です。カラオケなども個室になるので、最初のうちは歌うことが好きでもぐっと我慢しましょう。

最初から脅かすような話をしてしまい、申し訳ありません。出会いを求める気持ちは分かるのですが、上記の注意点にも目を向けて恋愛を楽しんで欲しいと思い、最初に注意点を書かせていただきました。

自分のことを一番に大切にしてくださいね。

出会い方

出会い方
さて、では未成年ができる出会い方はどんなものがあるのでしょう。SNSでアカウントを作ってみたけど、次はどうしよう?という方もいると思うので、よく使われるハッシュタグなどもご紹介します。

もっともポピュラーなのはSNS

13歳以上であれば、Twitterやinstagram、TikTokでアカウントを作ることができます。多くのLGBTs当事者たちも利用しており、ハッシュタグを利用することで繋がっているようです。

  • 「LGBTさんと繋がりたい」
  • 「セクマイさんと繋がりたい」
  • 「LGBTQさんと繋がりたい」

というハッシュタグの使用が多く見られます。

他に、自分のセクシュアリティ、たとえば「レズビアンさんと繋がりたい」「バイセクシャルさんと繋がりたい」というようなハッシュタグを入れている方も多くいらっしゃいます。

「どんな人と繋がりたいか」というタグを付けることで、繋がりやすくしているようですね。投稿内容は「地域・セクシャリティ・年齢」+「複数のハッシュタグ」というのが目立ち、また、フェムやボイなどの特徴を書く方もいます。

Instagramの場合

Instagramの方は、投稿する写真に上記のようなハッシュタグを付けるか、鍵アカウントを作成し名前に「LGBT」「LGBTQ」と入れる方が多いようです。名前に入っていれば、鍵アカウントでも検索した際に見つけてもらいやすくなります。

TikTokの場合

また、TikTokでも同様のハッシュタグで見つけることができます。

自身の顔は出さずに投稿している方もいますし、TikTokでも顔を出さずに投稿しつつInstagramの鍵アカウントも連携しておくなど、SNSをうまく組み合わせると繋がりやすさも上がるかもしれませんね。

掲示板

もっとも有名な「ガチレズ!」さんでは「出会い掲示板」への18歳未満の方の書き込みは禁止されていますが、その他の掲示板へは書き込みができます。

個人情報に繋がるQRコードやIDの投稿も禁止されていますので、あくまで「他のLGBTさんと会話をする」という形になりますが、「ガチレズ!」では他にもイベントの情報を載せていたりもするので、イベント探しや相談、誰かとただおしゃべりしたい、という方におすすめです。

交流会

フレンズタイム」という交流会をご存知でしょうか?福岡を中心に24歳以下のLGBTsの子ども、若者のサポートに取り組む任意支援団体「FRIENDS」さん主催の交流会です。

「福岡は遠い…」と思った方もご安心ください。

Zoomを利用したオンラインイベントがあるそうで、Zoom自体はスマートフォンからも使えますし、日時は休日が多いようです。是非サイトへ行って、確認してみてください。

活動記録なども確認することができますよ。「フレンズタイム」以外にも、オンラインでの交流会は探すとあったりするので探してみてください。

イベント

レインボープライドなど、LGBTsに関連したイベントは昨今増えています。年齢制限がある場合が多いのですが、「18歳未満は不可」とするイベントがある一方で「○歳以下(未満)の方向け」とするイベントも存在しています。

たとえば神奈川だと「SHIPにじいろキャビン」さん主催の「Cafe10SHIP」などが定期開催されています。まだ迷っている方も対象の10代のLGBTsが集まっておしゃべりができる場だそうです。

東京だと「すこたん!」さん主催のイベントがあります。サイト内のカレンダーにイベントの名前が記されており、毎回タイトルが異なるようですので、気になるものがないか確認してみてください。

お話を聞くだけ、というイベントであってもそこで出会うかどうかは自身の行動次第ですし「トークイベントか……」と思わず、もし少しでも気になれば参加してみるといいかもしれません。

フリータイムも設けられているイベントが多いので、そのタイミングで気になる人には自分から話しかけてみましょう。

難関?バイト

未成年の方の出会い方について調べていると、「女性の多い職場で働き、出会った」という方も見受けられました。

見た目では判断ができない分、地道に探りを入れなければならないなど、難関な部分は多いのですが、13人に1人がLGBTsと言われていますので、1つの職場に1人くらいはいる可能性があります。

焦らず地道に…が大切な出会い方ですね。

大学までガマン…

大学には、在学生が中心となって運営しているLGBTsのサークルがあります。

参加は現役の大学生であることが条件であったりもするので、大学まで我慢をするというのもひとつの手段かもしれません。

情報収集・行動も大切

情報収集・行動も大切
SNSでも情報は集められますが、自ら動くことは何事においても大切です。私はよく、「PRIDE JAPAN」というLGBTsとAllyの方向けの情報サイトを見たりしています。

LGBTsに関連したニュースや、オンラインイベントなどのイベント情報もよく記事にしてくれているので、「こんなのがあるんだ!」と思うこともしばしば。他には、先ほど紹介した「ガチレズ!」などでは私の得意な社交ダンス”ラテン”のコミュニティを発見し、朝から驚きを隠せず暴れる……なんていうこともありました。

なので開催場所や参加費などを考慮しつつ、「自分にも参加できるもの」を探す、そしてそのイベントが詐欺やひやかしではないかをよく調べる、参加したら気になる人には「自分から」声をかける」など、とにかく行動あるのみです。

「出会いが欲しいなら、自分から動く」というのが大切な気がします。受け身でいるばかりでは、何も得られないかもしれません。

まとめ

まとめ
私自身、「未成年」で探していると交流会もイベントも見つからないと思ったのですが、「○歳未満」という表記が目立ったので、「35歳未満」「24歳未満」「10代」などキーワードを「未成年」以外で探してみてもいいかもしれません。

コロナ以降オンラインイベントも増えているようなので、遠方のイベントでも参加できるものがあるかもしれませんし、広範囲に広げて探してみるのもよいかもしれません。

この記事を書いたのは

こなか

初めまして、こなかと申します。 ライターというお仕事を初めて擔わせていただく事になりました。 あまり文才もなく、拙い文章になってしまうかと思うのですが、様々な情報をお届けできるよう に頑張って参りますので、どうぞよろしくお願いします。

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。