LGBTs

「デミロマンティック」と「デミセクシュアル」の違いとは?他のセクシャリティもご紹介

こんにちは!2000年生まれのアライ、inoです。

突然ですが、「デミロマンティック」「デミセクシュアル」という言葉を聞いたことがありますか?どちらも似ている単語のため、違いはどこにあるのか分からない方もいるかもしれません。

そこで今回は、「デミロマンティック」と「デミセクシュアル」の違いについてわたくし、inoが解説していきます!

この記事を読めば、両者の違いがはっきりと分かるようになり、LGBTsについてまた一歩詳しくなれるはずです。

「デミロマンティック」とは

まずは、「デミロマンティック」について解説します。

「デミロマンティック(demiromantic)」とは、基本的には人に恋愛感情を抱かない一方、強い愛情や信頼感を持った相手にのみ恋愛感情を持つセクシャリティです。

恋愛をするうえで、一目惚れ という言葉がありますが、「デミロマンティック」は一目惚れといった、すぐに人を好きになるということがほとんどありません。昔から仲が良い親友や信頼できる人など、長い時間を過ごした相手に恋愛感情を抱きます。

また、性別は関係なく強い愛情や信頼感を持った相手に恋愛感情を持つセクシャリティでもあります。

「デミロマンティック」の特徴を覚える上で以上のことは欠かせませんので、ぜひ知っておきましょう。

「デミセクシュアル」とは

続いて、「デミセクシュアル」について説明していきます。

「デミセクシュアル(demisexual)」は日本語で、半性愛とも呼ばれるセクシャリティです。特徴としては、基本的に他人に性的欲求を抱くことがないことが挙げられます。

ただし、強い愛情や深い友情関係を持った相手に対しては、性的な欲求を抱く場合もあります。どの程度の愛情や友情が必要なのかは、人によって様々なため明確な定義はありません。

また、性的欲求を持つ相手は性別にかかわらずあります。性別を理由に性的欲求が発生したりなくなることはないということです。

「デミロマンティック」と「デミセクシュアル」の違い

次はいよいよ、「デミロマンティック」と「デミセクシュアル」の違いについて解説していきます。

ここまでを読んで気づいた方もいるかもしれませんが、「デミロマンティック」と「デミセクシュアル」の違いは、親密になった相手に対して恋愛感情を持つか、性的欲求を持つかということです。

「デミロマンティック」が恋愛感情を、「デミセクシュアル」は性的欲求をそれぞれ親密な相手に抱きます。

二つのセクシャリティの違いはこのようになっていると覚えておいてください。

ただ、注意してほしいのが『「デミロマンティック」でもあり「デミセクシュアル」でもある人がいる』ということです。

親密になった相手に恋愛感情も性的欲求もどちらも持つ人がいることも知っておくと良いと思います。

「デミロマンティック」と「デミセクシュアル」の共通点

一方、「デミロマンティック」と「デミセクシュアル」には共通点もあります。

  • 相手は性別にとらわれない
  • 初対面や知り合ったばかりの人には感情を抱かない
  • 友好関係から発展していくことがある

持つ感情は、恋愛感情と性的欲求で異なりますが、感情を持つ相手や状況などは似ていると言ってもいいでしょう。

他にもある〇〇ロマンティックの種類とは

「デミロマンティック」以外に、「〇〇ロマンティック」と呼ばれるセクシャリティの人々もいます。少しご紹介してきます。

まずは「リスロマンティック(Lithromantic)」という種類から。「リスロマンティック」とは、「恋愛感情を持つことはあるが、相手から自分に恋愛感情を持たれるのは望まない」セクシャリティです。別名アポロマンティックとも呼ばれています。

「リスロマンティック」の人の中にもさまざまな特徴があります。恋愛関係に嫌悪感がある人、身体的接触を好まない人、恋愛感情を秘密にしておきたい人など…。

ここから分かる通り、「リスロマンティック」だからといって一つの定義にすることなく、いろいろな人がいるんだと理解することが大切です。

また、「アロマンティック(Aromantic)」というセクシャリティについてもご紹介します。「アロマンティック」は他人に恋愛感情を感じないセクシャリティです。

恋愛感情を抱かないとは言っても、他人のことが嫌いなわけでも無関心なわけでもありません。人としてしっかりと尊敬したり友情を抱いたりすることはありますので、誤解しないようにしましょう。

さらに、「パンロマンティック(Panromantic)」というセクシャリティも存在しています。「パンロマンティック」とは日本語で「全恋愛」とも呼ばれるセクシャリティで、「すべての性別の人に恋愛感情を持つ人」のことです。

バイセクシュアルとの違いは、バイセクシュアルは「男性・女性」に恋愛感情を持つのに対し、「パンロマンティック」は「男性・女性・中性・その他の性別すべて」に恋愛感情を持ちます。

ただし、「パンロマンティック」は恋愛感情を持つことはあっても、必ずしも性的欲求を抱くとは限りません。人によってそれぞれの形があると認識しておきましょう。

「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」の悩み

ここからは、「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」の人々が抱える悩みをご紹介します。

まず当事者の方々が思う問題として、セクシャリティ自体がまだ広まっていないことが挙げられます。

「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」という言葉はまだ浸透しているセクシャリティとは残念ながら言えません。そのため、当事者も自分のセクシャリティが分からず、辛い思いをしている場合があります。

そのため、アライやその他の人々でもっと「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」という言葉が広まるよう努力をしていく必要があるかと思います。

また、基本的に恋愛感情や性的欲求を抱かないという特徴に対して、心無い言葉をかけられることも「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」の悩みです。カミングアウトしても「変わっているね」「おかしいね」と言われてしまい、傷ついてしまうことがあるそうです。

「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」が変であるということは絶対にありません。それぞれその人の立派な個性ですので、自分が「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」であることに負い目を感じる必要はありません。

さらに、「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」であることを知らない状態の人は「恋愛をしなければいけないのだろうか」「誰かを簡単に好きにならないのは、おかしなことなのだろうか」と焦ってしまうことがあります。

そんな方々が安心できるようにも、やはりセクシャリティについて知識を広めていくことは重要でしょう。

まとめ

「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」の違いについて、理解できたでしょうか。「デミロマンティック」も「デミセクシュアル」も簡単には人に感情や欲求を持つことは少ないです。一方で特別な友情や信頼感を持った場合は、感情や欲求を持つことがあるセクシャリティです。

もし周りに人を好きになれなくて悩んでいる方、「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」の傾向がある方がいたら、積極的に知識を教えてあげると良いと思います。

あなたの一言で、もしかしたらその人は気持ちが楽になるかもしれません。そのためにも、LGBTsについて勉強しておくことはとても重要です。

「デミロマンティック」や「デミセクシュアル」当事者の方は、自分のセクシャリティに不安を抱える必要はありません。自信を持って、セクシャリティを話せるような環境になるよう、私たちアライも日々協力していきます!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・ino
2000年生まれのアライ。ライターとブロガーで活動しています。実年齢-5歳に見られがち。豚骨ラーメンを愛してやみません。

IRISはLGBTs当事者によるLGBTsフレンドリーな不動産会社です。一人暮らしや同棲でのお部屋探しにお困りの際はぜひIRISにご相談ください。お部屋探しのお手伝いをさせて頂きます。

首都圏のお部屋探しはIRISへ

Page Top