ゲイ

しょうへい

【実体験解説】ゲイは都内暮らしが良いか田舎暮らしが良いか?

【実体験解説】ゲイは都内暮らしが良いか田舎暮らしが良いか?
どうもこんにちは!LGBTsフレンドリーな不動産IRISのしょうへいです。

都内や都市部に住んでいるゲイを見ていると、楽しそうだったり輝いて見えたりしませんか?

僕自身も10代後半頃は、東京に住んでいるゲイがとても眩しく見えました。

そして自分も19歳頃に上京し、今は田舎へと戻っています。

本記事では『都内暮らしと田舎暮らしをした経験から、ゲイが都市部に住むメリットやデメリット、田舎暮らしするメリットやデメリットを解説』してきますね。

【結論】ゲイは都内暮らしが良いか田舎暮らしが良いかは自分の生き方次第

結論は『自分がどんな生き方をしたいか?』によると思います。

  • 都内暮らし:友達を増やしたりアクティブに活動したいならおすすめ!
  • 田舎暮らし:自然環境が豊富なところでまったりと人間関係を広げたりしたい方におすすめ!

僕は10代後半から20代中盤くらいまでは都内に住んでいたのですが、その頃は人間関係も広がりイベントなども参加しやすく、ゲイとしてはとても行動しやすいと思いました。

今は地元である茨城の田舎に住んでいますが、田舎暮らしは自然環境も豊富ですし、間取りの広いお部屋も借りやすいので自由気ままに生きやすいように感じます。

ゲイの都会暮らしのメリット

では、ゲイの都会暮らしのメリットから書いていきます。

田舎に比べると友達はできやすい

どのあたりにお部屋を借りるのかにもよりますが、ゲイ向けのGPS搭載アプリを開けばすぐ近くにたくさんの人が候補に挙がりますし、

『二丁目などのゲイタウンにも通いやすいので、田舎暮らしに比べればゲイの友好関係は広がりやすい』と思います。

しかし注意して頂きたいのが、都内に住んでも勝手には友好関係は広がらないということです。

やはりゲイ向けのアプリを使ったりゲイバーなどに足を延ばしてコミュニケーションをとったり、出会いのキッカケとなるトリガーは自分で引く必要があるように思います。

ゲイナイトなどのイベントに参加しやすい

例えば二丁目で開催される興味のあるイベントや、ゲイバーの周年イベントがあったとしても、地方や田舎住まいでは中々行くのが難しいと思います。

『事実僕が現在、家から都内まで出るのに2時間半くらいの時間がかかりますが、大体そういったイベントが20時くらいから始まるとしても、楽しめる時間は2時間ちょっとくらいが限界』です。

大体22時くらいに二丁目を出たとして、それでも家に着くのが0時頃になってしまうためです。

つまり、田舎住まいの僕がゲイナイトなどに参加するとなったら徹夜覚悟か、どこかに泊まることを覚悟しなければなりません。

逆に『都内に住んでいた頃はゆっくりと出かける準備ができましたし、終電までは居られたので遊びやすかった』です。

終電を逃したとしても、タクシーや徒歩という手段があったので、気持ちにも余裕がありました。

ゲイ向けのサークルに参加しやすい

『都内や都市部にはゲイ向けのお楽しみサークルのようなものがいくつか存在』しています。

例えば定期的にボードゲームをするサークルや、テニスやラグビーなどのスポーツ系のサークル、みんなでBBQをしたりするお楽しみサークルなどです。

そういったサークルに参加しやすいのは、都心部に住む大きなメリットと言えそうです。

ゲイの都会暮らしのデメリット

次にゲイが都会暮らしする上でのデメリットを解説していきます。

生活費が厳しいかもしれない

収入が良ければ問題ないかもしれませんが、『アルバイトで生活していくのは結構厳しいかも』しれません。

参考までに僕が新宿区西新宿に住んでいた時は、大体1ヶ月全ての費用を合計し192,000円ほどのお金がかかっていました。中野区に住んでいる友人(かなり節約していた方)は138,000円ほどかかっていたようです。それでも家賃の半分は会社負担だったそうです。

アルバイトで生計を立てようとした場合、

  • 都内の最低賃金は2020年8月現在1,013円
  • 8時間労働で8,104円
  • 週5日働いて40,520円
  • アルバイトの場合1ヶ月大体162,080円

となるので『アルバイトで8時間労働だとだいぶ生活が厳しくなる』と予想ができます。

正社員として働いたとしても、最初のうちはそれなりに厳しい生活が待っていることを覚悟した方がいいかもしれません。

ゲイの田舎暮らしのメリット

次にゲイの田舎暮らしのメリットについて解説していきます。

人間関係をまったりと広げられる

都内ではゲイ向けのGPS搭載アプリを使えば、近くの距離にたくさんのゲイが表示されますし、ゲイバーに行けば友達ができることもあります。

しかし田舎暮らしですと、場所にもよりますがゲイ向けのGPS搭載アプリを使っても、近くの距離にあまりゲイが表示されないこともありますし、ゲイバー自体も無い、もしくはあってもかなり数が少ないかと思われます。

ですが、その為『ゲイ同士の交流があまりなく無理のない範囲でまったりと交流を広げていくことができる』のです。

またゲイ同士の交流があまりないことや出会いがそれほど多くないことから、都内でリアルするよりも友達付き合いが長く続く傾向にあるように感じました。

車を使って遊ぶことができる

都内住まいであれば車はあまり必要ないかもしれませんが、田舎住まいだと車は必需品に近いと思います。

2人で遊ぶとなった場合、どちらかは『車を出せる確率が高いのでドライブを楽しんだりしやすいのが田舎住まいのメリット』でもあるかと思いました。

電車を使って海に行ったりもできますが、車で行くと浮き輪などの遊具などをたくさん持って行ったり、BBQセットを持って行ったりもできるのが良いです。

最近は犬を連れて、観光ついでにドッグランに行ったりするのも楽しいと思いました。

自然を使ったデートなど楽しみ方が豊富

田舎だからこそです。

都内ですと、山登りをしたり川で遊んだり海水浴を楽しんだりすることは中々ないかもしれないですが『田舎暮らしだと、山登りを楽しんだり川遊びを楽しんだりすることが気軽に可能』だと思います。

アウトドアな楽しみ方が好きな場合には、とても大きなメリットになるのではないでしょうか。

同棲できるような広い物件が、良心的な値段で家賃を借りやすい

やはり都内や都市部に比べると、家賃の値段がかなり良心的です。

どのあたりにお部屋を借りるかにもよりますが、都内で1LDKくらいのお部屋を借りようとしたらだいたい家賃は130,000円前後(品川区、目黒区等)は見なければならないかと思います。

しかしこちらも場所によりますが『田舎であれば同じ1LDKくらいの間取りであれば50,000円前後ほどで借りられる』ものもあります。

同棲を前提にお互いが50,000円ずつ出して家賃100,000円くらいのお部屋に住むなら、だいぶ豪華なお部屋に住むこともできるでしょう。

ゲイの田舎暮らしのデメリット

次にゲイの田舎暮らしのデメリットです。

何かと呼ばれる側になる

僕は都内まで2時間半くらいの距離なのですが、『都内の人と遊ぶとなった場合は基本的には都内に呼ばれる側』になります。

僕の場合ですが茨城に来て遊んでくれるという人とは、残念ながら今まで一度も出会ったことがありません。

夏場、虫が多すぎる

本当に虫が多すぎます。

都内に住んでいた頃は、特に対策しなくても蚊に刺されることは滅多にありませんでしたが、『田舎暮らしの今では毎日蚊に刺されるような状態が当たり前』です。

パートナーシップ制度の利用は難しい

パートナーシップ制度を利用すると、ケータイ料金でパートナーと家族割りが使えたり、パートナーが万が一の時に病院で面会ができたり治療相談ができたりします。

しかし『パートナーシップ制度は、都内や都市部をメインに広がりを見せている制度なので、今のところ田舎の方では制度を受けることが難しいかも』しれません。

パートナーシップ制度が実施されているまとめ記事があるので、興味のある方はご覧ください。

チェック → パートナーシップ制度がある自治体一覧と活用方法

ゲイは都内暮らしが良いか田舎暮らしが良いかのまとめ

最後に簡単に都内暮らしと田舎暮らしについてまとめていきます。

  • 都内暮らし:友達を増やしたりアクティブに活動したいならおすすめ!
  • 田舎暮らし:自然環境が豊富なところでまったりと人間関係を広げたりしたい方におすすめ!

かと思います。

都内でゲイ同士の交流を増やして、パートナーなどができたら田舎で広めのお部屋を借りてペットなどを飼ってまったりと暮らすのも良いのかと思います。

つくば市など東京方面にアクセスしやすい地方都市に住んで生活するのも、利便性と住みやすさを両立できて良いかと思いました。

チェック → 都内までアクセス良好で家賃が安い!ゲイにおすすめのエリアつくば市の紹介!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・しょうへい
1990年、茨城県生まれ。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かし、ブログ記事を執筆しています。

東京エリアのお引越し

Page Top