ゲイ

しょうへい

LGBTs(LGBT)の同棲ルームシェアが大家さんにバレたらどうなるの?

LGBTs(LGBT)の同棲ルームシェアが大家さんにバレたらどうなるの?

どうもこんにちは!LGBTsフレンドリーな不動産IRISのしょうへいです。

同性カップルで家を探そうとすると、中々自分たちの関係を言い出せなかったりして苦労する場面があるかと思います。

その様なときに話題になりやすいのが「1人暮らしと言って家を借りて2人で住もう」ですよね。

結構このやり方で暮らしている方も少なからずいらっしゃるかと思いますが『実は大きなトラブルに発展する可能性がある』んです。

本記事では『1人暮らし物件で同棲やルームシェアがバレるとどうなるのか』についてお話していきます。

チェック → ゲイカップルで賃貸を探すのは本当に大変!不動産会社はしっかり選びましょう!

借主以外の人が同棲相手ルームシェア相手と判断されるのはどういうときか

友達や恋人が部屋に数日泊っていくこと自他はよくあることですよね。

それで同棲しているだとかルームシェアしているだとか、そういった話に発展することは基本的にはありません。

では、どういった時に『同棲している』『ルームシェアしている』と判断されるのか、というと全ては大家さんの判断次第なのです。

数日友達が泊っただけでも大家さんによっては注意する方もいるかもしれませんし、でも、多くの方は多少は大目に見てくださっているのが現状です。

1人暮らし物件で同棲やルームシェアがバレたらどうなるのか

契約書に『入居者を勝手に増やしてはいけないなどが書いてあるのを確認したのにも関わらず、2人で住んだ場合は当たり前ですが契約違反』になります。

1人暮らし物件を2人で住むことで、

  • 想定よりも部屋の消耗が速くなってしまう
  • 騒音トラブルの可能性

などがありますから『契約違反を理由に退去を要求される可能性』もあります。

「別に部屋のお金払っているんだからいいじゃん!」と思うかもしれませんが、契約違反をしている時点で立場が弱いので争う余地はありません。

ルームシェアや同棲を始める前に大家さんに相談するのはどうか?

大家さんに『黙って同棲やルームシェアをするよりは先に一声入れた方が良い』ですね。それでどのような判断が下されるかはやはり大家さん次第になります。

あっさりOKしてもらえることもあれば、条件付きで許してくれることもありますし、一緒に住むのであれば退去となることもあります。

どちらにしても『後々大家さんに怒られるよりは最初に相談する方が絶対に良い』ですね。

LGBTs(LGBT)の同棲やルームシェア物件探しはIRISにご相談ください!

中々同性カップルでのお部屋が見つけられないといったときには、ぜひIRISにご相談ください。

IRISはLGBTsを含むLGBTsフレンドリーな不動産会社なので、2人の理想のお部屋探しを全力でサポートできます。

以上で大家さんに同棲やルームシェアがバレたらどうなるのかについて終わりにします。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・しょうへい
1990年、茨城県生まれ。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かし、ブログ記事を執筆しています。

東京エリアのお引越し

Page Top