LGBTs

ゲイカップルで賃貸を探すのは本当に大変!不動産会社はしっかり選びましょう!

56784a942596764b65f202e07942eaed_s
こんにちは、しょうへいです。本記事では僕が彼氏とお部屋探したときの体験談を書いていきます。

僕は以前、兵庫と東京で遠距離恋愛をしていまして、ある時に彼氏が「東京に住みたい」と言い始めました。

正直ずっと遠距離恋愛続けるのも辛いと思っていたので、これを機に一緒に同棲しようと二人で計画を立て始めました。

しかしこれが超大苦戦。男同士で家を借りるのは、思っていた以上に大変なことだったのです。

チェック → 当事者だからこそわかる痛みを胸に、IRISが不動産業界を変える! – LGBTsが当たり前に安心してお部屋探しができる社会向けて

ゲイカップルでの賃貸探しが難しい理由

ゲイカップルが二人で住む家を探したり、一緒に生活をするのは現状は難しい状態にあります。

なぜかというと『ゲイカップルであることに関係なく、男二人で家を借りることが大きなハードルになっているから』です。

大家側の立場になって考えてみると、男二人に部屋を貸すのは以下のような考えがあることが分かります。

  • 双方とも収入が低く、男二人で住まないと生活が成り立たないようなレベルなのか?
  • 部屋を事務所にして、何かの犯罪に使おうとしているのではないか?
  • 関係性が分からないのですぐに片方が出て行って家賃滞納になってしまうのではないか?

僕たちの場合は友達同士で部屋を借りたいと言って不動産を回っていたのですが、どこへ行っても上記のような理由で相手にして頂けませんでした。

『二人の関係性がハッキリすれば貸しやすくなる場合もあるそうですが、見ず知らずの不動産屋さんにカミングアウトするのは正直ハードルが高い』ですよね…。

最終的には一人暮らしするという話にしてお部屋探しを進めることにしたのですが、二人で住めるようなところには収入の関係から審査が通りませんでした。

チェック → LGBTs(LGBT)の同棲ルームシェアが大家さんにバレたらどうなるの?

不動産で働いてたゲイの人に助けてもらえた

なかなか部屋を借りられなかったので少し弱気になり「男同士で借りられる部屋って見本当ないんだねとTwitterで呟いたら、不動産会社で働いている方からメッセージを頂き一気に話が解決へ向かいました。

男同士で家を借りるのが難しいことに加え、関係性がハッキリしてる方が借りやすいというのも、その時に教えてもらった話です。

他にも、ゲイであることが家族に受け入れてもらえず疎遠になってしまい、保証人を立てられない方もいるといった話も聞いたりしました。

僕たちの場合も保証人問題は非常に大変でした。

  • 僕:連帯保証人には絶対になるなと言われ育てられる上に両親とも乗り気ではなかった。
  • 彼氏:連帯保証人を頼めそうな人が居なかった。

お部屋探しを手伝ってくれた方はこれまでの経験から、同性同士でも入居できるお部屋を知っていて保証人問題の解決方法も知っていました。

その為、今まで断られていた話が嘘みたいに進み、一緒に住む部屋がすぐに決まったのです。

『お互いゲイだったので二丁目に遊びに行きやすいところがいいなどの希望も相談しやすかったのがとても良かった』です。

チェック → ゲイの部屋探し!連帯保証人問題はどうやって解決する?

こんな不動産は嫌だ

なかなかお部屋が決まらなかったので多くの不動産会社を回りましたが、中には「近くに女子大があるんで~若い女の子との出会いもあるかもしれないッスよ!」とか言ってくるようなところもありました。

何だか凄く失礼ですよね…。

その不動産会社には安く部屋を借りられるプランもありましたが、2年目以降になるとかなり損をしてしまうことも(後で計算してみたら)わかりました。

『お部屋探しする時には必ず信頼できそうだなと思える不動産会社を選ぶ』ようにしてください。

またゲイカップルでお部屋探しをするときは『ゲイの不動産関係者にお願いすると楽しくお部屋探しを進めやすい』です。

是非参考にしてくださいね!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・しょうへい
1990年、茨城県生まれ。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かし、ブログ記事を執筆しています。

東京エリアのお引越し

Page Top