LGBTs

クィアとは?言葉が浸透するなかでクィアベイディングと呼ばれる問題も・・・

「LGBT」という単語が浸透してきて、それに「Q」が加わった「LGBTQ」という言葉も使われるようになりました。「Q」とは、「クィア(Queer)」「クエスチョニング(Questioning)」の頭文字をとっています。

クィアという言葉は聞いたことがあるけど、意味を説明できる人もいるかもしれません。その言葉の歴史や背景から意味を知ることで、また新たな概念と出会うことができるかもしれません。そこで今回は、LGBTQ当事者である筆者が、みなさんの気になるクィアとは についてお話します!

クィアとは【意味・歴史】

クィアとは【意味・歴史】

では早速、クィアについて説明します。現在クィアという言葉は、性的マイノリティ全般を包括する言葉として使われています。ポジティブな意味で使われることがほとんどですが、実はそれまでにはこんな歴史があったのです。

クィアはもともと、英語圏で「風変わりな」「変態」といった侮蔑的な言葉として使われていました。これを聞いて「では、クィアと言ってはいけないのでは?」と思う人はいるでしょう。ですが、20世紀終盤以降になるとそのネガティブな意味を逆手に取り、性的マイノリティ当事者があえてクィアという言葉を発するようになりました。そして、抵抗運動(クィア・ムーブメント)などの場で使われることにより、性的マイノリティを総称する言葉へと変化したのです。

そうすることで、当事者の連帯性を生むだけでなく、マイノリティが実際に存在するものとして世間に投げかけられました。抵抗運動の「クィア・アクティヴィズム」では、「We are here, We are queer. Get used to it.(私たちはここにいる。私たちはクィアだ。それに慣れなさい。)」との合言葉を掲げ、今ままでの異性愛規範な社会で、あえて奇妙とされてきたクィアを当事者が開き直って全面に出すことで、ネガティブなものからポジティブなものへと変えていきました。

クィアを自認する人たちの意見

クィアを自認する人たちの意見

セクシュアルマイノリティとはいえども、クィアを自認する人は身近にも多く存在します。なぜ、クィアであることを選んだのか、もしくはクィアとして生まれてきたのか。包括的な意味で使われる言葉だからこそ、さまざまな考え方があります。

自分自身をラベリングしたくない

今ではLGBTQだけでなく、アセクシュアルやアロマンティックなど、さまざまな性を表す言葉が出てきています。ですが、そういった言葉が自分にはしっくりこなかったり、カテゴライズすることへのプレッシャーを抱いたり、そもそも自分が何者であるかわからない人もいるのです。

筆者は女性が恋愛対象であることが多く、いわゆるセクシュアルマイノリティに当てはまる人であることを自覚していますが、セクシュアリティについてはいまだ戸惑いがあり、自分自身にぴったりな言葉が見つかっていません。そんなときにクィアという言葉の概念を知り、「定義する言葉がないことは悪いことではない。個々にはそれぞれのアイデンティティがあるのだ」と安心することができました。

このようにクィアを自認しなくても、言葉によって自分自身をラベリングする必要はないことを伝える働きもします。

性別二元論から解放されたい

Xジェンダーやジェンダーフルイドなど、さまざまな性の自認がありますが、日本ではまだまだ男女の二性で物事を考えることが多くあります。同性婚やLGBT理解増進法などが制定されていない現状もあり、国としての性に関する考え方はアップデートされていないことがわかります。「女性はメイクをするのがマナーだ。けど濃いメイクはダメ」「男性は働いて家族を養うべきだ」など細かい男女の「であるべき像」が世の中には存在しますが、それはなぜなのか、そうすることでどういった影響があるのか、そこには説明できる正当な理由はないように感じます。

このように、理由なく男女の性別による押し付けで苦しんでいる人は実際に多くいるのです。世間のもつ男女二元論の考えに対する違和感を、クィアという言葉に変えて発するクィア当事者の人もいます。人を性別で区別するのではなく「その人として」認識される世界を願っているのです。

セクシュアルマイノリティの連携連帯を生むことができる

前述したようにクィアという言葉は、セクシュアルマイノリティを包括して使うことができます。さまざまなセクシュアリティやジェンダーを自認している人たちも、クィアと名乗ることがあるのです。異性愛が一般的だと認識されている世の中ではありますが、マイノリティとされる人たちがクィアであることを名乗ることで、そのなかでの連帯が生まれます。連帯することによりセクシュアルマイノリティが可視化される。一人一人の力が今後の大きな力となるのです。

クィアだけではない「Q」

クィアだけではない「Q」

LGBTQの「Q」であるクィアについて説明しましたが、実はもう一つ「クエスチョニング(Questioning)」という言葉の頭文字でもあることを知っていましたか。

クエスチョニングとは、セクシュアリティや性自認が定まっていない人のことを指します。クエスチョニングを自認する人のなかでもさまざまな考えがありますが、そのなかでも「セクシュアリティに迷っている」「探している段階」という人もいます。セクシュアリティがわからない筆者は、クエスチョニングに当てはまるかもしれないと考えた時期もありましたが、迷ったり何かに当てはめることよりも「今の私の状況も一つのアイデンティティ」という認識の方が強いため、クエスチョニングは自認していません。ですが、人によって言葉の概念は異なることもあるので、筆者と同じ境遇の場合でもクエスチョニングを自認する人はいるかもしれません。

クィアベイティングとは?

クィアベイティングとは?

海外ではクィアを利用した卑怯なやり方「クィアベイティング(queer baiting)」が問題となり、物議を醸し出しています。クィアベイティングとは、実際にはクィアではない人がレズビアンやバイセクシュアルなど、あたかもセクシュアルマイノリティであるかのように匂わすことで、世間の注目を集める手法のことを指します。

世界的に有名な歌手、ビリー・アイリッシュの新曲『Lost Cause』のミュージックビデオで、女友達とお泊まり会をしている様子が映し出されています。そして自身のインスタグラムで「女の子たちが大好き」との言葉と一緒に、女性たちと寄り添う舞台裏の写真を投稿。投稿を見て「ついにカミングアウト?」と疑念の声があがる一方、クィアベイティングであることを指摘するファンも。LGBTQをほのめかすことで注目を引こうとするマーケット手法は、クィアの搾取であり、当事者を傷つけることにもつながります。

【まとめ】クィアとは?言葉が浸透するなかでクィアベイディングと呼ばれる問題も・・・

【まとめ】クィアとは?言葉が浸透するなかでクィアベイディングと呼ばれる問題も・・・

最近はLGBTだけでなくクィアの言葉をよく聞くようになったと同時に、さまざまな問題が起きることも懸念されています。クィアはセクシュアル”マイノリティ”と呼ばれているものの、当事者は意外にも身の周りにいます。一人一人のあり方を尊重し、珍しいものではなく、当たり前にいる存在として認識されることを願っています。

チェック → LGBTとは簡単にいってなに?日本のLGBT事情が分かる記事のまとめ

◎この記事を書いた人・・・Honoka Yan
モデル/ダンサー/ライター/記者/LGBTs当事者。ジェンダーやセクシュアリティ、フェミニズムについて執筆。タブーについて発信する日本のクィアマガジン「purple millennium」編集長。Instagram :@honokayan

Page Top