LGBTs

「ポリアモリー」は浮気とは別のもの。ひとつのセクシュアリティとして知ってほしい

「ポリアモリー」というセクシュアリティーをご存知でしょうか。

「ポリアモリー」は、同時に複数の人と交際したり、恋愛関係を築いたりする人、またそうしたライフスタイルのことを言います。複数の人と交際するというと、なんとなく浮気や不倫を想像してしまうかもしれませんが、「ポリアモリー」はそれらとは別で、ひとつのセクシュアリティーとして認知されています。

浮気などとの決定的な違いは、「ポリアモリー」はその関係性にかかわるすべての人の合意が取れて、はじめて成立する人間関係であるということです。

今回は、「ポリアモリー」の浮気性との違いをはじめ、対義語にあたる「モノアモリー」などについてもご紹介します。

「ポリアモリー」について知ろう

ポリアモリーについて知ろう

まずは、「ポリアモリー」について知識を深めてみましょう。初めて聞いたという人も、聞いたことだけあるという人も、「ポリアモリー」の生き方や生活スタイルについて知ってみてください。

「ポリアモリー」とは

「ポリアモリー」とは、冒頭でお伝えしたとおり、複数の人と同時に恋愛関係を築いたり、交際したりする人や、そうした生活スタイルのことをいいます。

重要なのは、関わるすべての人と合意が取れていることで、合意がない複数の人との恋愛や交際は浮気となってしまいます。独り身を装って、誰かに近づいたりすることも「ポリアモリー」の考え方や行動に反します。相手や、関係を持つ人みんなを裏切るような行動はしないのが「ポリアモリー」の原則です。

ギリシャ語で複数を意味する「Poly」とラテン語で愛を意味する「Amor」をあわせてできた、英語の造語です。日本語に直訳すると、多重恋愛などと言い換えることもできます。

「ポリアモリー」の恋愛観を持っていたり、そうした生活を送っている人のことを「ポリアモリスト」と呼ぶこともあります。

「ポリガミー」との違いは?

「ポリアモリー」と似た言葉に、「ポリガミー」があります。これは、多重婚を表す言葉で、「ポリガミー」はとくに複数の人と婚姻関係にある場合に用いる言葉です。日本では現状多くは見られない家族のかたちですが、一夫多妻制や一妻多夫制などが「ポリガミー」にあたります。

一見、「ポリアモリー」にも似ているように感じられますが、違いもあります。「ポリガミー」に当てはまる一夫多妻制では、ひとりの夫が中心となって交際し、妻同士が交際することはない関係性であるのに対し、「ポリアモリー」は、一人ひとりの性的指向に沿って一人ひとりが主体的に恋愛をすることができる関係性です。

「ポリアモリー」の反対ともいえる「モノアモリー」ってなに?

「ポリアモリー」が、複数の人と恋愛することを意味するのに対し、「モノアモリー」はその逆ともいえる言葉です。ひとりの恋人と関係を深めるという意味です。一人のひとと交際したら、他に恋人といえる存在をつくることはない、ということです。

日本においては、この「モノアモリー」の考え方を持つ人が多いのではないでしょうか。「ポリアモリー」について言葉が浸透しなかったり、イメージを持ちづらかったりするのは、こうした背景も関係しているのかもしれません。

また、一夫一妻制を意味する「モノガミー」という言葉もあります。現在、日本では同性婚が認められていないことも含めて、「モノガミー」が一般的となっていますが、「モリアモリー」や「モノガミー」といった恋愛関係が当たり前というわけではありません。たくさんある関係性のなかのひとつということです。

「ポリアモリー」への間違った見方も

ポリアモリーへの間違った見方も

日本においては、「モノアモリー」が多数派であるとお伝えしましたが、日本に限らず「ポリアモリー」が理解を得づらい立場に置かれることもあります。

たとえば、最初に紹介したように、浮気性と勘違いされるなどのことです。ここでは「ポリアモリー」を実践して生活する人が抱える問題や、他者からの誤解についてお話してみたいと思います。

浮気性や性に奔放であることは別

「ポリアモリー」と浮気性との違いもお話してきましたが、それでもやはり、浮気なのではないかと疑念を持つ人も絶たないようです。

また、性に奔放で、フリーセックスだというイメージを持つ人もいるようですが、「ポリアモリー」として関係を持つ人みなが性的関係にあるわけではありません。どのような恋愛関係を築いていくかは相手と話し合い、探っていくものです。

「ポリアモリー」は病気ではない

「ポリアモリー」の当事者も含め、複数の人を同時に好きになったり、恋愛関係を築きたいと思うことを、一部病気のように感じている人もいるようですが、これは間違いです。

婚姻関係にある夫婦が不倫をしたら、法律違反にあたる場合もあるかもしれませんが、「ポリアモリー」は関わるすべての人との合意が重要で、関係性はオープンにされているものです。

また、同時に複数の人に恋愛感情を抱くことも、ごく自然なこととして知られています。恋愛感情や恋愛関係には一人ひとりの形があり、「ポリアモリー」も病気などではなく、ひとつの形であるということです。

複数の恋人がいても、その一人ひとりと愛を育んでいる

複数の恋人を愛するより、ひとりの恋人を愛するほうが、愛情は深く、親密な関係になれるという考え方も、「ポリアモリー」を悩ませる一つです。

愛も、愛情もそれぞれですが、「ポリアモリー」が複数の人に対して同時に愛情を注いでいるのも、自然なことです。多数派とされる考え方や生き方、結婚の制度にとらわれることなく、自分の意思で愛情や性愛の形を選んでいます。

自分や相手が望むパートナーシップを探りながら関係を築くことは、一人ひとりとの愛につながるのではないでしょうか。

「ポリアモリー」は一つの人間関係のかたちであると知って

ポリアモリーは一つの人間関係のかたちであると知って

ここまで、「ポリアモリー」とは複数の人と同時に恋愛関係を築いたり、そうした生活を送ったりすることであると紹介してきました。

「ポリアモリー」の反対ともいえる「モノアモリー」や、「モノガミー」についてもお伝えしましたが、これらは、あくまで一つの人間関係や恋愛関係の形です。現状、日本では「モノアモリー」の考え方が多数派となっていますが、「モノアモリー」でなければいけないわけではありません。

一人ひとりが、自分自身の意思にそって恋愛関係や人間関係を選択し、主体性を持って行動できるということです。その一つとして「ポリアモリー」という考え方や、それを実践している「ポリアモリスト」らがいることを知っていただけたら幸いです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・藤枝あおい
ほそぼそとライターとして活動中です。休日は1日中家で寝ていたい派。引っ越しの予定はないものの、ぐっすり眠れそうな物件情報と間取りは頻繁にチェックしています!

IRISはLGBTs当事者によるLGBTsフレンドリーな不動産会社です。1人暮らしや同棲でのお部屋探しにお困りの際はぜひIRISにご相談ください。お部屋探しのお手伝いをさせて頂きます。

首都圏のお部屋探しはIRISへ

Page Top