ゲイ

しょうへい

【ゲイ筋トレ】トレーニングには意外にもコーラが相性抜群!ブドウ糖とカフェインで力がみなぎる!


どうもこんにちは!元パーソナルトレーナーのしょうへいです。

みなさんはジムで筋トレしているときに割とマッチョな感じの人がコーラ飲んでいるの見かけたことありますか?

「ジムに来てるのにコーラって…」と一瞬思ってしまうかもしれませんが、実はコーラと筋トレってとても相性が良いのです。

本記事では筋トレとコーラが与える体への影響について解説していきますね。

筋トレにはコーラが割と相性が良い!

糖質制限系のダイエットをしている場合にはコーラはあまり良くはありませんが、体を大きくする筋トレの場合には割と相性はいいです。コーラには、

  • ブドウ糖
  • カフェイン

が入っており、この2つの成分が体を大きくするような筋トレをするときにプラスに働いてくれます。

ブドウ糖は筋トレ時のエネルギー源になる

体を大きくするようなトレーニング(速筋をメインに鍛えるトレーニング)では、動作を繰り返す度に筋肉内の糖をとてつもない速さで消費してしまい、エネルギー不足に陥ってしまいます。

しかし、トレーニング中にコーラを飲むようにすれば、エネルギー源となるブドウ糖が素早く吸収される為、いつもよりはエネルギー不足に陥りにくくなるのです。イメージ的にはガソリン補充しながら車を走らせているような感じですね。

エネルギー不足になりにくくなるのでトレーニングでバテるまでの時間が伸び、より追い込みやすくなります。

カフェインは集中力を高めてくれる

カフェインは中枢神経を興奮させる作用があり、眠気を覚ましたり集中力を高めたりしてくれる効果が期待できます。

僕も筋トレする前にカフェイン摂取していますが、ぼんやりしている頭が徐々に晴れてきてかなり筋トレに集中できるようになると感じています。

コーラにはカフェインも含まれているので、トレーニング時の集中力を高めたり、やる気を高めてくれる働きが期待できます。ただし、コーラに含まれているカフェイン量は決して多くはない(100mlあたり10mg)ので、カフェインの効果を重視するのであればサプリメントやコーヒー、エナジードリンクに頼った方が良さそうです。

カフェイン摂取の目安は…

  • 成人の場合は1回あたり体重×3mgまで
  • 成人の1日に摂取しても良いカフェイン量は体重×5.7mgまで

と言われています。カフェインを摂取しすぎると気持ちがネガティヴになったり、頭痛が起きたり、不眠症を引き起こす可能性がある上に、体内に残る時間もかなり長いので摂取量には気をつけてください。

【まとめ】筋トレにはコーラが割と相性が良い!

筋トレにコーラが相性良い理由は…

  • 筋トレ時に消費してしまうエネルギー(糖)を補給できる
  • カフェインが含まれているので集中力を高められる

の2点からです。相性が良いことは間違いありません。でも体感できるほど何か変わるかと言われたら、ちょっと難しい気がしますけどね。個人差があると思うので、人によっては追い込みがしやすくなったとかバテにくくなったなどの変化はあるかもしれません。

トレーニング時のエネルギー補給用の粉末状のサプリメント(CCD)やカフェインサプリメントがネットを中心に低価格で販売されているので、コスパ的にもそっちを購入した方が体感もしやすく良いのかなと思います。面倒臭い方はコーラでも良いと思いますが…!

以上、筋トレとコーラについてでした。最後まで読んでくださりありがとうございます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・しょうへい
1990年8月生まれのXジェンダーのノンセクゲイ。ハンバーグとオムライスが好き。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かしブログ記事を執筆しています。

IRISはLGBTs当事者によるLGBTsフレンドリーな不動産会社です。1人暮らしや同棲でのお部屋探しにお困りの際はぜひIRISにご相談ください。お部屋探しのお手伝いをさせて頂きます。

首都圏のお部屋探しはIRISへ

Page Top