LGBTs

初心者でも大丈夫!新宿二丁目のレズビアンバー紹介

初心者でも大丈夫!新宿二丁目のレズビアンバー紹介
どうも、空衣です。FtMパンセクシュアルです。

自分は昔からいろいろなことを手帳に書き留めておくことが多いです。
手帳を見返していたら、新宿二丁目の思い出がたくさん出てきました。

レズビアンバーに行ったときのメモには、FtM(トランスジェンダー男性)について、「男子トイレに入ろうとは思わない」とメモしてありました。
今、自分は入っているのですが……。

当時は女性コミュニティ(LGBTsの、特にLB)にいることが多かったので、今回はその経験も踏まえて、オススメのレズビアンバーを紹介していきます。
新宿二丁目と聞くと、少し抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。でも一歩踏み出すと、とても身近で、おもしろい場所ですよ。

関連記事初めてでも大丈夫!新宿二丁目ゲイバーのシステムやマナー予算など詳しく教えます!

新宿二丁目のレズビアンバーのご紹介

BAR GOLD FINGER(ゴールドフィンガー)

1991年からの歴史を誇る、日本初で最大級のWomen Only パーティーを開催しています。
チャージ0円で、外からも様子が見えるので、初めての方でも安心です。雰囲気はクラブに近いです。カラオケとポップコーンで盛り上がりましょう!18~20時の間は、千円で2杯飲めちゃうというお得さです。
土曜日は女性限定、他の曜日はミックスバーになっています。毎週月曜日は、FtM(トランスジェンダー男性)のスタッフが迎えてくれます。

新宿区新宿2-12-11林ビル1F
営業時間:18~2時
BAR GOLD FINGER

艷櫻(あでざくら)

女性メインの、ちょっと飲めて、ちょっと踊れるバーです。
実際にレズビアンやバイセクシュアルのお客さんが多いようです。「お姉さん、最近どう?」「好きな人は?」という話になったら、「女性が好き」というなんとなくの前提ができあがってます。ノンケ(ストレート)の方でももちろん楽しめますが、事前申告しないと「恋愛対象は女性なんだろう」という認識で会話が進んでいくこともあります。

艷櫻は、二丁目の「agit(アジト)」「anchor(アンカー)」「あじぱん」と姉妹店です。
艷櫻はカクテルやショットがメインですが、姉妹店は食べ物のメニューが充実してます。そのため、ときどき姉妹店からの食べ物が艷櫻でもいただけることもあります。

東京都新宿区新宿2-15-11 信田ビル1F
営業時間:20~5時
※2時以降は、男性の入店も可能になります。
※2019年10月から、オープンの20時~0時まで全面禁煙になりました。
艷櫻

agit(アジト)

続いて、艷櫻の姉妹店、agit。「百合の小道」(一部では「L通り」)と呼ばれる通りにあります。
こちらも店員さんが気さくで、ひとりで行っても話しかければどんどん話がはずんでいきます。チャージは700円で、お通しつきとなっています。

新宿区 新宿 2-15-9 松井ビル1F
営業時間:20~4時
※火曜定休
※男性の方は初回は女性同伴でお願いします。
agit

どん浴

なんと足湯もついている、カフェ&バーです。お昼から開店していて、未成年だけどちょっと二丁目に興味がある、という場合でも気軽に立ち寄ることができます。
新宿通りに面しているので、たどり着くのは難しくありませんが、一見するとマンションのような外観をしており、少々分かりにくいかもしれません。また、靖国通り側からも入店可能です。
足湯に入れる人数には限りがありますが、他にもハンモックの席もあり、様々な楽しみ方ができます。

セクシュアリティや国籍に関係なく誰でも入ることができます(レズビアンバーとは少し趣旨が異なりますが、女性客同士でも非常に来やすいお店です)。Xジェンダー、アセクシュアル(無性愛者)、パンセクシュアル(全性愛者)など多様なセクシュアリティの人を含めたイベントも行われています。

注文できるメニューは時間帯によって異なるので、確認してみてください。
・ランチタイム 11:30~14:00(水・木・金のみ)
・カフェタイム 14:00~19:00
・バータイム 19:00~23:00
※火曜定休

東京都新宿区新宿2-7-3 ヴェラハイツ新宿御苑203
どん浴

新宿二丁目に行ってみたい!という方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。自分のセクシュアリティを隠さず自由に過ごせると思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・空衣
1996年、神奈川県生まれ。性別も住処も旅しています。

東京エリアのお引越し

Page Top