Twitter LINE

【営業ブログ】14回目です!

スタッフブログ

皆様、明けましておめでとうございます。
2023年もよろしくお願いいたします!

IRISは今年で創業10年目を迎えます。
創業当時はLGBTという言葉がようやく使われるようになり、
少しずつダイバーシティーインクルージョンの考えが広がりつつありました。

その頃の不動産業界は、LGBTフレンドリなー不動産会社はありませんでした。
同性パートナーと同棲をするときは、ルームシェアのていでお部屋探しをすることが多い時代でした。もちろんそれで選択肢が多いのであれば問題ありません。

ですが、現実はそうではありませんでした。
僕自身、同性パートナーと物件探しをするときは、心理的な面も含めてハードルが高かったです。

社会が変わるのを待つのではなく、自分たちのできることからチャレンジしていこう!
という気持ちからIRISが創られました。

2023年になり、令和の時代を生きる僕たち。
東京都ではパートナーシップ制度が導入されたことにより、
随分と心理的な安心や暮らしの選択肢が広がりました。

LGBTフレンドリなー不動産会社や多様性を意識する大手企業も増えました。
選択肢は多い方がいいです。長い人生を過ごす上で「衣食住」はとても重要です。

住環境の選択肢が増えることによって、暮らしの幅も広がり、ライフイベントも増え、より未来が明るくなります!

「知っていること」と「できること」は違います。
名ばかりのLGBTフレンドリーではなく、名実ともに社会に浸透することを祈ります。
そのためにもIRISは全力でチャレンジを繰り返していきます!

一緒に社会をアップデートしていきましょう!!
本年もよろしくお願いいたします!

皆様に幸多い一年になりますように!!!!

須藤さん記事写真1

須藤さん記事写真2

Thanks!!

IRIS代表取締役CEO 須藤啓光

この記事を書いたのは

代表取締役CEO 須藤 啓光

1989年宮城県生まれ。 金融業界でリテール業務を経て、不動産会社にて賃貸仲介営業に従事。2014年にIRISを創業し、2016年にIRISを法人化後に不動産事業を開始。現在は住まいや暮らしの社会課題解決を目的に兼務で豊島区男女平等推進センター運営委員としても活動。

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。