Twitter LINE

アセクシュアルのパートナー探しのやり方とマッチングアプリ

LGBTs

誰かを好きになる事、欲求を抱けないセクシュアリティ、アセクシュアルをご存知でしょうか?
決して、冷たい人間などという訳ではありません。
今回は「恋人欲しい!」「でも恋愛感情が抱けない…」「欲求もない…」という、アセクシュアルの方向けに、どうやってパートナーを探せばいいのか、調べてみました。

LGBTお部屋探し

アセクシュアル(無性愛者)とは?

まずは、アセクシュアルって何?という方向けに、簡単にご説明いたします。
アセクシュアルというのは、他者に対して恋愛感情や性的欲求を抱くことができないセクシュアリティ で、”無性愛”とも呼ばれています。

厳密に言うと少し変わってきます。
世界最大のアセクシュアル・コミュニティ“AVEN”は、『恋愛感情の有無に関わらず、性的欲求を経験しない人』と定義しているようです。
日本では『恋愛感情も性的欲求も抱かない』場合をアセクシュアルと呼んでいますが、『恋愛感情はあるものの、性的欲求は抱かない』場合を”ロマンティック・アセクシュアル”、『恋愛感情も性的欲求も抱かない』場合を”アロマンティック・アセクシュアル”と呼ばれるのだそう。

どちらも”アセクシュアル”というセクシュアリティには属してきます。
また、ロマンティック・アセクシュアルに関しては「ノンセクシュアル」と呼ばれることもあります。

「恋愛しないの?」「冷たい人なの?」と思われるかもしれませんが、結婚願望を抱く人もいますし、パートナーを大切に想う気持ちも抱きます。
もちろん人によっては、そういった関係自体を望まない人もいますが、その人の人生にとってどうであるかという意味では、第三者が意見するところではないでしょう。

パートナーが欲しいアセクシュアルは珍しくないかも?

2019年、LGBT総合研究所が行った調査ではLGBT・性的マイノリティーに該当する人は全国の20~60代のうち10%、そのうちアセクシュアルに該当する人は0.9%だったそうです。
この数字は同性愛の人と同じ割合であることが、表を見ると分かってきます。
同じような人は少ないだろうな…と、孤独に感じていた人もいるかもしれませんが、実は意外といるということが分かる調査結果ですね。

そしてこちらの「株式会社カラーズ」代表取締の方への取材記事によると、“友情結婚”という形での結婚相談をする人々もいるとのこと。
そのほとんどがアセクシュアルの方やノンセクシュアル(ロマンティック・アセクシュアル)の方だと言います。
この記事の中で、友情結婚歴2年だという女性もアセクシュアルなのだそうですが、会社の風土などから「結婚をした方がいいのだろう」と考え、自分と同じ人を探して“友情結婚”に至ったのだそうです。
現在、友情結婚をしているお相手とはたまに一緒に出掛けることもあるなど、「ルームメイトのようなドライな関係だけど、大切な存在」とのこと。

代表取締曰く「普通のレールから外れたくない」「結婚をして社会的な評価を得たい」と考える人が相談にはよくいらっしゃるとのことですが、「子どもがほしい」「1人は寂しい」「老後が心配」「親を安心させたい」「世間体」など、結婚をしたい理由は異性愛者の人と変わらないと言います。

そして、この記事を書くに当たってネットで検索をしていると「アセクシュアルだけど結婚したい」という記事などが結構出てきます。
「アセクシュアルだけど結婚したいんだよね」「どうしたらいいんだろう」というような掲示板への投稿も見受けられましたし、『アセクシュアルだけど結婚したい』『パートナーが欲しい』と考える人が少なくない、珍しくないのだということも感じられます。

ちなみに「株式会社カラーズ」さんでの成婚率は42.8%だそうです。

LGBT お部屋探し

アセクシュアルのパートナー探しの方法

恋愛感情や性的欲求を抱けない、それでもやはり1人が寂しかったり、子どもは欲しいと感じたり、様々な理由でパートナーを求める人もいるでしょう。
『アセクシュアルだけどどうしたらパートナーが得られるの?』という方向けに、出会い方の提案をいくつかしていきます。

アセクシュアルのサークルやコミュニティに入ってみる

出会いの母数を増やすために、社会人向けのサークルやコミュニティへの参加を検討してみるといいかもしれません。
私自身マイノリティ故出会いがありませんでしたが、大好きなダンスのコミュニティを見つけ勇気を出して参加したことで、自然と出会いが増えました。
まずは、同じような人のいる場所へ行って出会いを増やすといいかもしれませんね。

私が調べて出てきたコミュニティを少しご紹介します。

・アセクシュアルの茶話会コミュニティ ëtoile – エトワール –
Twitterプロフィールによると、東京・神奈川を中心に茶話会を開催予定とのこと。
※現在は開催見合わせ中。

・Ace Flag-性愛を求めない人のコミュニティサイト-
「モノクロセクマイch」というYoutuberグループの方が運営するサイトです。アセクシュアル向けの記事もたくさんありました。

・Ace Weak in JAPAN (byにじいろ学校)
2010年、セラ・ベス・ブルークスさんによって開始した活動で、毎年10月末に交流会などを開催しているそうです。今年は10/24~10/30。

・ASPOアセクシュアルコミュニティ
Mixiのコミュニティです。最近の投稿もありますので、活発そうです。

・アセクカフェ雲
京都にあるアセクカフェだそう。来店条件は「お客様同士で性的に発展しないこと」。

・えーふらっと~アセクシュアルが集まれる場所~
2022年9月から、大阪で月1回オープン予定とのこと。

今回見つけられたのは上記になります。
これからオープン予定の場所もあったり、有名なLGBTsサポート団体主催のイベントなどもありましたので、気になるものがありましたら、是非ご自身の目でも確かめてみてください。
また、コミュニティでなくとも、先ほど出てきた日本初の友情結婚相談所「株式会社カラーズ」さんなど、理解のある結婚相談所を利用するというのも「結婚」が目的の場合にはいいかもしれません。

マッチングアプリでアセクシュアルであることを公表して募集してみる

最近のマッチングアプリでは、ジェンダーやセクシュアリティの選択肢も豊富になっています。
『アセクシュアル』であることを公表し、出会いを求めてみるのも、1つの手段ではないでしょうか。
ここからは、登録者数多めのマッチングアプリをご紹介していきます。

アセクシュアルにおすすめのマッチングアプリ3選

アセクシュアルにおすすめのマッチングアプリ3選

ペアーズ

会員数は1,500万人以上、新規登録者数は1日平均8,000人と活発なマッチングアプリです。
こちらの『コミュニティ』で「ノンセク」「アセク」などを入力して検索すると、「ノンセクセクシュアル」会員数778人、「アセクシュアル」会員数451人(2022年1月時点)というコミュニティを見つけることができます。
他にも「友情結婚がしたい」「LGBT理解あります」「子供が作れなくても大丈夫」など、アセクシュアルの方に向いていそうなコミュニティもあるようです。
また、会員数が多く活発であるということは、出会いの数も多いということになります。
コミュニティに参加はしていないけど、アセクシュアルである人もいるかもしれません。

ハッピーメール

年齢層様々で、さまざまな目的で利用をしている人が多いアプリです。
会員数2,700万人以上で、業界最高峰の実績と会員数があります。
有名であるだけに、業者が紛れ込んでいる可能性はありますが、監視が厳しいため安全は比較的守られていると言えるかもしれません。
「マッチングアプリはちょっと不安」「信頼できるアプリがいい」という方は、こちらのアプリがいいかもしれませんね。

Tinder

世界に多くの登録者数を有するマッチングアプリです。
やはりちょっと怪しい人もいますが、最近ではジェンダーやセクシュアリティの選択肢も増えており、アセクシュアルとして公表し出会いを探すのにはいいかと思われます。
母数が多ければ多いほど出会いの可能性も広まりますので、有名過ぎて見飽きたかもしれませんがご紹介させていただきました。
Tinderを通じて出会い、お付き合いや結婚に発展した人もいるようですし、男女問わず無料なのでそういった意味でもおすすめのアプリです。

今回はアセクシュアルの方へ向けて、性別問わず登録が可能なアプリということで厳選いたしましたが、LGBTs向けのマッチングアプリも増えてきています。
どこのマッチングアプリを利用するにしても、まずはセクシュアリティをプロフィールに記載して公表することが、未来のパートナーを見つける鍵となることでしょう。

まとめ

いかがだったでしょう。
まだこれから開催予定のイベントもありますし、これからの活動が気になるコミュニティもありました。
ご自身のセクシュアリティから孤独に感じられていた方もいるかもしれませんが、想像よりは同じような方が存在します。
まずはよく調べ、石橋を叩きつつ行動していきましょう。

LGBTsの賃貸・購入は課題がたくさん
同性パートナーの賃貸のお部屋探しや住宅購入、トランスジェンダーの方のお部屋探しには様々な課題が存在します。
・2人入居可能と書いていても法律上の夫婦や男女カップルしか入居できない
・ポータルサイトで「LGBTフレンドリー」と書かれている物件でも審査に通らない
・フレンドリーをうたっているのに、いざ行くと居心地の悪い思いをさせられる不動産会社
・自分のジェンダーを説明するのが億劫でお部屋探しをあきらめてしまう
・同性パートナーで住宅ローンを組もうとしても書類が複雑でたくさん費用もかかる

IRISはLGBTs当事者かつ不動産のプロフェッショナルのスタッフが皆さまの住宅探しを最後までサポート!
スムーズな住まい探しができるようサポートします!
LGBT お部屋探し
この記事を書いたのは

こなか

初めまして、こなかと申します。 ライターというお仕事を初めて擔わせていただく事になりました。 あまり文才もなく、拙い文章になってしまうかと思うのですが、様々な情報をお届けできるよう に頑張って参りますので、どうぞよろしくお願いします。

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。