Twitter LINE

ポリアモリーかもしれない…?バイセクシャルとの違いとは?

その他

どうもこんにちは、同性パートナーと同棲中のるるです。

今回は、私自身が最近気づき始めた自分の特性について、「私って実はポリアモリーなの?」と思う出来事があったので、自分の感じたことを記事にしてみようと思いました。

皆さんも自分はどうかな?と思いながら読んでいただけたら嬉しいです。

ポリアモリーってどういう意味?

まず、辞書的な定義としては以下の様なセクシャリティの人をポリアモリーと呼びます。(参考:JobRainbow)

「関係者全員が合意の上で、複数の人と恋愛関係を結ぶスタイルのこと」

私の場合に置き換えると、私が今のパートナーと別に恋人を作りたい、好きな人が出来たとなったときに、それを現パートナーと新たなパートナー候補の両方に合意を得て両方と恋愛関係を結ぶということです。

一番重要なのは、全員がその関係に合意しているということです。

また、ポリアモリーと混同されやすい言葉として、オープンリレーションシップという言葉もあります。

2つとも複数人と恋愛関係にあることは同義ですが、オープンリレーションシップでは、恋人たちの間に優先順位があるのに対して、ポリアモリーではそれが必須ではなく、同時に複数人と同じくらい親密な関係であるという違いがあります。

バイセクシャルやパンセクシャルとは違うの?

私自信、今は同性(性自認が女性)同士でお付き合いをしていますが、それまでは何の疑問ももたず男性とお付き合いをしてきたため、セクシュアリティに当てはめるとすればバイセクシャル(両性愛者)となります。

パンセクシャル(全性愛者)とは、そういった相手の性別、性自認に関わらず、全てのセクシャリティに魅力を感じることをいいます。

同時に1人としか恋愛関係を結ばないという点では、どちらもポリアモリーとは異なります。

ポリアモリーかもと思ったきっかけ

子どもが欲しい

私は、将来絶対ではないですが、子どもがいたらいいなと思っています。そう言うと確実に「じゃあ男の人と付き合って結婚すればいいじゃない」という声が聞こえてきそうですが、もちろんそれも考えました。

しかし、やっと自由な結婚や恋愛の形が受容されつつあるこの世の中で、わざわざその為に今のパートナーと別れなければならないのか?と思い、違う方法を考え始めたことがきっかけです。

要するに、どういう形かはわかりませんが、パートナーの存在も認めてくれる男性と家族として3人で子どもを育てられないかという考えにいたりました。詳しくは今回の記事ではお話ししませんが、そういった考えに至ったこと、2人を同時に大切にできると思っているという経緯から自分はポリアモリーなのかもしれないと思いました。

そのことをパートナーに打ち明けました。これで別れてしまうんじゃないか、理解できないのも当然だし嫌われるのではないかと思いましたが、時間をかけて少しずつですが今は前より理解を得ることができています。

なんで家族の単位は夫婦(2人)が始まりなんだろう?という疑問

家族の単位は夫婦が結婚していて、子供とは血縁関係があってなど世間で普通とされている形がありますが、その一方で再婚や祖父母に育ててもらった、シングルマザー・シングルファザーなど本当に家族の形はたくさんあることを思うと、異性や同性2人カップルや血縁関係などそこまでこだわらなくとも、一緒に同じ目的を持った人たちが、家族として協力し生活をしていってもいいのではないかな?と夢見がちと言われるかもしれませんが、私はその様に思っています。

むしろ今ある制度を活用して、自分達の望みを叶えていく方が私は生きやすいです。

ポリアモリーかもしれない私が思う事まとめ

どのセクシャリティについても言えることですが、どれも病気ではないので、お医者さんが診断して診断名をつけて、こうした方がいいですよと指南してくれるものではないと思います。他者に自分のことをわかりやすく理解してもらうための分類用語として、自称するための用語だと私は理解しています。

そのセクシャリティに当てはまるかどうか、自称していいものなのかどうかは、最終的には自分で決めなければいけないと思っています。もしその自信や確信がなければネットで調べてみたり、信頼している人に話してみて客観的に自分と向き合ってみると何か見えてくるものがあるのではないでしょうか。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

この記事を書いたのは

るる

1993年生まれ・東京育ち。パートナーと同棲中。好きな食べ物は喫茶店のナポリタン。LGBTs についてもっと知りたいと思い活動しております。

こちらもおすすめです

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。