Twitter LINE

自身が持つ体と性別の認識が違う? Xジェンダーとはどんなセクシュアリティなのか

LGBTs

Xジェンダーという性について、何か知っていることはありますか。Xジェンダーという言葉は日本で生まれ、男女の2つの性別の枠に属さない、当てはまらないセクシュアリティを持つ人のことを言います。

近年は、このXジェンダーという言葉を耳にすることも多くなったと思いますが、その詳細を知らない人もまだまだ多いのではないでしょうか。

今回は、Xジェンダーという性について理解を深めてみましょう。

Xジェンダーとは?

自身が持つ体の性別(=身体的性)に関わらず、性自認が男性にも女性にも当てはまらない人のことをXジェンダーといいます。

性自認とは、自分自身の性を自分でどのように捉えているかを表し、身体的性や、どの性別の人を好きになるかを示す性的指向などとは別の観点で考えられているものです。Xジェンダーという言葉は、冒頭でお伝えしたとおり日本で生まれた言葉ですが、海外にも似た概念はありますので、こちらは後ほどご紹介します。

Xジェンダーを詳しく紐解いていくと、具体的に4つに分けることができます。

中性

自身を男性と女性の中間に位置すると考えている場合を、中性といいます。

両性

自分の性を男性でもあり、女性でもあると両方の性別で捉えている場合を両性といいます。自分のなかで男性的な部分が何割、女性的な面が何割、といったように明確に比率を表現できる人もいれば、そうした明確な割合はないものの、漠然と両性であると自認している人もいます。

無性

自身を男性でも女性でもないと捉えている人のことを無性といいます。男性、女性どちらにも当てはまらず、どちらの感覚も持っていません。自分自身のなかに性別が存在するという感覚を持っていないとも言えます。

不定性

自分自身の性自認が流動的である場合を不定性といいます。さまざまな性の間で揺れ動き、時間やタイミング、時期によって違っていたり、歳を重ねるごとに変化していく人もいます。

男女の2つの性別で流動する人もいれば、男性、女性、Xジェンダーなど複数の性の間で流動する人もいて、不定性といってもその詳細は人それぞれです。

このように大きく4つに分類されますが、その中にある感覚や自認は人それぞれです。性自認が揺れていたり、自分の性が定まらないという性自認を持つ人をXジェンダーと呼んでいます。

また最近では、身体的性が男性で性自認がXジェンダーの人を”MtX(=Male to X-gender)”、身体的性が女性で性自認がXジェンダーの人を”FtX(=Female to X-gender)”と表現する場面も増えてきており、以前よりも少しずつ理解が深まってきています。

海外でのXジェンダーは?

Xジェンダーは日本独自の呼称ですが、世界共通でXジェンダーと同じようなセクシュアリティを表す言葉もあります。

第三の性(Third Gender)

性自認の観点から、既存の性分類に当てはまらない人について、第三の性と呼ぶことがあります。男性、女性といったジェンダーにとらわれず、当てはまらない人たち全てを総称する言葉です。

一方最近では、ジェンダーアイデンティティの側面から利用される第三の性という言葉には、男性、女性、それ以外という3つのジェンダーに限定している側面も指摘されています。これを改める動きも出てきており、当事者間では第三の性といった言葉は使われていない場合がほとんどです。時代の変化によって言葉の意味や主流となる言葉自体が変化していることは理解しておく必要があります。

ジェンダークィア

ジェンダークィアとは、自身のジェンダーアイデンティティが既存の性別の枠組みに当てはまらないと考える人のことを表しています。自身の性自認が流動的な場合においても、ジェンダークィアと呼ぶことができます。Xジェンダーに相当する言葉だとも考えられています。

ノンバイナリー

身体的性に関係なく、自身の性自認や性表現を男性、女性などの既存の枠組みに当てはめようとしないセクシュアリティのことです。男女二元論にとらわれない人のことを表します。Xジェンダーはおもに性自認についての言葉ですが、ノンバイナリーは性表現も男女の枠組みに当てはめないことを意味します。

自身が持つ体と性自認の間で葛藤も

Xジェンダーを自認する人のなかには、Xジェンダーというセクシュアリティに出会ったことで、自身のアイデンティティを知り身軽になったと感じる人もいれば、自身が持つ体と自分の認識の間で揺れ動き、ずっと葛藤を続けている人もいます。

たとえば、制服やスーツを着用する場面で、男女どちらの服装を選ぶか迷ったり、一方を選んだときに違和感や抵抗が生まれてしまうといったことも起きます。ほかにも、公的書類など性別の欄が男女の2つしかなく、どちらを選べば良いのか、どこに書けば良いのかわからないという場面にも遭遇することがあります。

LGBTsやXジェンダーについて、知識や認識が広まりつつあるのは良いことですが、まだまだ決められたルールや既存の規定などが変更されるに至っておらず、違和感を覚えたり、気持ちに整理をつけることができない場面もたくさんあります。

まずはXジェンダーというセクシュアリティについて知っていただき、この記事で少しでも理解を深めていただけたら幸いです。

この記事を書いたのは

藤枝あおい

ほそぼそとライターとして活動中です。休日は1日中家で寝ていたい派。引っ越しの予定はないものの、ぐっすり眠れそうな物件情報と間取りは頻繁にチェックしています!

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。