Twitter LINE

レズビアンがInstagramをやるメリットとデメリットとは?

レズビアン

どうもこんにちは、バイセクシャルで同性パートナーと同棲中のるるです。
今回は、レズビアンがinstagram(インスタ)をやるメリットとデメリットについてご紹介していきます。

実際に私もパートナーとの共同アカウント、個人アカウント、仕事関連アカウント(ほぼ見る専門)の3つを持っていて、一番よく使うのがパートナーとの共同アカウントです。

セクシャルマイノリティの知り合いを増やしたいけど、何から初めていいかわからないという方など、是非この記事を読んで参考にして欲しいと思います。

レズビアンの強い味方?Initagramって実際どうなの?

レズビアンの交流の場としてよく聞くSNSは、Twitterや掲示板、ビアン専用のアプリですが、その内の一つとして最近ではInstagramが人気となっています。

テキストがメインのTwitterでは、情報の更新が早く、鮮度が良い情報が得られるという特徴があります。それに対してInstagramは、ショートムービーや画像投稿がメインとなるため、例え顔出しをしていないとしても、投稿者の人となりが分かりやすく、親近感が湧きやすいということがあります。

また、投稿数を見てみると「セクマイ」というキーワードでレズビアンやバイセクシャル、Xジェンダーの当事者の方や、そのカップルの投稿が多く見られるので、投稿せず見るだけでも楽しめるSNSだと思います。

レズビアンがInstagramをやるメリット3選

色々なタイプの人がいることを知るきっかけになる

一概にレズビアンやセクマイといっても、千差万別ですよね。自分を何かに当てはめる必要はないとわかっていても、「自分と近い感覚を持った人と繋がりたい」という気持ちは誰もが持っていると思います。

そんなもやもやを解消するきっかけに、Instagramはぴったりだと思います。

学生・社会人・フリーランス、カップルなど形は様々ですが、色々な人の生活の一部を覗き見するような感覚で「自分はこうゆう雰囲気が好きだな」であったり、「こういう人に憧れるな」など自分の思いを知るきっかけにもなったりします。

情報収集、情報交換ができる

「当事者が開催するイベントなどの情報」「新たな活動を始めた人の情報」「自分の理想の形を実践している人が、どんなことを行ってきたのか」などの情報、リアルな情報を見ることができます。

Youtubeで人気なインフルエンサーさんは大体Instagramも並行して投稿ていますので、詳しく知りたいことだけYoutubeで見るという使い方もできます。

また、設定にも寄りますが、気になった人にはアプリ内でDM(ダイレクトメッセージ)を送ることが可能ですし、インスタライブ中であればリアルタイムでコミュニケーションをとることも可能です。

当事者同士仲良くなれる

私はあまり時間が取れず、実践したことがありませんが、Instagram内では顔出しせず気軽にカミングアウトすることができます。そのため、お互いのセクシャリティを知った上で、好きなものや趣味の話ができたり、仕事や学校の悩み事の相談ができたり、他では話せないことでも普通に話すことが出来ます。

#(ハッシュタグ)の機能を使えば、例えば「#セクマイさんと繋がりたい」や「#セクマイカップルさんと繋がりたい」というタグで検索すると、そのタグを付けた人の投稿が見られます。自分がそのタグ付きで投稿すれば、同じタグをよく付けている人が自分の投稿を見てくれたりして、フォローに繋がっていきます。

レズビアンがInstagramをやるデメリット

顔バレしたくない人は気をつけて

これはどのSNSにも共通ですが、個人情報の管理はしっかりと行った方が良いでしょう。特にInstagramは画像投稿がメインになるので、顔出しをしたくない人は、間違って顔の写っている画像をそのまま投稿しないように注意する必要があります。投稿しようとしている画像に、住所や個人情報が載っていないかなどチェックすることも重要です。

また、自分の携帯に入っている連絡先の人に自分のアカウントが表示される設定や、Facebookと連携させるとFacebook上の友達に自分のアカウントが表示される設定もあるので、周囲にカミングアウトしていない人は、始める前に注意した方が良い点がいくつかあります。

じゃあどうやって登録したらいいの?

私の場合は、複数アカウントを持っていますが、メールか電話番号のいずれかがあれば登録できるため、個人アカウントは電話番号で、パートナーとの共同アカウントは、普段あまり使わないサブのメールアドレスで登録しています。

個人アカウントはほぼ見る専門ですが、学生時代の友達など、カミングアウトしていない人たちとも多く繋がっています。そこで、それとは別のアカウントを作ることで、気兼ねなくパートナーとのことを投稿できています。

レズビアンがInstagramをやるメリットとデメリットまとめ

レズビアンがInstagramをやるメリットデメリットについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

私は、注意点だけ抑えておけば、自分の価値観や交流関係を広げるきっかけとなってくれるツールだと思っています。

特に普段生活していると隠し事ばかりで疲れてしまったり、自分のセクシャリティについて共感してもらえなかったりすることも多いと思いますが、
そういった時に少し踏み出すことで、良い仲間が見つかるかもしれません。

この記事を書いたのは

るる

1993年生まれ・東京育ち。パートナーと同棲中。好きな食べ物は喫茶店のナポリタン。LGBTs についてもっと知りたいと思い活動しております。

こちらもおすすめです

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。