Twitter LINE

ノンセクって辛い!ゲイが3年ぶりに出会い系アプリを使ってみたけど肩身が狭いだけだった

LGBTs

どうもこんにちは。ゲイでノンセクシュアルでXジェンダーのしょうへいです。

先日、昔の知人と連絡を取りたかったついでに、ゲイの出会い系アプリを久しぶりに入れてみました。でも結果は散々。特に何かあったわけではないですが、ただただ胸が辛くなって結局3日程度でまた休止を決めました。

本記事ではノンセクのゲイというゲイの中のマイノリティ的な存在の恋愛事情について少しお話していきます。

ゲイの出会い系アプリにノンセクのゲイの居場所なんて無いと感じた

久しぶりにゲイの出会い系アプリを始めると、メッセージもいくつか貰えて、チャット的なやりとりはとても楽しいと思いました。SNS上のやり取りを見ていると、たまに「えっ…そんな怖いこと言われるの…?」というような場面を見かけるので、内心ドキドキしていたのですが、今回お話しさせていただいた人たちは凄く親切な方々でした。

でも2日目、3日目となると、自分が凄く少数派であることに気づいてきてしまったのです。

タチやウケ、リバなどポジションが書いてある人がとにかく怖くて仕方がない

ゲイ同士の会話の中で、相手のポジションを聞くということは、挨拶のようなものと僕自身も分かってはいるのですが、どうにも怖くて仕方がありませんでした。というのも僕はノンセクなので、基本的に他の人に性的な魅力を感じることがほとんど無く、他の人と性的なこともほとんどしたことがありません。

なので自分のポジションというものが分からないですし、ポジションが書いてあると根拠もなく「(性的な経験がほとんど無い僕なんて)相手にもされないし、もし僕が好きになったとしても、きっと性的なところが原因で関係がダメになるんだろうな…」と考えてしまうのです。

何故このようになってしまったのかというと、それは僕の過去の恋愛が関係しています。僕はこれまで5人くらいの人と付き合ってきたのですが、最初の1人を除いては、僕の性への無関心さが原因で関係が崩れてしまいました。

その為、ポジションが書いてあると「この人もそういうことがしたいのだろうし、そういうことが苦手な僕じゃやっぱりダメだよな…」と思うようになってしまったのです。

ですが、基本的に多くの方がポジションを書かれています。それを見ていると、ポジションが分からず恐怖感を感じる自分は凄く形見が狭い気がしてきて、そしていつか「僕がノンセクだから関係が崩れると思う」と諦めにも似た気持ちになってしまい「そもそも…もう恋愛なんてできない…」ような気がしてくるのです。

僕がノンセクのゲイであることなんて他人からは分からない

メッセージのやりとりをする中で、そういった性的な話になることもあるのですが「あんまり興味が無くて~」と言うのは凄くウケが悪いような感じがします。というより、相手の方も思っていた答えと違って単純に面白くないのではと、つい相手のことばかり考えてしまいます。

ゲイと一括りに言っても色々な人がいて、中には男のことは好きだけれど、性的な魅力まではあまり感じない人がいるというのも分かって欲しいと思います。ただ、先ほどのように「あまり他の人に性的魅力感じないんですよね~」などと話すと「そんなゲイ初めてみた!」とか「綺麗売りでしょ!」と言われてしまうことが多く、本当に少数派なんだろうなと思います。

ああ…!肩身が狭いですね!

ノンセクシュアルのゲイって恋愛難しくないですか?

まだ20代の頃は、恋愛なんてほとんど衝動的で深くは考えていなかったのですが、最近はそうでもありません。犬を飼い始めてから、ゲイ以外の人たちとも交流が広がって、価値観が変わってきたと言いますか、考え方や感じ方が変わってきました。

僕と同じような30歳前後の人たちは、既に結婚しているようなカップルもいて、ワンちゃんと一緒に仲良く夫婦でドッグランに来られている方々がなんとも羨ましく感じます。キラキラしているようにも見えますし、同時に幸せそうにも感じ本当に見ていて気持ちが良いです。

同じように僕も長く一緒に居られるようなパートナーを見つけて、将来的には一軒家を建てて一緒にワンちゃんと暮らしていきたいなんて思うのですが…そもそもノンセクシュアルのゲイが相手にしてもらえることって本当に少なくて、付き合ったとしても結局、夜の営み的なところでダメになってしまいます。(あくまで僕の場合はですが…。)

既に僕はこの先、恋愛が上手くいくビジョンが無いのですが、僕以外のノンセクさんはどうなんでしょう。タチやウケが関係することをノンセクが行うってとても大変で辛いと思うのですが、恋愛は上手くいっているのでしょうか。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・しょうへい
1990年8月生まれのXジェンダーのノンセクゲイ。ハンバーグとオムライスが好き。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かしブログ記事を執筆しています。

IRISはLGBTs当事者によるLGBTsフレンドリーな不動産会社です。1人暮らしや同棲でのお部屋探しにお困りの際はぜひIRISにご相談ください。お部屋探しのお手伝いをさせて頂きます。

首都圏のお部屋探しはIRISへ

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。