LGBTs

「SOGIESC」とは?セクシュアリティーを理解するうえで欠かせない4つの概念

「SOGIESC」というワードをご存知でしょうか。初めて聞いたという人もいれば、「SOGI」なら知っている・聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも、なんて読むんだろう? と感じていらっしゃる方もいるはずです。セクシュアリティについて学ぶうえで、LGBTsという言葉と同じくらい重要になワードです。

今回は、この「SOGIESC」について解説していきたいと思います。

「SOGIESC」の言葉の意味とは?

まず、この「SOGIESC」は、”ソジエスク”と読みます。ローマ字読みできるのでわかりやすいですが、あまり耳馴染みしない言葉なのではないでしょうか。

この「SOGIESC」とは、性的指向や、性自認、身体的性、性表現の4つを表す言葉です。特に、性的指向と性自認を表す「SOGI」(ソジ以外にも、ソギと読むこともあります)という言葉もあり、「SOGI」は知っている、聞いたことがあるという人もいるかもしれません。

この「SOGI」や「SOGIESC」について説明していきます。

「SOGI」は性的指向や性自認

このSOGIとは、性的指向と性自認を英語にしたときの頭文字を取ってできた言葉です。性的指向は「Sexual Orientation(セクシュアル オリエンテーション)」といい、性自認は「Gender Identity(ジェンダー アイデンティティー)」といいます。

この2つのワードの頭文字が「SOGI」になっています。性的指向、性自認といった言葉は聞いたことのある人が多いかもしれません。これらの意味については、このあとさらに詳しく解説します。

「SOGIESC」は「SOGI」に身体的性と性表現を加えた言葉

SOGIの意味がわかったところで、「SOGIESC」とは、性的指向と性自認に加え、身体的性と性表現の意味合いを加えた言葉です。

英語で身体的性を「Sex Characteristics(セックス キャラクタリスティックス)」、性表現を「Gender Expression(ジェンダー エクスプレッション)」といい、ここまで紹介した4つの頭文字を取って組み合わせると「SOGIESC」になります。

最近では、この4つを合わせて「SOGIESC」と言われることも増えていきましたが、先程紹介したように、「SOGI」といったり、性的指向と性自認、性表現の③つを合わせた「SOGIE」(ソジー)という言葉もあります。これらは言葉の意味自体が違うというよりは、どこまでを包括しているかとで変わってくるということです。

「SOGIESC」が表す4つの要素について知ろう

それでは、ここからは「SOGIESC」が表す4つの要素について詳しくみていきましょう。「SOGIESC」という言葉を知っていることも大切ですが、これらがどんな意味を持っているか学んでおくことも重要です。

性的指向「Sexual Orientation(セクシュアル オリエンテーション)」

性的指向とは、自分の恋愛や、性愛の対象がどのような性の相手に向かうのかを表す概念です。恋愛をしたいと思う相手が男性なのか女性なのか、あるいは相手の性別に限らないのか、恋愛や性愛の感情を持たないのかといったことが性的指向に含まれています。

自分の性に対して異性を好きになるヘテロセクシュアル、男性が男性を好きになるゲイ、女性が女性を好きになるレズビアン、自分の性がどうであるかに限らず、男性も女性もどちらも好きになるバイセクシュアルなどが性的指向を表す言葉です。

特にレズビアン・ゲイ・バイセクシュアルはLGBTsの”LGB”にあてはまりますので、耳にしたことがある人も多いかもしれません。

ほかに、すべての人を好きになるパンセクシュアル、他者に対して恋愛や性愛の感情を抱かないアセクシュアルなどもあります。

性自認「Gender Identity(ジェンダー アイデンティティー)」

性自認は、自分の性をどのように認識しているかを表わす概念です。自分で自分を男性だと思っている、女性だと思っている、あるいはそのどちらでもないなど、自分自身の性をどう判断しているかということです。

性自認は、その人自身の身体が持つ性とは関係がありません。身体的性が女性で、性自認も女性と一致することもありますが、身体が持つ性が女性でも、性自認が男性といったように身体的性と性自認が一致しないこともあります。一致しないセクシュアリティーをトランスジェンダーといい、LGBTsの”T”にあたります。また、性自認と身体的性が一緒であることをシスジェンダーといいます。

ほかにも、性自認には多様な捉え方があり、男性とも女性ともいえない「Xジェンダー」や、自分の性自認が定まっていない、あるいは流動的である「クエスチョニング」という人もいます。

性表現「Gender Expression(ジェンダー エクスプレッション)」

性表現とは、自分自身がどのように性を表現しているか、表現したいかを表す概念です。男性らしくいたい、女性らしくいたいといった気持ちを、服装や行動、言葉づかいなどによって表現します。

無意識的に男性らしい、女性らしい表現をする人もいれば、自身がしたい表現を選んで行動する場合もあり、性表現のことを「表現したい性」と言い表すこともあります。もちろん、男性らしい・女性らしいといった男女での区別が難しい服装や行動、言葉遣い、日によって違うといった性表現もあり、人それぞれです。

つまり性表現といっても、既成の”らしさ”にとらわれる必要はありません。自分自身の居心地の良い服装や言葉遣い、行動をして良いということです。

身体的性「Sex Characteristics(セックス キャラクタリスティックス)」

最後に、身体的性とは、その人の身体が持つ性のことを表します。

客観的に判断できる性ともいえます。身体的性の多くは、外性器などで判断されるものですが、染色体の組み合わせなど、一部目に見えない部分でも身体的性が判断されることもあります。

身体的性という言い方のほかに、性的特徴と言われることもあります。戸籍上の性別も、この身体的性をもとに割り当てられることになります。

「SOGIESC」はLGBTsやセクシュアリティーを理解するうえで欠かせない概念

ここまで紹介したように、「SOGIESC」が表すのは、性的指向、性自認、性表現、身体的性の4つの概念です。

「SOGIESC」の4つを用いてあらゆる性のあり方を表し、LGBTsなどセクシュアル・マイノリティの人だけでなく、すべての人が対象となります。自分自身を性のあり方を知るうえでも大切な要素です。また、LGBTsなどさまざまなセクシュアリティーを知るうえで欠かせない概念であり、「SOGIESC」を知っていることで理解が深まります。

「SOGIESC」という言葉は知らなかったけど4つの概念は知っていたという人も、概念の詳しい内容までは知らなかったという人も、この機会にぜひ学んでいただけたら幸いです。

◎この記事を書いた人・・・藤枝あおい
ほそぼそとライターとして活動中です。休日は1日中家で寝ていたい派。引っ越しの予定はないものの、ぐっすり眠れそうな物件情報と間取りは頻繁にチェックしています!

IRISはLGBTs当事者によるLGBTsフレンドリーな不動産会社です。1人暮らしや同棲でのお部屋探しにお困りの際はぜひIRISにご相談ください。お部屋探しのお手伝いをさせて頂きます。

首都圏のお部屋探しはIRISへ

Page Top