ゲイ

しょうへい

ゲイにおすすめのエリア浅草!一人暮らしに適した家賃帯でグルメが充実!

ゲイにおすすめのエリア浅草!一人暮らしに適した家賃帯でグルメが充実!
どうもこんにちは。しょうへいです。

都内のゲイタウンと言えば新宿二丁目、上野、新橋、そして浅草ですよね。

浅草は1人暮らしにも優しい家賃帯でありながら、交通の便もよく、そしてゲイ関連のお店も豊富と、かなりおすすめのエリアとなっています。

本記事ではゲイタウン浅草について解説していきますね。

ゲイ視点で見た浅草のおすすめポイント

浅草は都内有数のゲイタウンであり、ゲイが浅草に住むメリットはたくさんあります。

  • ゲイ向けのお店が多い
  • もう一つのゲイタウン上野にも行きやすい
  • 昔ながらの銭湯が豊富
  • 人力車に乗れる

ゲイ向けのお店が多い

浅草は都内でも大きなゲイタウンということで、ゲイバーがたくさんあります。2013年のGclickのデータではゲイバーの数67件と全国で4番目に多いデータがとれています。

さらにゲイ関連のお店も入れるとその数80件。浅草だけでも十分楽しめるほどのお店があります。

浅草のゲイバーの特徴は平均年齢の高さがあります。自分よりもだいぶ年上が好みの場合はかなりマッチするエリアかと思います。

もう一つのゲイタウン上野にも行きやすい

上野と浅草はでかなり距離が近いです。

浅草から上野駅まで徒歩でも28分程度ですし、電車を使えば銀座線で5分程度で上野まで行くことができます。

上野に住んでも同じことが言えますが、浅草に住めば上野と浅草どちらのゲイタウンも楽しむことができます。

昔ながらの銭湯が豊富

浅草がある台東区には東京銭湯マップによると25件の銭湯が登録されています。その銭湯のほとんどが昔ながらの作りとなっていてゆったり楽しむことができます。

裸の付き合いが好きという方には色々な銭湯が楽しめると思います。

ちなみに台東区は銭湯数が23区内の中で8位なので、都内でも有数の銭湯スポットといえそうです。

車夫が多い

街中で車夫さんを見かけることができるのも浅草の強みですね。

全ての車夫さんがそうというわけではないですが、色黒で筋肉質な体、そして男性的な肉体を強調する服装。好きな方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

浅草に住めば車夫さんを見かけるのは日常茶飯事になりますね。

浅草自体のおすすめポイント

浅草自体のおすすめポイントは下記の通りです。

  • 観光スポット以外は下町の雰囲気漂う閑静な住宅街
  • 交通の面はそこそこ便利
  • 観光スポットなのでグルメなお店が多い
  • スーパーなどもあるので生活必需品も揃えやすい
  • 家賃がそこまで高くない

解説していきますね。

観光スポット以外は下町の雰囲気漂う閑静な住宅街

観光スポットが多い中心街から離れれば、浅草には下町の雰囲気が漂う住宅街が広がります。

ゲイ関連のお店が多い浅草二丁目から三丁目付近も住宅が多いエリアで、特に三丁目にもなるとたくさんのマンションや一軒家が立ち並びます。

特徴は住宅街にちらほらと個人経営のお店が入っていることですね。ゲイバーも住宅街の中に存在しています。

大通りを外せば基本は閑静な住宅街。落ち着いて生活することも十分可能です。

交通の面はそこそこ便利

浅草駅を通っている主要路線は下記の通りです。

  • 都営浅草線
  • 東京メトロ銀座線
  • 東部スカイツリーライン

銀座線は渋谷方面に強く浅草線は羽田方面や成田方面に強い路線です。一応都心を横断する形で路線が走っているのでどこに行くのも大きな不便はありません。

渋谷には銀座線で1本。35分で到着できます。新宿になると乗り換えが1回以上必要ですが、20分くらいで到着することができます。

観光スポットなのでグルメなお店が多い

浅草は都内屈指の観光スポットということでとても様々な食事処があります。

バーミヤン、ガスト、ジョナサンなど有名なチェーン店は勿論、おうばん焼き、メンチカツ、メロンパン、上げ饅頭、手焼きせんべいなど軽く食べれるような食べ物も多く販売されています。

最近では、ロールアイスなどの若者向けのお店も増えてきました。

食事に関しては都内でもかなり優れたエリアとなっています。休日に食べ歩きデートできるのも浅草のメリットといえるでしょう。

スーパーもしっかりあるので生活必需品も揃えやすい

浅草は観光地のイメージがどうしても強い場所なので、スーパーなどはあまりないのかも…と思うかもしれませんが、豊富な種類のスーパーが存在しています。

駅周辺だけでなく住宅街の二丁目、三丁目にもしっかりとスーパーがあるので、生活していく上での利便性も高いですね。

ちなみにコンビニの数もそこそこ多く、ミニストップなど都内だとあまり見かけないようなコンビニもあったりします。

家賃がそこまで高くない

浅草の家賃相場(参考:HOME’S
ワンルーム 86,000円
1K 91,400円
1DK 101,600円
1LDK 142,400円
2K 128,400円
2DK 124,100円
2LDK 202,300円

この様にみると「家賃けっこうするかもしれない……。」と思うかもしれませんが、ワンルームであれば60,000円~70,000円くらいの家賃で家を借りることができます。

ただ下町ということもあって、あまり新しい物件はありません。家賃60,000円~70,000円くらいの物件の場合築35年くらいのものが多いですね。

新築物件を借りる場合は月100,000円くらいはみる必要があります。

ゲイにおすすめのエリア浅草のまとめ

浅草は観光地の印象が強いエリアですが、住宅街に入れば下町の雰囲気が残る閑静な住宅街になります。

スーパーやコンビニの数が豊富なので住んでいる上での利便性も低くはありません。また路線も都内中心部に向かっているので、移動面においても利便性が高いです。渋谷なら1本で行けますし、新宿までも20分!

都内のゲイタウンの一つということでゲイ関連のお店も豊富。2013年時点のデータでは67件のゲイバーが浅草に存在しています。ゲイ活動も浅草だけで十分できるでしょう。

また観光地ということもあって、浅草中心部には食べ歩きできるような美味しいものもたくさんあります。休日ふらっと出かけるだけでも楽しめるのが浅草の良いところですね。

以上!ゲイにおすすめのエリア浅草でした。最後までご覧くださりありがとうございます!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・しょうへい
1990年、茨城県生まれ。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かし、ブログ記事を執筆しています。

東京エリアのお引越し

Page Top