ゲイ

しょうへい

【ゲイ同棲】料理ができないゲイカップルの対策方法

【ゲイ同棲】料理ができないゲイカップルの対策方法
どうもこんにちは!LGBTsフレンドリーな不動産IRISのしょうへいです。

パートナーといつか同棲したいもしくは同棲が決まっているけど「お互い料理ができないんだよなー」とお悩みのカップルも珍しくないんじゃないかなと思います。
僕も今まで4回ほどお付き合いしてきましたが、一度も料理できる人とは付き合えませんでした。

そのうち2回は同棲しましたが、やはり何回かは料理に関して揉めたりしましたね。その様な僕がどのやって問題を解決していったのか紹介していきます。

記事の内容に入る前に結論を言ってしまうと『そんなに深く考えなくて大丈夫』です。最初はちゃんとした料理作らなきゃと思っていましたが、簡単料理でもレパートリーを増やせば大丈夫でした。

料理できないゲイカップルのご飯問題解決方法

簡単料理に挑戦した

僕が同棲していた家の近くには100円ローソンがあって、色々な食材が売っていました。中でも重宝したのが『スパゲッティ』ですね。

スパゲッティなら茹でて温めたソースを絡めればいいだけなので、料理したことが無いって人でも手軽に料理を始めることができます。その他にも卵料理やホットケーキ、焼肉などは料理経験が全く無くても簡単に作れるのでおすすめです。

『クックパッド』などにも料理が苦手な人向けのレシピが載っているので、その辺りのレシピサイトを参考にするのも良かったですよ!

お弁当屋さんを利用した

都内の住宅街や駅近くには個人経営のお弁当屋さんやオリジン弁当などのチェーン店があります。お弁当屋さんのメリットは、外食するよりは安く抑えられて量も満足できる程度にあるところですね。

またお弁当屋さんにはお惣菜のみを売っている店も多いので、ご飯は自分たちで炊いて、おかずだけ買ってくるという方法も良いです。さすがに毎食お弁当屋さんのお弁当を買っていると高くついてしまいますが、お惣菜だけ買うのであれば外食するよりも節約できます。

最近ではスーパーやコンビニでもお惣菜だけの販売があるのでそういったところから安くお惣菜のみ買ってきて、ご飯と一緒に食べるのも良いかもしれませんね。

外食した

簡単料理やお惣菜を買ってくるだけだとやはり早晩飽きがきてしまうので、週に2~3回くらいは外食していました。都内など、ある程度店舗がある地域であれば、安い食事処などがあるケースが多いので、そういったところを見つけておくと良いですね。

僕達カップルは中野坂上で同棲していたので、近くにある「もうやんカレー」というお店によく行っていました。また、外食ではないですがピザの宅配も家で食べられるし量も多いので満足度は高いです。

料理ができないゲイカップルでもどうにかなる!

同棲するときに彼氏に「料理はやってね」と一方的に言われて僕はどうしようかと悩んだものですが、意外とどうにかなりました。気分が乗る日だけ簡単料理を作って、野菜を盛りつけたりして、バランスを整えて、

あまり気が乗らないときはお弁当屋さんやスーパーなどでお惣菜を買ってきて盛りつければ、それなりの料理に見せることができます。それでたまには外食をして、全く問題なく生活できていました。

実家でもそんなに手の込んだ料理が出てくるって中々ないと思いますし、意外と求められている料理のハードルは高くないものです。簡単な料理から挑戦していけば大丈夫なはずです。

以上で料理できないゲイカップルのご飯問題対策方法の記事を終わりにします。最後まで読んでいただきありがとうございました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・しょうへい
1990年、茨城県生まれ。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かし、ブログ記事を執筆しています。

東京エリアのお引越し

Page Top