LGBTs

しょうへい

レインボープライドの服装や準備した方がいいものを紹介!

レインボープライドの服装や準備した方がいいものを紹介!
どうもこんにちは!LGBTsフレンドリーな不動産IRISのしょうへいです。

年々規模が大きくなっていくレインボープライド、最近ではLGBTsの楽しめるイベントとしても人気が高まっていますよね。今年は参加したいなと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが『服装』『持って行った方が良いもの』『注意点』などですよね。本記事ではレインボープライドに5年連続で通っている僕から、服装など用意した方が良いものを紹介していきますね。

レインボープライドの服装について

天気は晴れから曇りくらいを想定して書いていきます。

レインボープライド4月なので「まだ涼しい」「寒いかな」と思うかもしれませんが、多くの方が会場に集まるので予想よりははるかに熱いことが多いです。会場内は基本半袖の方が多く、中にはタンクトップを着用して歩いている方もチラホラといますね。

パレード参加者の方々の格好も基本は半袖やタンクトップくらいとなります。日中に原宿から渋谷付近までぐるっと回ることになるので、繁華街を行進することを考えた格好をするのが望ましいです。過度な露出はNG!

レインボープライドは17時くらいでブースが閉じてしまうので、そのくらいの時間から人が減ったり太陽が落ちてきたりして肌寒くなってきます。半袖やタンクトップだけでなく羽織るものを持っていくと気温差に対応しやすいでしょう。4月の夕方にタンクトップも目立ちすぎちゃいますしね。

僕は毎年、半袖+ジーンズなどでレインボープライドには参加しています!

レインボープライドに持って行った方がいいもの

次にレインボープライドに行くときに持って行った方がより楽しみやすいといったものを紹介していきます。

リュックやショルダーバッグ

僕は毎年…スマフォと財布だけをもって行ってしまうのですが、かなり不便に感じています。というのも、結構グッズなども売っている上に、団扇なども配られているのでリュックやショルダーバッグが無いと、買ったものや頂いたものを手ぶらで持ち歩かなきゃいけなくなるんですよね。

あんまりリュックやショルダーバッグなど持ち歩いている人は見かけないですが、あった方が便利だし楽なのは間違いないです!

飲み物類

代々木公園内にも勿論自動販売機がいくつかありますが、お昼以降くらいになると売り切れが続出してしまって欲しいものが買いづらくなってしまいます。一応近くにコンビニあることはあるのですが、徒歩10分くらいはかかるので会場に行く前に飲み物は買っていくのが良いですね。

自動販売機だけでなくブースなどでもデザートや飲み物類の販売があります。

レインボープライドの注意点

次にレインボープライドでの知っておくと良いこと。ちょっとした注意点などを解説していきます。

待ち合わせは会場の外や原宿駅などがおすすめ

携帯のキャリアにもよるのかもしれませんが、会場では回線がパンク気味になるのでLINEでのやり取りやTwitterでのやり取りに強烈なラグが発生することがあります。連絡がリアルタイムに取りづらい場合があるので会場で待ち合わせではなく、会場から少し離れた原宿駅などで待ち合せした方が無難です。

Twitterのタイムラインなどはここ3年くらいは殆ど会場では読み込みができませんでした。一応、電波を強化するようなキャリアの車は出張で毎年来ています。

トイレは並ぶのでお早めに

会場のトイレは女子トイレ男子トイレ関係なく毎年物凄い行列となっています。ギリギリまで我慢すると絶対間に合わないので、余裕をもって行動するようにすると良いですね。

気になるアーティストがいるなら早めに観覧席へ

レインボープライドのショーに出演するアーティストの方々など、年々豪華になって行っていますよね。特に人気の高いアーティストのショータイム時には人がごった返しになるので目視も難しくなります。

「この人のショータイムは絶対見たい」というイベントがある場合には、ショータイムの始まる30分くらい前にはコンサート場所に移動しておくようにしましょう。僕は平均よりは身長が割と高い方ですが、それでも人気歌手のショータイムは中々本人を目視することもできませんでした。

レインボープライドの服装や準備した方がいいもののまとめ

まとめると服装は半袖Tシャツくらいの人が多く、夕方になると少し肌寒いので羽織るものがあると良いといった感じです。結構お店があったり配られるものが多いのでリュックやショルダーバッグを持っていくととても便利ですね。

バッグの中には飲み物1本くらい入れておくと、自動販売機からは飲み物手に入れづらいので助かる場面が多いかなと思います。

本記事では晴れから曇りくらいを想定して書きましたが、勿論当日は晴れていても冷える可能性も十分ありますし天気予報なども見て総合的に判断してみてくださいね。

以上で本記事を終わりにします。最後まで読んでくださりありがとうございます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・しょうへい
1990年、茨城県生まれ。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かし、ブログ記事を執筆しています。

首都圏のお部屋探しはIRISへ

Page Top