Twitter LINE

【営業ブログ】6回目です!

スタッフブログ

みなさん、こんにちは。IRISの齋藤です。

 

営業チームのブログは6回目、私が担当する回は2回目となります!

今回はIRISで導入されている【ワーケーション】について書いて行こうと思います。

 

【ワーケーションについて】

そもそもワーケーションとは?「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語で、普段の職場と異なるリゾート地や観光地で働きながら休暇を取ることです。

 

コロナ渦でリモートワークが普及し、ノートPCやスマートフォンで仕事が完結するようになってきたこともワーケーションが広まっていった印象がありますね!

 

【IRISでのワーケーション利用】

そんな中、IRISでも福利厚生の一環としてワーケーションが導入されており、私も利用をしております。

 

実際に私も小田原や伊豆でワーケーションを利用しましたが、行ったことのないエリアに行く機会にもなったり、そのエリアや町の良さも感じたり、フレッシュな気持ちで仕事ができたり、都心で仕事をしている中では感じることができない感情で仕事を行うことができました。

 

私が学生の頃に哲学の授業で習った「ハレとケ」という世界観があるのですが、ハレ(日常)と「ケ(非日常)」がセットとして、日本人の暮らしや文化のリズムを作ってきたと言われています。

 

今の時代では、PCやスマホで完結してしまいがちだからこそ、日常の中で非日常を作り出す機会としてワーケーションは良いのかと思いますので、今後も積極的に使用していきたいと思います!

 

ちなみに10月の後半にも秩父、横瀬方面にワーケーションに行く予定を組んでおります!笑

 

小田原ワーケーション時の写真

 

伊豆ワーケーション時の写真

今回もお読みいただき、ありがとうございます!!

次回は10月14日です。お楽しみに!

この記事を書いたのは

齋藤亜美

1991年、神奈川県生まれ。大学を卒業後、営業職として引越会社、専門商社を経験。営業職で培ったコミュニケーション力、課題解決能力、そして当事者としての経験や感じたこと生かしLGBTsの抱える社会課題へと向き合いたいとの思いからIRISに2020年10月にジョイン。

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。