Twitter LINE

同性カップルが賃貸物件を借りにくいのはなぜ?LGBTsフレンドリーな不動産会社が理由を解説!

同棲

この記事を掲載している株式会社IRISは、LGBTs当事者によるLGBTsフレンドリーな不動産会社です。
同性同士だと賃貸を借りるのがなかなか難しい…というのが、昨今のLGBTs問題でもあると思います。
今回は実際の現場から、同性カップルが賃貸を借りにくい理由を解説します。
同棲を考えているカップルや、1人暮らしのお部屋探しをしている方、参考にしてみてください。

同性カップルが賃貸物件を借りにくいのはなぜ?

同性のカップルは賃貸を借りにくいというのは、よく耳にすること。
「よく耳にするからそうなんだろう」と思っている方もいると思います。

では、どうして借りにくいと言われているのでしょうか。

借りにくい理由としてはまず、見ず知らずの不動産会社の人に対する『カミングアウトによる精神的負担があるから』というものがあげられます。
カミングアウトをするという行為自体、とても勇気が必要で、尚且つ精神的にも負担がかかってきます。
ですので、「伝えずに家を借りたい」と考える方もいるかもしれませんが、2人の関係性を伝えないと、色々と問題が出てきてしまうのです。

詳しくは後程説明しますが、「2人入居可能」な物件は、友人同士でシェアする「ルームシェア」は対象外であることがよくあるためです。
その場合は、関係性を正しく伝えないと入居できないこともあり、また運良く入居できたとしても、隠しているということ自体に精神的な負担がかかってくることもあります。

1人暮らし向けの物件を借りて、そこへ2人で住むというようなことをされている方もいるとは思いますが、
契約時に入居者として記載のない人と暮らすということ自体、契約違反となり、即時の契約解除要件となってしまうこともあります。
現にそのような契約内容をもとに退去を命じられた例もあり、まったくお勧めできるものではありません。

不動産会社が同性カップルに理解のない場合もある

沖縄に移住しようと思ったある男性カップルのお話です。
不動産会社の方へ「同性のパートナーと引っ越ししたい」という旨を伝えたそうなのですが、以降、沖縄の不動産会社と音信不通になってしまったそうです。
それは暗に不動産会社の方が「お断り」ということなのでしょう。

『カミングアウトをして同棲を』となると、受け入れてくれる企業を見つけるまで何度もカミングアウトを繰り返す必要があり、その精神的負担の分、お部屋探しが困難であると言えます。

ルームシェア扱いを受けてしまうケース

同性カップルの同棲は、貸主や管理会社に理解が不足しているとルームシェアとして扱われることがあります。
そのような物件だと、夫婦や婚約している異性カップルだけを対象として『2人入居可物件』の範囲に含め、同棲カップルは審査やその前の段階で弾いてしまうことがあります。

もちろん詳細に関係性を説明したり、パートナーシップ証明などを用いて、『2人入居可物件』に住まうことは実務上不可能というわけではありません。
しかし、不動産会社自体が理解を示す姿勢がないと取り付く島もなく、協力してくれる会社を探すことも決して容易な道のりではありません。

その点IRISではすべての物件で交渉を行っているため、ルームシェア可能物件の中から妥協して探すというようなことは起こりません。

不動産会社が同性カップルに理解があっても、物件の管理会社やオーナーが理解あるとは限らない

不動産会社が同性カップルに理解があり、同性カップルで同棲するということでお部屋探しを手伝ってくれても、物件の管理会社やオーナーが理解がないと、断られてしまうということもあります。

当社IRISでも、以前「ゲイカップルは気持ち悪い」と管理会社から言われたことがありました。
このように、心無い言い方をされて断られるということは、一度きりではありません。
とても悲しいことですが、そのような考え方の方がいることもまた事実ではあります。

IRISは率先して業界全体の理解を促進していこうと思っていますが、今はまだすべての人が好意的という状況ではありません。

ファミリーの多いマンションだと、同性カップルということが噂になってしまうことも

ファミリー層やご年配の方の多いマンションは人の流動性が低いため、セキュリティ面で信頼性が高いと考えられる方もいるかもしれません。
ですが、もし入居できたマンションがファミリーの多いマンションだった場合、住んでいる人の関係性を無自覚に探ってしまうようなこともあります。
本人たちがカミングアウトしているなら問題ないかと思いますが、誰かが「あそこの部屋は同性カップルが住んでいるらしい」と噂されてしまうことも起こり得ます。
ごく信頼できる人にだけカミングアウトしたのに、知らないうちにマンションのいろいろな住民にアウティングされていたという事例もあります。

住まいという一番のプライベートがある場所で、マンションというコミュニティの中で、そのコミュニティの距離が近ければ近いほどこのようなリスクは高まります。
そのため、周辺住民との関係は同性カップルにとって決して小さい問題とは言い難いでしょう。

LGBTsフレンドリーと書かれているのに、それでもある問題

LGBTsフレンドリーの物件は、ポータルサイトなどで表示されている例もあります。
しかし、LGBTsフレンドリーというのを掲げていても、実はそうではない場合もあるのです。

実際にLGBTsフレンドリーと書かれているのに審査が通らなかったという話もありました。
部屋探しに苦労したゲイカップルに聞く、不動産業界のリアル【LGBTが生きやすい社会への第一歩】

書かれているから行ったのに、それでは余計精神的な疲労がありますよね。
希望を持って行った先であればあるほど、精神的疲労は大きくなることでしょう。

わずか2年前の出来事「LGBTの方は入居お断り」?

2020年、instagramで投稿をしているタスクさん(https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/lgbt-fudosan)という方のお話です。
沖縄県に住むこの方は、ようやくみつけた理想の物件の契約で衝撃を受けたそうです。

半年ほど物件探しをしていたタスクさんは、見学の時に「ここだ」と決めてもらった契約書を読みました。
ずっと探し続けていた理想の物件ですから、契約書を見る時もわくわくしたのではないでしょうか。
しかし、その理想の物件の契約書には差別的とも取れる「入居お断り」の文言が並んでいたのです。
なんと、「LGBTの方は原則お断り。」と書かれていたのだと言います。
更には、喫煙者、タトゥーの入った方、外国人や精神疾患のある方の入居もお断りだと書かれていたのだそうです。
タスクさんが見つけたこの物件のある地域は、外国人の方も多くお住まいの地域。
そんな地域でまさか「外国人の方は入居お断り」だなんて、驚きです。
不動産会社の担当者の方に理由を聞くと、『このアパートに住む方々のことを考え、そうしています。男同士で手を繋いでアパートの周りを歩いていたりすると、住人の方が怖がってしまうかもしれません。』と返ってきたそうです。

この同意書の内容はinstagramに投稿され、多くの反響を呼びました。
中には同じ経験をしたという方からのコメントもあったそうです。
そしてタスクさんは、「宗教や肌の色、国籍、性自認、性的指向で他者を判断するのではなく、1人の人として見てほしい」とコメント。
自分たちの世代から、偏見や差別をなくしていきたいとのコメントも残しています。

難しい同性カップルの賃貸物件探し、上手くいくコツは

不安になることばかり話してしまいましたが、ここからはどうしたら賃貸物件探しが上手くいくのか、その方法をLGBTsフレンドリーなIRIS視点でお話していきます。

LGBTsフレンドリーな不動産会社に問い合わせをする

もっとも精神的に負担が少なく探す方法はLGBTsフレンドリーな企業へ相談をすることでしょう。
当社『株式会社IRIS』では、LGBTs当事者とLGBTsに理解のあるAlly(アライ)であるスタッフで運営を行っております。
IRISでは企業としてだけではなく、個人としてもLGBTsフレンドリーを実践し、また当事者として同じ目線で対応ができますので、冒頭でお話したような「カミングアウトによる精神的負担」という点でも、安心してご利用いただけます。

同棲や1人暮らしをするときの賃貸探しのサポートから、ライフプランについても幅広くサポートさせていただいております。
『1人暮らしは不安だな…』『交流があると楽しいかも』という方にはシェアハウスのご紹介もありますので、是非一度、お気軽にご相談ください。

カミングアウトを前提にして不動産会社に問い合わせをする

引っ越ししたい地域によってはLGBTsフレンドリーな不動産会社がない場合もあるかもしれません。

その場合、勇気がいるかもしれないですが、メールなどでカミングアウトしつつ問い合わせをしてみるのが良いと思います。
同性カップルで同棲したいことを隠したままお部屋探しをすると、入居できる物件に制限が増えたり、緊急連絡先への電話などで意図しない問題が起きてしまう可能性があるからです。

本質的な解決策とは異なりますが、まずは入居するという目的を達するために、審査や入居してから不利益を被るよりは、探し始める段階で同性カップルで同棲したいことを伝えた方が話しがスムーズに進みやすいと言えます。
逆に不動産会社とやり取りが続いて、いざ入居する・した段階で拒否される方が手戻りが大きいため、もっと早い段階で同性カップルで同棲したいことを伝えて、手伝ってくれると言ってくれるような不動産会社を見つけるほうがいいでしょう。

最近はLGBTsへの理解も広がりつつあるので、LGBTsフレンドリーと謳っていなくても、LGBTsに協力してくれる不動産会社や、不動産会社の中の担当の方は増えているような印象を受けます。

2Kや2DKなどで探す

カミングアウトをどうしても避けたい場合、お友達同士のルームシェアという形になり、1人当たりの家賃も上がってしまう可能性はありますが、2Kや2DKなどの寝室が2つあるお部屋で探すのも1つの手でしょう。

お部屋探しの際に2Kや2DKのお部屋にしてベッドも2つ買い、お友達とのシェアであるということにして借りることにしたという話を聞いたことがあります。
もし、2人の関係を知らない友人が遊びにきても、寝室が2つあることで怪しまれずに済みますし、不要なカミングアウトも避けられます。
余裕がある方は、2Kや2DKでのお部屋探しも視野に入れてみてもいいかもしれません。

お部屋が広いとレイアウトも楽しめますし、2つの寝室のレイアウトをそれぞれの好みでつくって、「今日はどこで寝る?」と話すような日々の楽しみにもなるかもしれないですね。

収入の余裕も証明できるように

収入面に余裕があることを証明するのも、大事なことです。
ギリギリの収入でお部屋を借りようとすると保証会社などの審査で落ちてしまうこともあり得ます。

家賃は『収入の3分の1』がいいとされておりますが、これよりも更に余裕があると断られる確率も下がるでしょう。
不動産会社へ行く時は、収入を証明する以下の書類も持参するといいかもしれません。

  • 源泉徴収
  • 給与支払い証明書
  • 確定申告書(自営業などの場合)

必ず全て必要ではありませんが、収入に余裕があること、安定していることを証明できる書類は多く用意できるといいと思います。

まとめ

いかがだったでしょう?
少しショッキングなお話もありましたが、LGBTsフレンドリーな企業や理解のある方が増えているとは思います。
早く同性カップルのお部屋探しは難しいと言われるような時代から、夢のあるお部屋探し、当たり前に同性同士の同棲ができる時代になるよう、私たちIRISも全力でサポートいたします。

この記事を書いたのは

こなか

初めまして、こなかと申します。 ライターというお仕事を初めて擔わせていただく事になりました。 あまり文才もなく、拙い文章になってしまうかと思うのですが、様々な情報をお届けできるよう に頑張って参りますので、どうぞよろしくお願いします。

IRIS(アイリス)は主にレズビアンやゲイ、トランスジェンダー、バイなどLGBTs(LGBT)当事者を対象として、お部屋探し、物件購入などの不動産仲介を行うLGBTs(LGBT)フレンドリーな不動産会社です。
同性パートナーとの2人暮らしサポートに注力しており、LGBTs当事者のスタッフが対応しているため、安心してお問い合わせいただけます。
その他、資金計画、保険、終活などのライフプラン支援も行っています。