LGBTs

付き合って半年で同棲はあり?ビアンカップルの気になる住まい事情

付き合って半年のビアンカップルでも、同棲を考えている人はいるでしょう。「半年で同棲は早すぎるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、SUUMOの統計によると、回答した同棲カップルの半分以上が、「付き合って半年以内で同棲した。」という結果が出ています。意外とすぐに同棲を決める人は多いものの、人により合うか合わないはあるものです。そこで今回は、半年付き合っているビアンカップルが気になる同棲事情についてお話しします。同棲前の参考にしていただけるとうれしいです!

半年目のビアンカップルの特徴

半年目のビアンカップルの特徴

付き合って半年を過ぎると、お互いのことが分かり始め、関係に慣れを感じるカップルも少なくありません。慣れることはいいことですが、ときに倦怠期へと突入することで距離が遠ざかってしまうこともあります。付き合って半年目は、意外にも大事な時期でもあります。以下の、半年目のビアンカップルの特徴を抑え、いい関係を構築することを心がけてみて下さい。では、半年目カップルの特徴をさっそくみていきましょう!

冷めてくる

「出会ったときは毎日がワクワクしていたはずなのに…。」と感じている人はいませんか。こういった時期は、どのカップルも通るもの。理由としては、パートナーといることで安心し切っていることが考えられます。ほかには、付き合った当初に想像していたものとは違ったり、相手を知ることで価値観の違いを感じてしまったり。何が理由で倦怠期を迎えたのか、そしてそれに対する対処法を見つけることで、こういった時期を乗り越えることができるかもしれません。

普段とは違った場所にデートに行ったり、イメチェンしてみたり。パートナーが「この人がいてよかった!」と思ってくれるとうれしいですよね。関係が長く続くと、徐々にパートナーへの配慮がなくなってしまうこともあります。ですが、それだと一人でいるときと変わらないですよね。せっかく付き合っているのなら、カップルという関係を思いっきり楽しみましょう!

嫉妬が激しくなってくる

なかには嫉妬や束縛が激しくなってしまう人もいます。飲み会や自分以外の人との連絡を禁止するなど、パートナーに求めることが度を越してしまうことで、関係に亀裂が入ってしまうカップルも多くいます。嫉妬や束縛が激しくなる理由として、過去にパートナーを心配さるようなことをしてしまったかもしれません。もしくは、その人のもともとの傾向なのかもしれません。

「お互いのことを心から信じられるような関係」を築くことが大切で、そのためには、素直な気持ちを伝え合うことが必要です。なぜ嫉妬しているのか、なぜ束縛が激しくなっているのか。原因を一緒に探ってみてください。

特に変化なし

「付き合った当初から大きな変化がない。」と感じる人は少なくありません。それを良しとしているカップルなら気にすることはありませんが、そうでない場合は「普段とは違ったことをしてみる」ことをおすすめします。特に半年という区切りの良い時期で、この壁を乗り越えられたら、二人の関係に良い変化が起こるかもしれません。

たとえば、半年記念祝いで感謝の気持ちを伝えあう、2人で新しいことに挑戦する、サプライズでパートナーをよろこばせるなど。好きな人が自分のために何かをしてくれることは、誰もがうれしいことです。特別なことをしなくても、そんな気持ちをシェアできたら二人の関係に変化が起こるかもしれません。

付き合って半年で同棲するメリット

付き合って半年で同棲するメリット

まずは、先述したようにお互いの関係を見直し、良くない点があれば改善することから始めてみてください。不満が残った状態で同棲したら、ギクシャクした関係になってしまいます。ここでは、付き合って半年目となるビアンカップルが、同棲することのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

  • 出費が減る
  • よりパートナーを好きになる
  • 新しい一面も
■出費が減る

今まで一人暮らししていた人からは、同棲によって出費が減ったという意見をよく聞きます。また、待ち合わせまでの交通費やデートの費用も浮くため、今までよりも、金銭面で余裕をもてる人も多いです。さらに、家賃や生活費を折半できるので、その分デートなどの2人の時間にお金を回せるのもいいですよね。

■よりパートナーを好きになる

一緒に生活することで、さまざまな出来事が起こります。たとえば、パートナーが体調を崩してしまったり、悩み事を抱えたり。ですが、同棲していれば看病してあげられますし、すぐに話を聞いてあげることもできます。助け合いをすることで、お互い感謝の気持ちが芽生え、より好きになるのです。

■新しい一面も

人によって生活スタイルは異なります。ですが、同棲することで「家事が好きな人」や「旅行が好きな人」など、パートナーの新たな一面を知ることができます。それによって、家事や休日のデート計画係など、個々の強みを活かした分担ができます。さらに、一人暮らしでは面倒だったことも、得意な方が分担してやっていくことができるのもメリットです。

デメリット

  • ワクワク感がなくなる
  • パートナーの嫌な面を発見してしまう
  • 一人の時間がない
■ワクワク感がなくなる

今まではお互いの家を行き来したり、外で会うことが当たり前であったカップルも、同棲してからは、家の中で同じ時間を過ごすことが圧倒的に増えます。そうすると、二人でいることが徐々に特別ではなくなり、慣れてくることは当然のことです。ですが、出会った頃の気持ちを忘れずに、ときには外出デートに行ってみてください。より仲が深まって、同棲がうまくいくでしょう。

■パートナーの嫌な面を発見してしまう

同棲すると、今まで見えていなかった面を知ることになります。パートナーも同じように、あなたの嫌な面を感じている場合もあるでしょう。ですが、嫌な面を見つけても、そこで関係を絶つ必要はありません。何が気になるのか、どうしたらその気持ちを解消できるのか、話し合うことで改善できることもあるのです。

■一人の時間がない

生活を共有すると、どうしても一人の時間が取れなくなってしまいます。特にプライベートな時間も大切にしたい人にとって、同棲がストレスに感じてしまう人もいるかもしれません。我慢することで、負の感情が積み重なることも考えられます。プライベートな時間も大切にしたい人は、同棲前にそのことを伝えるようにしましょう。そして、そのためのお部屋探しを心がけましょう。2LDK、2DKなど、間取りの選択肢はたくさんあります。お互いの気持ちを尊重することが、同棲を成功させる秘訣です。

同棲するにあたって、心配な点もあると思います。ですが、同棲前にしっかりと話し合えばそういったことも最小限にできると思います。たとえば、「共有ベッドで寝るか別部屋を用意するか」「部屋は2つある方がいいか一部屋で十分か」など。多数の選択肢のなかから、自分たちにぴったりの生活スタイルを探しましょう。

【まとめ】付き合って半年で同棲はあり?ビアンカップルの気になる住まい事情

【まとめ】付き合って半年で同棲はあり?ビアンカップルの気になる住まい事情

いかがでしたでしょうか。今回は、付き合って半年目のビアンカップルが気になる同棲事情についてお話ししました。同棲はお互いの生活を共有し、将来を一緒に歩んでいくための第一歩です。一緒に住むことは決して簡単なことではありませんが、試行錯誤しながら関係を深めていくための一大イベントでもあります。もちろん、同棲が合わないカップルもいますが、まずはお互いの気持ちを話し合ってみてください。同棲を考えているビアンカップルのみなさんにとって、この記事が参考になればうれしいです!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・Honoka Yan
モデル/ダンサー/ライター/記者/LGBTs当事者。ジェンダーやセクシュアリティ、フェミニズムについて執筆。タブーについて発信する日本のクィアマガジン「purple millennium」編集長。Instagram :@honokayan

IRISはLGBTs当事者によるLGBTsフレンドリーな不動産会社です。1人暮らしや同棲でのお部屋探しにお困りの際はぜひIRISにご相談ください。お部屋探しのお手伝いをさせて頂きます。

首都圏のお部屋探しはIRISへ

Page Top