LGBTs

知ってる? 暗号みたいな「lgbtqqiaappo2s」を読み解こう

この記事のタイトルを見て驚いた方もいらっしゃるかもしれませんが、この暗号のような「lgbtqqiaappo2s」の意味をご存知でしょうか。

なかには、アルファベットが羅列されすぎて、クーポンコードのようだと感じている人もいるかもしれません。最近では、”LGBT”といった4つのアルファベットよりもむしろこの暗号のような「lgbtqqiaappo2s」のほうが頻繁に使用されている側面もあります。

お気づきかもしれませんが、これはセクシュアリティに関するアルファベットを並べたものです。最初の文字4つが「LGBT」になっていることからみても判断できる方もいるかもしれません。

しかしそれ以降のアルファベットについて、どんな意味を持ち、どんなセクシュアリティを表しているのかわかるでしょうか。

今回はこの「lgbtqqiaappo2s」に書かれたセクシュアリティについてご紹介します。

「lgbtqqiaappo2s」ってなに?

最初の4文字、LGBTの部分については理解している方も多いかもしれません。この4つで想像がついたかもしれませんが、お察しの通りこの4つは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字で、この「lgbtqqiaappo2s」はセクシュアリティの頭文字から構成された言葉です。

LGBTやLGBTs、LGBTQなどのワードはよく耳にすることがあると思いますが、「lgbtqqiaappo2s」のようにたくさんあると、それぞれのセクシュアリティの意味や内容をすべて知っているという方は少ないかもしれません。

今回はLGBTに続くQからのセクシュアリティにフォーカスして説明します。

クイア(Queer)

クイアは、LGBTsは一人ひとりが持つ素晴らしいセクシュアリティであり、個性であるとする考え方で、多様性があって良い、セクシュアル・マイノリティだからと人を判断するようなことはしないとする考え方を持つ人のことを言います。

英語では、「奇妙な」、「風変わりな」といった意味があり、以前は差別的な意味合いを含めて使われていた経緯もありますが、今では上記のような前向きな考え方を持つ人についていいます。

自身がセクシュアル・マイノリティに分類されるセクシュアリティを持つかどうかは関係ありません。

クエスチョニング(Questioning)

自分の性別(性自認)や性的指向が定まっていない人、あえて定めていない人、時期などによって流動的に変わる人などのことをクエスチョニングといいます。

自分のセクシュアリティをどのように定めたら良いかわからず、迷っている人もいれば、意図的に定めない人もいるので、さまざまです。自身をクエスチョニングだと認識するかも人それぞれと言えます。

インターセックス(Inter-sex)

インターセックスは、医学的な用語を使うと、性分化疾患といわれ、英語ではDSDと表記されます。

男性、女性などの性的特徴を両方兼ね備えていたり、その中間的な特徴を持っていたりする人のことで、染色体異常など客観的に判断しづらい部分については思春期などの成長の過程で気づくこともあります。

また、成長の過程で手術を必要としたり、治療を必要としたりすることからも、ひとつのセクシュアリティと捉えるよりは、現在はいち疾患として捉えることが多いです。

アセクシュアル(Asexual)

自身の身体的性や性自認に限らず、恋愛感情や性愛の感情を抱かない人のことを言います。無性愛者ということもあり、誰に対しても恋愛や性愛の感情を抱かず、恋愛や、他者とのスキンシップなども必要としないと感じる人のことです。

理解が必要な点として、アセクシュアルの人は感情がなく、愛情がわからない人というわけではないということです。家族や友達からの愛情を感じたり、同じように愛情を返したいと考える人も多いです。

あくまで恋愛や性愛を必要としていないセクシュアリティであるということです。

アライ(Ally)

アライは、仲間、同志などの意味があり、他者のセクシュアリティを尊重し、支持し、ときには共に活動したりする人のことを言います。

以前は、異性愛者(いわゆるセクシュアル・マジョリティとされる人)がこうした活動に参加したり、意思を表明したりする際にアライという言葉を使うことが多かったですが、現在では自身のセクシュアリティに関わらず、アライを自認する人も増えています。

パンセクシュアル(Pansexual)

男女どちらに対しても、恋愛感情、性愛感情ともにある人のことをパンセクシュアルといいます。全性愛者とも訳され、恋愛や性愛の対象になる他者のことを性別で判断しているというよりは、純粋に人として認識している人が多いようです。

バイセクシュアルも自身の性自認に関係なく男性、女性ともに恋愛・性愛の対象になるセクシュアリティを持つ人のことですが、パンセクシュアルは相手の性別やセクシュアリティで区別しないというのが特徴です。

ポリアモラス(Polyamorous)

ポリアモリーともいわれ、複数の人と同時に恋愛関係を持つ人のことを言います。集団的に恋愛をし、そこに関係する人すべての同意が取れていることがこの関係性を保つうえで最低限必要なことになります。

浮気や不倫などとは違って、関係するすべてのパートナーを同等に愛し、そのことに同意が取れているということです。

オムニセクシュアル(Omnisexual)

オムニセクシュアルも、バイセクシュアルやパンセクシュアルと似ていて、男性、女性に限らず恋愛・性愛の対象となるセクシュアリティを持つ人です。

ただ、パンセクシュアルの人は他者の性別やセクシュアリティに限らず恋愛の対象になるのに対して、オムニセクシュアルの人は、相手のセクシュアリティなどを理解して知ったうえで恋愛感情を抱くことが多いです。

トゥースピリット(Two Spirit)

スピリット=魂が示すように、自身のことを男性、女性両方の魂が宿っていると感じる人のことを言います。

北アメリカの先住民の間で”第三の性”として認知されているもので、身体的性が男性か、女性かなどに限らず、それとは別の性の魂を持っている人もトゥースピリットといわれます。

さらにそれ以上に多様なセクシュアリティ

「lgbtqqiaappo2s」のアルファベットだけでも13種類のセクシュアリティの頭文字が集まった言葉ですが、一人ひとりが持つセクシュアリティは、この13種類だけに分類できるわけではありません。

複合的なセクシュアリティを持っていたり、年齢を重ねて変化があったり、時期によって流動的なセクシュアリティを持っている人もいます。

しかし、”LGBT”の4つの頭文字に限らず、この「lgbtqqiaappo2s」という言葉が使われるようになってきたことは、多種多様なセクシュアリティへの認知が高まっているということではないでしょうか。

この13種類の頭文字だけに限らず、多様なLGBTsへの理解がさらに深まっていくと良いですね。

チェック → LGBTとは簡単にいってなに?日本のLGBT事情が分かる記事のまとめ

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・藤枝あおい
ほそぼそとライターとして活動中です。休日は1日中家で寝ていたい派。引っ越しの予定はないものの、ぐっすり眠れそうな物件情報と間取りは頻繁にチェックしています!

IRISはLGBTs当事者によるLGBTsフレンドリーな不動産会社です。1人暮らしや同棲でのお部屋探しにお困りの際はぜひIRISにご相談ください。お部屋探しのお手伝いをさせて頂きます。

首都圏のお部屋探しはIRISへ

Page Top