お知らせ

【プレスリリース】LGBTsフレンドリーな不動産会社「IRIS」が、当事者による不動産会社として日本初の全国展開を開始。米国不動産運用資産大手の「CBRE Global Investors Japan」と連携。


2021年4月8日、LGBTsフレンドリーな不動産会社「株式会社IRIS(東京都新宿区、代表取締役CEO:須藤啓光)」は、米国不動産運用資産大手の「CBRE Global Investors Japan(シービーアールイーグローバルインベスターズジャパン株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長 藤田 哲也)」と連携して、既存の首都圏エリアに加え、全国(北海道、宮城県、広島県、愛媛県、福岡県、近畿圏、中部圏)に株式会社IRISによる賃貸仲介サービス対応エリアを拡大しました。
これはLGBTs当事者によって運営されているフレンドリーな不動産会社として全国エリアをカバーすることは日本で初めての試みです。

首都圏以外のエリアでは、オンラインで「IRIS」のLGBTs当事者のスタッフなどによる接客や入居サポートが行われ、物件現地の案内などを「CBRE GI」および協力会社が行う予定です。
当該エリアでは、「CBRE GI」が資産運用する「CITY SPIRE」シリーズなどの物件が紹介可能で、これらの物件では、LGBTs当事者の一人暮らしや同性パートナーの二人暮らしであっても、ストレートの方や異性パートナーなどとの区別を行うことなく、平等に入居審査が行われる方針となっています。

東京都渋谷区で2015年3月に成立した「男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」に基づいて、2015年11月に日本で初めての「同性パートナーシップ証明」が制度化され、東京都世田谷区でも同じ日に「同性パートナーシップ宣誓書」が開始されました。
これらの行政の動きを受け、以降、様々な業界でLGBTsに対する取り組みやサービスが拡大しています。

一方で、不動産業界では、同性パートナーやトランスジェンダーの方など、社会全体の当事者に対する理解不足などから、賃貸住宅であっても部屋が決まりづらいという課題が存在しており、積極的な対応が進んでいないのが実態です。
「IRIS」と「CBRE GI」両社による今回の取り組みに関して、IRIS代表取締役COO石野大地は「都市部以外でのLGBTsへの理解があまり進んでいない中、日本の住宅環境が大きく変わるきっかけとなれば。」とコメントを出しています。

■「IRIS」について
設立: 2016年4月1日
代表者:代表執行役CEO 須藤 啓光
本社:東京都新宿区西新宿6丁目12-7
URL:https://iris-lgbt.com/

IRIS(https://iris-lgbt.com/)は、2016年に設立されたLGBTsのライフプランニングや住まい探しをサポートする不動産会社です。
全員LGBTs当事者により運営されており、延べ数百組のお客様に利用いただいた実績があります。
住まい探しにおける当事者の課題を解決し、社会的少数者と日本社会が垣根なく受け入れられる「誰もが自分らしく生きられる社会」の橋渡しとなることを目指しています。

■「CBRE Global Investors Japan」について
設立:2006年5月8日
代表者:代表取締役 藤田 哲也
本社:東京都千代田区霞が関3丁目2-1
資本金:4億7,500万円
URL: www.cbreglobalinvestors.com

CBRE Global Investorsは、世界に530以上のオフィスと10万人以上のプロフェッショナルを要する事業用不動産サービスの分野で世界最大手であるCBRE Groupの不動産運用会社の日本法人であり、住宅や物流を中心に日本核において様々なセクターにおいて累計5,800億円以上の資産運用実績を誇る。

■本件に関するお問い合せ先
株式会社IRIS
電話:03−4400−2690
メール:info@iris-lgbt.com

Page Top