ゲイ

しょうへい

一人暮らしのゲイにおすすめの小さなペットの紹介

一人暮らしのゲイにおすすめの小さなペットの紹介
どうもこんにちは!LGBTsフレンドリーな不動産IRISのしょうへいです。

動物ってかわいいですよね。
人気の猫や犬はもちろん、ウサギ、小鳥、爬虫類などなど、ペットとして飼われる動物も多種多様です。

一人暮らしの人はどうしても人と触れ合う機会も減りますから、ペットを飼いたいなと考えている方も多いのではないでしょうか。

僕自身も今現在、鳥を飼っていますし昔は犬を飼っていました。本記事では一人暮らしにもおすすめのペットを紹介していきますね。参考にしてみてください。

一人暮らしのゲイにおすすめの小さなペットの紹介

一人暮らし向けの物件などでも飼いやすいペットは下記の通りです。紹介している順番でおすすめ度が高いなどのランキング要素はありません。

ハムスター

飼育環境を整えるための費用 10,000円前後
毎月かかってくる費用 1,000円前後
寿命 2年〜3年

最初に紹介させていただくのはハムスターです。昔からペットとして人気がありますよね。

ハムスターは鳴くことも殆どなく、とても静かなペットです。こまめにケージを掃除してあげれば臭いが気になるということも殆どありません。

生体も2,000円〜3,000円くらいで購入することができ、維持費も餌台が500円、敷材500円くらいなのでお金の面でもあまり気を使うことはありません。

購入時点では人に慣れていないことが多く、手を出すと噛んでくる子が多いですが、少しずつ慣れさせることでとても良く懐いてくれます。

近所迷惑にならないように静かに飼える上に、懐きやすい動物であることから、一人暮らしにとてもおすすめのペットですね。

デグー

飼育環境を整えるための費用 30,000円前後
毎月かかってくる費用 1,000円〜2,000円
寿命 6年〜8年

ハムスターなどに比べるとそれほどメジャーなペットではないので、知らないという方も多いかもしれません。

デグーは集団で生活する生き物なので社会性があり人にもよく懐きます。その上、頭もとても良い動物として有名です。懐いたデグーは完全に野生を失います(笑)

芸なども簡単なものなら覚えることができて、個体によっては自分の名前を理解して呼べば来るようにもなるそうです。

鳴き声も一応ありますが、それほど大きい鳴き声ではないので近所迷惑になることもあまりなく、一人暮らしにおすすめのペットと言えます。

セキセイインコ

飼育環境を整えるための費用 8,000円〜15,000円
毎月かかってくる費用 1,000円前後
寿命 10年前後

セキセイインコもペットとして人気ありますね。生体がだいたい2,000円くらいで、必要なものを揃えても合計10,000円くらいなので飼い始めやすいペットかと思います。

カラスがとても頭の良い生き物なのはご存知かと思いますが、インコやオウム類もとても頭が良く、加えて表情もとても豊かです。とても懐きやすい動物でもあり、個体によっては犬猫よりも人にベッタリしてくるかもしれません。

ケージから出して上げると真っ先に手や肩に乗って来て、床におろしてもすぐに戻ってきます。そして撫でてという感じで指先に近づいてきたり、手の中で寝たり。しぐさの一つ一つがとてもかわいいですね。

頭が良いので落ちているもので遊んだり、芸を覚えたり、ケージの開け締めの仕組みを理解して脱走を試みたりしてきます。

それはまるで人間の赤ちゃんを見ているようで、知能の高さがとても良くわかります。話しかけると首をかしげながら聞いてくれるのも「聞いてくれてる感」があって良いです。

ただインコ類も集団生活で生きている上に、鳥は懐くというより「飼い主に恋してしまう」と表現されるようなペットなので、毎日かまってあげないと異常行動を起こすともあるようです。

ちゃんと十分に毎日遊んであげられる方であれば、とても賢く非常に懐きやすいペットなのでおすすめできます。

ヒョウモントカゲモドキ

飼育環境を整えるための費用 10,000円~20,000円(珍しい個体は100,000円以上の場合もあり)
毎月かかってくる費用 1,000円前後
寿命 20年~30年

ヒョウモントカゲモドキもおすすめです。

懐く動物は社会性が高く、飼い主とコミュニケーションを取ったりしないとストレスになってしまうことがありますが、爬虫類の場合は懐くというより慣れるといった感じなのでサバサバした関係でもストレスになりません。

散歩させたり放鳥させてあげるような時間を必要としないので、「あまり時間はないけど、動物と一緒に暮らしたい」という方におすすめできます。(ちゃんとお世話はする必要があります!)

爬虫類全般に言えることでもありますが、ヒョウモントカゲモドキはとても大人しく、明かりのあるところでは多くの場合じっとしています。以前、実家で弟が飼っていましたが、鳴き声なども聞いたことがなく、とても静かに暮らしていました。

ケージなども大きなものを用意する必要がなく、静かということも手伝って、一人暮らしで飼うのに最適なペットと言えますね。つぶらな瞳がとても可愛いので爬虫類好きはメロメロになってしまうと思います。

一人暮らしのゲイにおすすめの小さなペットの紹介のまとめ

本記事では一人暮らしのゲイにおすすめの小さなペットを紹介させていただきました。

簡単にまとめると下記のような感じになります。

  • ハムスター:静かでほどよく世話が必要な動物を飼いたい
  • デグー:飼い主にしっかり懐いてくれて頭の良い比較的静かな動物を飼いたい
  • セキセイインコ:頭の良い飼い主にベッタリ離れないような動物を飼いたい(話も聞いてくれる)
  • ヒョウモントカゲモドキ:サバサバした関係のペットを飼いたい

どの動物を飼うときにも言えることですが、同じ種類の動物でも個体によって性格が全く違う場合があります。

例えば懐きやすいと言われているデグーやセキセイインコでも、個体によっては噛み癖があったり全く懐かないような子もいるでしょう。その様なとき可愛くないと思うかもしれませんが、絶対に飼育放棄などはしないと約束してください。

ペットは物などではなく血肉の通った生命です。安易に捨てたり飼育放棄することは倫理的に問題があるばかりでなく、周辺の生態系を破壊したりします。
また動物愛護法の44条3項では「愛護動物を遺棄した者は、百万円以下の罰金に処する。」と規定されており、処罰される可能性が非常に高いです。
くれぐれもそのようなことはしないでください。

その上で、本記事を参考にしていただけたら幸いです。本記事を読んでくださった方が、運命の子と出会えることを祈っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
◎この記事を書いた人・・・しょうへい
1990年、茨城県生まれ。元Webデザイナー兼ライターの経験を活かし、ブログ記事を執筆しています。

東京エリアのお引越し

Page Top