金融・FP

どっちがお得?賃貸派 vs 購入派

住まい

みなさん、こんにちは。
FP(ファイナンシャルプランナー)の須藤あきひろです。

今回のテーマは「どっちがお得?賃貸派 vs 購入派」です。
暮らしに欠かせない衣・食・住の中で、特に大きな支出となるのが「住まい」です。賃貸と購入のどちらがお得なのか、みなさんも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今回はそんな住まいの問題について、それぞれのメリットを簡単にご紹介してみたいと思います。

まずは「賃貸」のメリット。

(1)転職や転勤になっても引っ越しやすい。
(2)収入が減っても引越しで負担を減らせる。
(3)家賃以外の負担が少ない。

(1)は最もわかりやすいメリットですね。購入した場合は家を賃貸住宅として貸し出すという方法もありますが、やはり気軽に引っ越せるのは賃貸の魅力だと思います。ちなみに私の場合は「海外に住みたい!」とか「沖縄で暮らしたい!」といった願望があるので、どちらかというと「賃貸派」です。

(2)のメリットは万が一のリスクを減らすことができる点です。災害や病気、失業などで収入が減ったり途絶えたりしてしまう場合があります。家を購入した場合はローンの支払いが残ってしまいますが、賃貸であれば賃料の安い物件に引越すなど、柔軟に対応することができます。

(3)はコスト面でのメリットです。購入した場合、毎月のローン支払い以外にも管理費や修繕積立金、固定資産税、都市計画税などの負担が発生します(マンションの場合)。税額は年間10〜20万円くらいかかることが多く、意外と大きな負担になります。

次に「購入」のメリットです。

(1)ローン返済が終われば、老後の生活が楽になる。
(2)パートナーに資産を残すことができる。
(3)リバースモーゲージを活用することができる。

(1)は購入の最大のメリットと言えるでしょう。購入した家は自分の「資産」になるため、返済が完了すれば賃料もかからず、老後の生活がグンと楽になります!

(2)はパートナーと一緒に暮らす人には大きなメリットです。日本では同性婚が認められていませんが、遺言書や公正証書のの作成、養子縁組等の手段を使えば家を「資産」として残すことができます。

(3)の「リバースモーゲージ」は最近注目されているメリットです。家を担保に老後の生活資金を融資してもらえる金融商品で、契約者が亡くなった後は家を売却して返済に充てることができます。家を残す必要がない単身の方にオススメです。

このように賃貸と購入にはそれぞれメリットがあり、仕事や生活環境なども考慮した上で判断することが大切です。みなさんは賃貸派ですか?それとも購入派?

住まいに関してわからないこと、もっと知りたいことなどがあれば、お気軽にご連絡ください。また、10/25(土)には住まいに関するセミナーを開催します。詳しく知りたいという方は、ぜひそちらへご参加ください。

。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。
ご質問やご相談などありましたら、お気軽にご連絡ください!
⇒ お問い合わせはこちら
⇒ IRIS(アイリス)のfacebookページはこちら
。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。

※当サイトはペイレスイメージズから写真提供を受けています

Page Top