金融・FP

IRISってなにをやっているの?

FPlogo(140902)colo_02 のコピー
IRIS(アイリス)は
「LGBTsのライフプランをサポートする」任意団体です。

活動自体は2年程前から行っております。
以前は、私1人(あきひろ)で運営しておりましたが、現在は新しい仲間3人を加えて、4人で運営しています!

活動の主な内容は、
不動産(賃貸物件)の紹介・保険の見直しや提案、資産運用などお金や人生設計に関する情報をWebマガジン・セミナー・勉強会を通して発信しています。

特にこれからお金に関する知識や資産運用をこれから始めてみようかなという方々に対して幅広く情報を発信したいと思っています。

そのため、HIVといったLGBT関連の幅広いトピックを勉強会で取り上げています。

さて、ここからは、ラフにいきますね!笑

ちょっと私の過去の話をします!笑

私が、ゲイだと気がついたのは、高校を卒業して上京してきた18歳の頃です。

最初はとても戸惑いました。
「なんで同じ男の人を好きになるんだろう?」
「なんで男の人を性の対象としてみてしまうのだろう?」と自分の中で自問自答の繰り返しでした。

更に初めて出来た彼氏と同棲をするようになってから、暴力をふるわれたり、浮気をされ、毎日が辛いという日々が続きました。

当時はどんなに暴力をふるわれても、あとから優しくされると許してしまう自分が居ました。

男と付き合うのも初めてだし、暴力や浮気されたり、当時はどうしたらいいかわかりませんでした。

だけど、相談できる相手は誰も居ませんでした。

なので、18歳~20歳の頃までは、生きているのが辛かったです。

更に20歳の頃に肺気胸という病気になり、手術をしました。

当時はお金の知識など無かったので、生命保険や医療保険には入っておらず、金銭的に苦しい想いをしました。

その時に「お金に対する知識や情報を事前に知っていれば、こんなに苦しい想いをしなくて済んだかもしれない」と想い、FPの資格を取り、金融業界に入りました。

私はこれらの経験から、同じように苦しんでいる人たちに対して、サポートをしたいと想い、IRISを立ち上げ、活動をしています。

最近では、時代も変わり、カミングアウトしやすくなりました。

しかし、現在でも、悩みはあるけど、相談出来る相手が居ないって方も多いと思います。

そんなときは是非、IRISにご相談ください。

相談の内容はお金に関することだけでなく、セクシャリティなど、どんなことでもいいです。

すべては解決をしてあげられないかもしれません。

しかし、誰かに話をするだけで、少しは楽になるはずです。

IRISは、今後、任意団体から法人にしようと思っております。

「LGBTsに理解のある会社」を目指し活動をしていきますので、今後とも応援をよろしくお願いします!!

ピース
(打ち合わせ時にピースをする池澤!笑)

Page Top