広告

「インターネット設備有」物件でも個別契約は必要、新生活をお得に始めよう – LGBTsライフスタイルアドバイス

図面の「インターネット設備有」はどういう意味?

最近は無料でインターネットがついている物件も増えてきました。インターネットが生活必需品となった今、通信制限が気になる方にとっては、おうちにWi-Fiがあるかどうかは非常に重要かと思います。
賃貸のお部屋ではとくにこれが強い”推し”ポイントになり、「無料インターネット」「Wi-Fi完備」といったうたい文句が踊ります。
一方で、図面を見ていると「高速インターネット設備有」「フレッツ光対応」「光回線対応物件」のように書かれているお部屋が多くあります。
これはインターネットがあらかじめ部屋についていて、すぐにでも使えるという意味でしょうか?

インターネット設備があっても契約や工事が必要

結論から言いますと「フレッツ光あり」「インターネット設備有り」等の表記の場合、ほとんどがプロバイダとの個別契約を必要としています。
あまり詳しくない方からすると、少々紛らわしいようにも見えますが、これはどういう意味なのでしょうか。

マンションなどの大きな建物の場合、戸建などと異なり、電線からいきなりお部屋に光回線を引き込むことができません。(階層の低いマンションならそのような対応をしてくれる場合もあります。)
あらかじめマンションの共有部分に光回線を引き込んでおき、各お部屋でインターネットが利用できるように分配する「共同利用方式」が取られていることが一般的です。

この「共同利用方式」の設備が整っていることを「インターネット設備有」と表現するケースが多いようです。
そして、各お部屋でインターネットを使うために開通工事も必要となってきます

apar_opt_img01
※参考:集合住宅の導入工事と配線方式について – NTT東日本

個別契約は誰とすればいいの?

マンション一括でどこかの事業者と契約している場合を除いて、原則、どこの事業者と契約しても構いません。
なぜなら、ほとんどが設備としてNTT東日本やNTT西日本の設備を利用していて、特定プロバイダだけ使えないというケースは少ないからです。
しかし、設備がNTTのものでない場合は話が別で、KDDI回線の「auひかり」独自で設備を設置している「Nuro光」などは対応エリアや物件に注意が必要です。

最近、光回線も販売がある程度自由化され「ドコモ光」「ソフトバンク光」といった新しい高速インターネットの名前を聞く機会が増えましたが、
これらは「光コラボレーションモデル」という括りの中のひとつで、大本はNTT東西の回線を利用しているため、設備そのものには差がありません。
ですが、通信速度や品質はプロバイダの混雑具合や回線郷土に依存するため、料金・速さ・安定性といった点で差が生まれます。

速度計測
※RBBスピードテストのように実測した速度を公開しているサイトもあります。

状況は常に変わるため、「お得に品質の高いインターネットを楽しみたい!」となると、口コミなどを参考に常に最新の情報をキャッチアップしておく必要があります。
また、契約の縛りや違約金など、一見するとわかりづらい契約もあり、使い始めることにすら、ある程度のリテラシーが求められてしまいます。

不動産会社さんに聞いてみるのもアリ

というように、非常に複雑なインターネット契約ですが、いっそフラットに不動産会社に聞いてみるのもありかもしれません。
提携するプロバイダがあったり、紹介してくれた会社の申込が簡単であったり、キャッシュバックなどの特典が付いたりと、お得な情報を提供してくれることもあります。
当社でも、いくつかご紹介可能なインターネットプロバイダがあり、以下に記載します。※当社物件でなくともご契約可能です。

フレッツ光

NTT東西が提供していて、安定感のある「フレッツ光」ならほとんどのインターネット設備有マンションでお使いいただけます。
契約数が1400万世帯と圧倒的規模を誇っており、プロバイダも自由に選べるので、単体で光インターネットを使うならとてもお得です。
最近では特にキャッシュバックに力を入れており、「最大60,000円 キャッシュバック」「学生・引越し応援キャッシュバック5,000円」などの特典があるようです。


auひかり

auスマホをご利用で、物件がauひかりに対応しているマンションなら断然auひかりがおすすめです。
大きなキャンペーンを実施中のことも多く、なによりauスマホとセットでスマホが安くなるキャンペーンが魅力的と言えます。


この記事はIRISのプロモーション記事です。

Page Top